バイナリーオプションは国内と海外どっちがオススメ?儲かるのはどっち?

バイナリーオプション 国内
織田 信長

国内と海外のバイナリーオプションってどう違うの?

国内業者の方が安全って言われてるけど、その理由は?

初心者におすすめの国内バイナリーオプション業者を教えて!

 

バイナリーオプションには国内業者と海外業者がありますが、その違いをあなたは説明できますか?

 

ネットにはバイナリーオプションは海外の方がオススメという記事が多くでてきます。

 

しかし実は、海外業者にはさまざまなリスクがあることをご存知でしたか?

 

そこでこの記事では、国内と海外のバイナリーオプションの違いを解説するとともに、国内業者がおすすめと言われる理由をお伝えします。

 

記事内容を実践すれば、バイナリーオプション初心者でも国内業者を使って安全に取引を始めることができますよ。

 

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、一定時間後の為替レートが特定の為替レートよりも高いか低いかを予測する投資です。

 

予測どおりになればペイアウトという払戻金を得ることができますが、予測どおりにならなければ投資金はゼロになります。

 

バイナリーオプションには国内業者と海外業者を使う方法があるので、まずは違いを理解しておきましょう。

 

バイナリーオプション国内・海外の違い7つ

バイナリーオプション国内・海外の違い7つ

国内業者と海外業者では以下7つの違いがあります。

海外との違い

  1. 口座開設の所要時間
  2. 取引の仕組み
  3. 判定時刻・取引回数
  4. 通貨ペア数
  5. ペイアウト率
  6. 入出金の仕組み
  7. 利益に対する税金

 

違い①口座開設の所要時間

国内業者は口座開設して取引ができるまでには最短2~3日は必要ですが、海外業者は必要な会員情報さえあれば数分で口座開設ができるところがあります。

 

1分1秒でも早く取引を始めたい人は海外業者に流れる傾向がありますが、口座開設に多少時間がかかっても安全な国内業者をおすすめします。

 

理由については以下で詳しく解説しますね。

 

違い②取引の仕組み

国内業者と海外業者ではバイナリーオプション取引の仕組みが違います。

 

国内業者は数時間後の為替が指定のレートを超えるかどうかを予測します

 

一方、海外業者は数秒後の為替が現在のレートよりも高いか低いかを予測します

バイナリー規制

数秒から数分後の為替価格を予測するのは投機的な取引とは言えません。

そのため、日本国内では取引開始から判定までに最低2時間をあけるよう定められています。

 

違い③判定時間・取引回数

国内業者の判定時間は2時間あるいは3時間で、業者によって1日の取引回数に8〜11回という上限があります。

 

一方、海外業者は判定時間を30秒~1日の範囲で選ぶことができ、取引回数は無制限です。

 

海外業者の売りである超短期取引は、相場分析をせずに勘で取引することにつながるので、バイナリーオプション初心者は手を出さないようにしましょう。

 

違い④通貨ペア数

国内業者では4〜8種類の通貨ペアしか取引できませんが、海外業者では約20種類の通貨ペアが取引できます。

 

通貨ペアが多ければ取引チャンスをつかみやすいかもしれませんが、取引対象が多すぎると混乱の原因になります。

 

1〜2種類の通貨ペアに絞って相場分析をする方が予測の精度が上がるでしょう。

 

そうなると国内・海外どちらでも通貨ペアの数に優劣はないと言えます。

 

違い⑤ペイアウト率

国内業者のペイアウト率は変動制で1.0〜10.0倍以上の払戻金が得られます。

 

一方海外業者のペイアウト率は固定制の1.5〜2.3倍ほどです。

 

ペイアウト率が高い取引ほど予測が難しいので、ペイアウト率が高い方が良いとは一概には言えません。

 

ちなみに利益を出すためにはペイアウト率が1.0倍より大きくなければなりません。

 

バイナリーオプションの利益は

  • 投資金×ペイアウト率-投資金

で計算できるので、例えば3,000円投資してペイアウト率が1.8倍のケースでは、

  • 利益=3,000円×1.8倍-3,000円=2,400円

となります。

 

違い⑥入出金の仕組み

国内業者は銀行振込やオンライン入金により、遅くても翌日には入金が可能で、オンライン入金なら手数料無料で即時で残高に反映できます。

 

また、業者によってはFX口座を介してバイナリーオプション口座に入金する場合があります。

 

出金についても指定の銀行口座に即日もしくは翌日には可能で、出金手数料はかかりません。

 

一方、海外業者の入出金方法には、銀行送金、クレジットカード入金、オンライン決済、仮想通貨があるものの、金額に応じて数千円の手数料がかかる場合があります。

 

また、着金までに数日かかるケースが多いですね。

 

