セントラル短資FXの評価は?公式サイトに載っていない使用感も紹介

豊臣 秀吉 疑問

「セントラル短資FXの特徴が知りたい」

「どんなメリット・デメリットがあるのか?」

「使用感について生の声が聞きたい」

こんなお悩み・疑問はありませんか?

 

この記事では、そんな「セントラル短資FX」について詳しく紹介します。

 

那須 祐介

こんにちは。FXの歩き方編集部・デイトレーダーの那須です。

 

セントラル短資FXは、裁量トレードはもちろん、独自の自動売買である「セントラルミラートレーダー」を利用できます。

 

裁量トレードは1,000通貨単位でも取引ができスプレッドも狭いため、少額でFXを始めたい方に向いています。

またスキャルピングを公認している数少ないFX会社であり、短期売買を繰り返しても口座凍結の心配がないのは嬉しいですね。

 

セントラルミラートレーダーは、世界中から集められたプロの戦略を選ぶだけで良いので、初心者でも簡単に始められますよ!

 

メリットばかり紹介されても、僕は納得できないな~。

やっぱりデメリットだってあるんでしょ?

豊臣 秀吉 イライラ

 

那須 祐介

スワップポイントが高くないので、スワップ狙いで中・長期運用をするのには向いていません。

またミラートレーダーのデモトレードしか用意されていないので、お金をかけずに裁量トレードの練習ができないデメリットがあります。

 

FX会社選びはこうしたデメリットも含めて、自分に合っている口座かどうかを判断するのが重要ですよね。

 

でも自分で利用してみないと、そのFX会社が本当に自分に合っているかどうかわからないんじゃない?

豊臣 秀吉 疑問

 

那須 祐介

たしかに実際に利用してみないと、すべてを把握するのは難しいです。

しかし口座開設をする前に、なるべく多くの判断材料が欲しいと思いませんか?

 

そこで、各社の特徴やサービス内容、またFX会社の公式ホームページには載っていない口コミやツールの使い勝手を紹介します。

実際に私も口座開設をして利用した感想も記載していますので、ぜひあなたの口座選びに役立ててください!

 

それでは、以下でセントラル短資FXの特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

 

【2020年8月27日、最新の情報に更新しました。】

 

口座選びの判断材料!チェック項目

スプレッドスワップポイント取引時間口コミオリコンランキング長所・メリット短所・デメリットスマホアプリ取引ツール約定力情報力セミナーデモトレード入出金ロスカット口座開設方法キャンペーン会社概要

セントラル短資FXの基本情報

セントラル短資FXは取引スタイルにあわせて3つの口座から選ぶと、裁量トレードシステムトレードのどちらも行えます。

 

また、スプレッドも米ドル/円0.2銭と業界最狭水準であり、1,000通貨単位の少額取引も可能な低コストFX会社です。

 

FX会社の中ではめずらしくスキャルピングを公認しているので、スピード注文機能も活用できます。

セントラル短資FXのレーダーチャート

総合評価 77.5点(100点満点中
スプレッド12.5点米ドル/円0.2銭原則固定。スプレッド縮小キャンペーン実施中。
スワップポイント5点全体的に低い。
情報力10点マーケットビューや為替レポートといった会員限定のコンテンツがある。
約定力10点相場が動いているときでも比較的安定しているとの声。
通貨ペア数10点全25通貨ペア。
ツール10点ツールの種類が豊富。裁量・自動どちらも可能。
サポート7.5点電話受付は午前8時~午後5時。(平日)
安全性12.5点自己資本規制比率958.2%で、財務状況は良好。

スプレッド一覧

セントラル短資FXのスプレッド1

セントラル短資FXのスプレッド2

スワップポイント一覧

セントラル短資FXのスワップポイント

(※上記スワップポイントは、2020年8月27日調べのものです。)

取引時間

  • 通常時間:月曜日午前7:00~土曜日午前6:40
  • 米国夏時間:月曜日午前7:00~土曜日午前5:40

最大取引量

  • 建玉保有上限:必要証拠金を円換算して1億2,000万円まで
  • 最大発注数量(ランド/円、オフショア中国人民元/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円):300万通貨
  • 最大発注数量(上記以外):100万通貨

スキャルピングの可否

セントラル短資FXは、スキャルピング可能です。

 

後述する取引ツール「クイックチャート・トレードプラス」は、「スピード注文」が行えスキャルピングに適しています。

スプレッドも狭く原則固定なので、短期売買にも向いたFX会社ですね。

セントラル短資FXの評判は?