海外業者を使うと手数料がかかりますし、お金を騙し取られたり出金拒否される被害が発生しているので使わない方が無難です。

 

違い⑦利益に対する税金

国内業者を使って得た利益は申告分離課税され、一律20.315%の税金がかかります。

 

また、損失が出た時は3年間繰り越せるので、3年以内に出た利益と相殺して節税することができます。

 

一方、海外業者で得た利益は総合課税され、5.105%〜45.945%の税金がかかります。

 

また国内業者と異なり、海外業者は損失の繰越制度は使えません。

 

国内バイナリーオプションがおすすめな理由3つ

国内バイナリーオプションがおすすめな理由3つ

バイナリーオプションをするなら、以下3つの理由から国内業者がおすすめです!

選ぶポイント

  • 信託保全があるので安心
  • 詐欺などのトラブルが少ない
  • 税金が有利になる可能性あり

 

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

 

理由①信託保全があるので安心

国内業者は顧客の資産を信託保全しているので、万が一業者が倒産しても資産は全額返ってきます。

 

海外業者は信託保全がなく、信託保全に似た制度はあっても一部の資金しか返還されません。

 

大規模な金融危機はいつ起こるか判らないので、業者の倒産リスクをゼロにできる国内業者を使いましょう。

 

理由②詐欺などのトラブルが少ない

国内業者は日本の金融庁の許可を得て営業しているので、資金詐取や出金拒否の心配がありません。

 

海外業者を使っていて詐欺などのトラブルが起きても、日本の金融庁の管轄外なので取り締まることができず、トレーダーは泣き寝入りになるのです。

 

弁護士に依頼しても、相手が海外にいるため解決しにくいのが現状です。

 

理由③税金が有利になる可能性あり

海外バイナリーオプションの利益は5.105%〜45.945%の累進税率で課税されるので、課税所得が一定金額を超えると国内の方が税金が安くなります。

 

具体的には総合課税の課税所得が695万円以下の人は海外業者、695万円を超える人は国内業者が有利です。

 

概算ですが、扶養家族がいないサラリーマンの場合、年収600万円ならバイナリーオプションの利益が年間300万円以上、年収800万円なら利益150万円以上、年収1,000万円以上なら利益の金額にかかわらず国内業者が有利になります!

 

国内バイナリーオプション業者で稼ぐコツ3つ

国内バイナリーオプション業者で稼ぐコツ3つ

国内業者を使って稼ぎたい人は以下3つのコツを実践しましょう。

3つのコツ

  1. 資金管理をする
  2. 取引スタイルを確立する
  3. インジケーターを使う

 

バイナリーオプションはギャンブル性を帯びやすいので、相場分析をして根拠を持って取引するのが鉄則です!

 

コツ①資金管理をする

ひとつ目のコツは資金管理をすることです。

 

理由は損失を取り返そうとして冷静さを欠き、ますます損失を重ねるリスクを抑えるためです。

 

「1日2,000円」「1週間に5,000円」といった損失の許容額を決めて必ず守りましょう。

FXで成功する近道は4stepの資金管理!勝ち組は知っている【2%ルール】
FXで成功する近道は4stepの資金管理!勝ち組は知っている【2%ルール】

続きを見る

 

コツ②取引スタイルを確立する

決まったパターンで規則的に取引すれば問題点を明らかにしやすいので、自分なりの取引スタイルを確立しましょう。

 

決めるべき項目としては取引する時間帯、通貨ペア、取引数量、エントリーと決済の根拠ですね!

 

デモトレードで練習しよう!

取引スタイルを決める時は無料のデモトレードを活用しましょう。

 

失敗しても実際のお金に影響しないので、取引の流れやツールの操作を覚えたり、納得のいくまで練習して本番に臨むことができますよ。

 

登録不要で手軽にデモトレ―ドをする時はGMOクリック証券「外為オプション」がおすすめです!

バイナリーオプション 始め方
バイナリーオプションの始め方はデモトレと簡単手法で経験を積むべし

続きを見る

 

コツ③インジケーターを使う

インジケーターを使えば取引判断に根拠が備わり、勝率を上げることができます。

 

バイナリーオプションのペイアウト倍率の期待値は2倍未満なので、勘で取引して勝率50%だと長期的に資金が減ってしまいます!