良い評判

  • このスプレッドの狭さでスキャルピング公認なのは最高です。
  • 未来の動きを自動的に予測してくれるツールがあるので、初心者でもFXができる。
  • ミラートレーダーのデモトレがあるので初心者でも安心して始められました。

ここセントラル短資さんは、なんと言っても、業界最狭水準のスプレッドを提供し続けているところがうれしいです。
最近は、AI始めアルゴリズム等の自動売買も増えてきていますので、今や、昔デイトレ、今スキャルピング取引の時代になって来たので、スプレッドの狭さは、本当に有り難いです。

 

MT4でガシガシEA描いて、自動売買するのは少しハードル高いなという人向けの国内外で唯一と言ってもいいEA作成&自動売買ができる会社です。
MQL勉強しなくても、BASIC程度の言語経験があれば思い通りのEAを視覚的に描いて、自動売買ができます。

 

セントラル短資FXは、少額で取引可能&未来の値動きを自動で予測してくれる機能的なチャートもあり、初心者でも使いやすいのが魅力的。
セントラルミラートレーダーという自動売買も利用でき、基本的に放置でFX取引することも可能です。

 

ドル円のスプレッドが改善されてからよく利用するようになった。他の通貨のスプレッドもまずまず。また既存口座保持者に対するキャンペーンも充実していると感じる。スワップ水準は少し不満だが長期保持派ではないのであまり気にならない。

 

セントラル短資FXのFXダイレクトプラスはホームページ上でセミナー情報が充実していると思います。Webセミナーが頻繁に開催されていて過去のセミナー動画を視聴できる点も勉強になりますね。キャッシュバックのキャンペーンも実施されていて手数料を低く抑えられる点も良いですね。

【※評判はすべて価格.comより引用しています。】

イマイチな評判

  • 早朝など、時間帯によってはスプレッドが拡大するので取引する気になれない。
  • スワップポイントがイマイチなので、長期保有には向きません。
  • ロスカット基準が高いのが嫌です。

時間帯によっては、早朝などはスプレッドが広すぎて、取引きしようという気になりません。
また、スプレッドが狭くてもスリッページがやたら多い気がします。損するばかりなので他に乗り換えようかと最近思っているところです。

 

この会社の不満点は2つ。
・毎朝定期メンテが入ること。メンテ前後1時間ほどはスプレッドが開くので、この時間に自動売買でエントリー&決済する場合は注意が必要。

・スプが広かった(過去形)。2019年春からEUR系もスプが縮小され、国内標準並になった。

 

PC取引において自分の回線が遅いわけではないのに、高速ツール使用時の取引画面とチャートのレート表示にズレが生じる。さらに約定時、すべることが多い。スキャルで利が乗ったと思って決済したらマイナス決済だったりすることがある。

 

スプレッド幅が広すぎて、デイトードや特にスキャルピングには全くむかないと思います。朝方にトレードを行おうとしたところ、ドル円で3銭がスプレッド幅になり、勝つのは不可能と思いました。

 

個人的希望をいえば100通貨単位からの取引もできるようになってくれるとよりありがたい。

【※評判はすべて価格.comより引用しています。】

オリコンランキング:セントラル短資FXはトップ16圏外

オリコン顧客満足度の調査では、セントラル短資FXはFX取引ランキングTOP16位圏外です。(2020年8月調べ)

 

オリコン顧客満足度の調査は、以下の評価項目を元にしているランキングです。

  • 取引手数料
  • 通貨ペア・発注方法
  • 分析ツール
  • 提供情報
  • 問い合わせ
  • 取引のしやすさ
  • システムの安定性

 

デバイス別部門結果

  • PC:第5位

 

しかしセントラル短資FXはランクインはしていないものの、高評価企業として社名が掲載されています。

【良い点】

セントラル短資FXの良い点

【悪い点】

セントラル短資FXの悪い点

【※出展:オリコン顧客満足度

矢野研究所による調査データ

株式会社矢野経済研究所は、FX(外国為替証拠金取引)店頭取引市場における有力企業16社のアンケート調査を実施し、以下の調査結果を発表しています。(2020年8月調べ)

(※データは2019年11月のものです。)

残り残高推移と11月月間ランキング

残り残高推移は、人気度や信頼性の目安になると考えられますが、セントラル短資FXは第6位です。

セントラル短資FXの残り残高推移と11月月間ランキング1

セントラル短資FXの残り残高推移と11月月間ランキング2

口座数推移と11月月間ランキング

口座数推移は、多いほどトレーダーに人気があると考えられます。

また人気度でわかるのは、スペックの高さや、使いやすさの目安になりますが、セントラル短資FXは第11位です。

セントラル短資FXの口座数推移と11月月間ランキング1

セントラル短資FXの口座数推移と11月月間ランキング2

月間取引高推移と11月月間ランキング

月間取引高推移は、FX会社を利用しているユーザー数や、大口トレーダーの存在を判断する目安です。

こちらにはセントラル短資FXは第9位までに社名がないため、ランク外か「その他」に入っていると考えられます。

セントラル短資FXの月間取引高推移と11月月間ランキング1

セントラル短資FXの月間取引高推移と11月月間ランキング2

【※出展:株式会社矢野経済研究所

セントラル短資FXは顧客の満足度がイマイチ

当サイトの調査によると、セントラル短資FXは他社と比べて顧客の満足度があまり高くありません。

一方で不満の声も少ないので、突出した評価がない結果となりました。

 

裁量トレードならGMOクリック証券、自動売買なら外為オンラインが人気です。

FX会社別 総合的な満足度

 

他の調査結果について詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

FXの調査・アンケート
【数字から見えたFXの真実】 FXトレーダー意識・実態調査 2019年最新版

セントラル短資FXのメリット

セントラル短資FXには、以下のメリットがあります。

  • シストレ「セントラルミラートレーダー」が利用可能
  • 1,000通貨単位の少額取引が可能
  • ウェブセミナーを受講できる

各メリットについて、以下で詳しく見てみましょう。

シストレ「セントラルミラートレーダー」が利用できる

セントラル短資FXでは「セントラルミラートレーダー」と呼ばれるシステムトレード(自動売買)が行えます。

 

設定はあらかじめ用意されたストラテジー(自動売買プログラム)を選ぶだけなので、初心者でも簡単に始められます。

最初の設定を行えば、ストラテジーが投資家に代わって24時間売買を行ってくれるんです。

 

また、ストラテジーは世界中のプロにより応募された中から、厳正な審査をクリアしたものだけが提供されているので、稼ぎやすいだけでなく信頼性もあります。

1,000通貨単位の少額取引が可能

裁量トレードでは、1,000通貨単位での取引が可能です。

 

スプレッドも業界最狭水準(米ドル円で0.3銭)なので、1万通貨単位のFX会社よりもコストを抑えてFXを始めたい人に向いています。

 

ただし、システムトレードは最低取引単位が5,000通貨なので、ある程度まとまった資金とリスクの許容が必要です。

 

なお、5,000通貨以上なら1,000通貨単位で取引数量を設定できます。

ウェブセミナーを受講できる

セントラル短資FXでは、定期的にウェブセミナーを開催しています。

プロを講師に迎えてのセミナーのため、FXを勉強するのに最適な環境です。

 

ただしリアルタイムで参加したい場合は、セントラル短資FXの口座を持っている必要があります。

 

また過去のセミナーは動画で視聴可能なものもあり、こちらは口座を持っていなくても利用できるので便利です。

セントラル短資FXのデメリット

スワップポイントが高くない

セントラル短資FXのスワップポイント水準は、他社と比べると高くはありません。

そのため、スワップ狙いの中長期運用を行いたいのなら、他社の方が大きな利益を期待できます。

スプレッド
7月6日時点
ドル/円トルコリラ/円メキシコペソ/円南アフリカランド/円公式サイト
LIGHT FX8円43円7.1円9.1円

詳細

みんなのFX8円43円5.1円7.1円

詳細

ヒロセ通商1円44円8円10円

詳細

松井証券2円45円5円6円

詳細

LINE FX7円43円7円9円

詳細

GMOクリック証券7円39円5円7円

詳細

SBI FXトレード7円40円5円6円

詳細

YJFX!5円40円4円6円

詳細

 

セントラル短資FXの取引ツール

セントラル短資FXの取引ツールは、大きく分けて以下の3つがあります。

  1. スマホ用
  2. PC用
  3. 携帯用

以下で各取引ツールについて詳しくみていきましょう。

スマホ用ツール

スマホ用取引ツールは「Quickトレードfor iPhone」「Quickトレードfor Android」の2種類です。

 

さらに、iPad用には「Quickトレードfor iPad」もあります。

どちら直観的な操作性とPCと同水準の機能性を兼ね備えており、豊富なテクニカル指標・注文方法が特徴です。

 

なお、これらのツールはダウンロードが必要なアプリです。

PC版

PC用取引ツールは、ブラウザ型の「Web取引システム」「Progressive Chart」、インストール型の「Quickチャート・トレード+」があります。

 

Web取引システムはブラウザから利用でき、シンプルでスタンダードな取引システムです。

初心者でもわかりやすい画面構成になっているので、操作にも迷いにくく、スムーズに取引が行えます。

 

Progressive Chartはチャートの機能性や発注機能に特化した取引システムです。

多機能でありながらシンプルなデザインと優れた操作性を実現しています。

 

Quickチャート・トレード+はプロのノウハウが詰まった高機能取引ツールです。

ストラテジーの作り方やサンプルなど自動売買機能も搭載されており、カスタマイズ性も高いのが特徴です。

携帯用

携帯Web取引システムは、PCとほぼ同等の注文機能を利用できます。

チャートや注文画面、ニュースや為替レート画面で構成され、NTTドコモ、au、ソフトバンクに対応しています。

 