 

なおインジケーターにはたくさん種類がありますが、移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、MACD、RSIのうち2~3個を組み合わせて使えば十分です。

 

一度にたくさんの数を使いすぎると混乱を招くので気をつけてくださいね。

 

国内バイナリーオプション業者を使う時の注意点3つ

バイナリー注意

国内業者を使ってバイナリーオプションをする時は以下3つに注意が必要です。

注意

  1. 早めに損切りする
  2. 自動売買を使わない
  3. マーチンゲール取引をしない

 

余計な損失を出さないための注意点なので、しっかり読んでおきましょう。

 

注意点①早めに損切りする

予測が外れる可能性が高い時は、判定時刻より前に損切りしましょう。

 

なぜなら、投資金を全額没収されずに済み、一部を回収できるからです。

 

ただし、損切りする時は必ず根拠を持ちましょう。

 

感覚で損切りすると、損切り後に相場が好転して悔しい思いをする羽目になりますよ!

 

注意点②自動売買を使わない

FXでは自動売買が使える口座がありますが、バイナリーオプションでは自動売買は禁止されています。

 

違反すると口座を凍結され、その業者ではバイナリーオプションができなくなります。

 

ただし出金はできるので、別の業者に口座を作って資金を移せば取引できるので安心してください。

 

注意点③マーチンゲール取引をしない

マーチンゲール取引

マーチンゲール取引とは損失が出るたびに投資金を増やし、一発逆転でそれまでの損失を取り戻す手法です。

 

上手くいけば損失を取り戻せますが、マーチンゲール取引は上級者向けのスタイルと言えます。

 

理由は3つあり、「損失が出ても簡単に取り返せるという錯覚に陥る」「取引を重ねるごとに必要資金が増え、資金が尽きると取引が続けられなくなる」「冷静さを失いギャンブル性が強くなる」からです。

 

たった数分で数百万円の資金を溶かしたトレーダーもいるので、初心者は絶対にやってはいけません!

 

初心者におすすめの国内バイナリーオプション業者2選

FX取引高 国内第1位! バイナリーも強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
1日の開催号数通貨ペア取引タイプ
10回5ラダー
1枚あたりの
ペイアウト額
デモトレード詳 細
1,000円(固定)GMOクリック証券
  • 取引高8年連続 国内第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)
  • 2020年上半期の支払総額に対する受取総額は圧巻の平均97.7%
  • バイナリー取引に必須の分析ツールが高性能で使いやすい!

分析ツール「プラチナチャート+」はプロトレーダーも愛用するほどの使いやすさと高性能!

FX取引でも人気の口座ですが、バイナリー取引でも人気の口座なのを知っていましたか?

2020年上半期のラダー取引における支払総額に対する受取総額の割合は、平均で97.7%と、常に96%以上を維持するハイスコア。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

 

初心者もらくらく3STEPでバイナリー取引!「FXプライムbyGMO」

1日の開催号数通貨ペア取引タイプ
10回5ラダー
1枚あたりの
ペイアウト額
デモトレード詳 細
1,000円FXプライムbyGMO
  • 2003年設立の業界でも有数の老舗FX会社
  • 鉄壁の取引システム!落ちないサーバで安心取引
  • 「ぱっと見テクニカル」で初心者でもテクニカル分析ができちゃう!

GMOクリック証券に次いで2019年の取引実績で優秀な成績を収めているFXプライムbyGMO

取引サーバーの鉄壁さは、プロも認める約定率100%です。

為替のプロが解説する「本物」のセミナー&マーケット情報で、初心者も有益な情報をGETできます。

実に、FXプライムbyGMOの口座開設者の2人に1人は≪FX初心者≫です。

 

安心の国内バイナリーオプションで稼ごう!まとめ

まとめ

上記で紹介した「国内と海外のバイナリーオプションの違いと国内がおすすめの理由」を理解すると、今後は国内・海外どちらの業者を使うべきか悩まずに済み、国内業者を使って安全にバイナリーオプションを始めることができます。

 

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ

 

「国内・海外どちらの業者を使っても、勝率に差なんて出ないんじゃないの?」と最初は思うかもしれませんが、国内と海外で仕組みが違うので初心者は安全な国内業者で取引しましょう!

 

バイナリーオプションの国内取引 Q&A

Q&A

答え

判定までの所要時間、ペイアウト率、税区分などが異なります。

⇒詳しくは「バイナリーオプション国内・海外の違い7つ」で解説しています。

答え

信託保全による資産の保証や、トラブルの未然防止、損失繰越や税率において有利な点です。

⇒詳しくは「国内バイナリーオプションがおすすめな理由3つ」で解説しています。

答え

GMOクリック証券の「外為オプション」とFXプライムbyGMOの「選べる外為オプション」がおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
松岡 佳穂里

かほり

スイングトレードとバイナリーオプションでコツコツ少額トレードしています。

使っているFX口座は、GMOクリック証券・FXプライムbyGMO・YJFX!です。

京都の酒屋で働いたあと、ITベンチャーへ転職。

今はFXしながら、フリーランスの編集者として働いています。

-バイナリーオプション

© 2020 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