ブラウザから利用するツールのため、携帯さえあればいつどこにいてもFX取引が可能です。

セントラル短資FXのサイトからQRコードを読み込むと使用できます。

使ってみた感想

那須 祐介

私はiPhoneのスマホアプリですが、黒を基調とした画面で見やすいです。

不必要な情報もなく、ゴチャゴチャしていないので、スッキリしていますね。

スピード注文もすぐに行えるので、ストレスを感じず操作できます。

 

ミラートレーダーの取引画面は、なんだか少し簡素な印象を受けます。

必要な機能が揃っていれば、画面の装飾はあまり関係ないですが・・・。

インヴァスト証券外為オンラインなど、他に自動売買を行っているFX会社でもツールを試してみましたが、画面デザインひとつで印象ってすごく変わるんですね。

 

私がセントラル短資FXを利用するなら、裁量トレードメインになるかと思います。

約定力:セントラル短資FXは相場が動いていても安定

価格.comの口コミを見ると、セントラル短資FXは「約定率については、相場が動いているときでも比較的安定した取引が可能」との声があります。

 

比較的、約定拒否によるストレスが少ないFX会社なんですね。

 

なお、セントラルFXでは「ウルトラFX」と呼ばれる99.9%以上の高い約定率を誇るサービスがありましたが、スプレッドの縮小に伴い終了しました。

情報力:セントラル短資FXは会員限定コンテンツが豊富

セントラル短資FXの情報は、主に以下の4つです。

 

  1. 会員限定のマーケットニュース「FXライブ!」
  2. FX取引のためのコラム「マーケットビュー」
  3. 重要イベントなどの動画解説「為替レポート」
  4. 今後の相場をテクニカル分析する「マーケットファインダー」

 

セントラル短資FXは会員限定のコンテンツも豊富なので、口座を持っていれば情報量に不足はないでしょう。

デモトレード:セントラル短資FXでシストレを練習できる

セントラル投資FXでは、セントラルミラートレーダーのデモトレードが行えます。

 

仮想資金はデモ口座の開設時に自由に設定でき、利用期間は30日間ですが、仮想資金がなくなると利用期間中でも取引終了となります。

 

また、デモ口座の約定時間とセントラルミラートレーダー取引口座の約定時間は異なるので注意が必要です。

入出金:セントラル短資FXのクイック入金で即時反映!

入金方法は2種類

セントラル短資FXの入金方法は次の2つがあります。

  1. クイック入金
  2. 振込入金

以下で各入金方法について詳しく解説します。

クイック入金

クイック入金は、セントラル短資FXの提携先の金融機関から、振込手数料無料で24時間(土日・祝日を含む)ほぼリアルタイムで口座に反映するサービスです。

 

クリック入金ボタンが設置されている画面およびツールは以下のとおりです。

  • マイページ
  • FXダイレクトプラスウェブ取引画面
  • クイックチャート・トレードプラス
  • クイックトレードプラス for iPhone
  • クイックトレードプラス for Android

 

振込入金

振込入金は銀行などの窓口やATMから振込を行う方法で、手数料がかかります。

 

セントラル短資FX側で入金確認が終わるとFX口座の残高に反映されるものの、確認が済むまでに数時間を要する場合があります。

 

このようにリアルタイムで入金が反映されないだけでなく、銀行やATMに出向く手間もかかるのでクイック入金のほうが便利です。

出金方法

  • 現金残高に反映済みの資金は、通常翌営業日に出金
  • 建玉を決済した場合は、依頼金額が決済日以降(依頼から通常3営業日後)に出金
  • 外貨を日本円に替えてから出金する場合は、現金残高反映後(依頼から通常3営業日後)に出金

 

日本居住者なら出金手数料は無料ですが、出金依頼手続きは1万円以上の制限があるので注意しましょう。

ロスカット:セントラル短資FXは証拠金維持率100%が基準

セントラル短資FXでは、証拠金維持率が100%を下回った場合にロスカットが執行されます。

ロスカットラインを証拠金維持率50%としているFX会社もある中、セントラル投資の基準は高めですよね。

 

しかし証拠金維持率の基準が高いと、ロスカットされても口座に残る資金が大きくなります。

 

また、取引終了前における証拠金維持率が125%を割り込むと「ワーニングメール」により知らせてくれますが、ロスカットはワーニングメールの送付の有無に関わらず発動される可能性があるので注意しましょう。

 

口座開設方法:セントラル短資FXは3ステップで完了!

口座開設は、以下の3ステップで開設できます。

  1. 口座開設ボタンをクリック
  2. 各種確認・必要事項を入力
  3. 必要書類を提出

以下で各ステップについて詳しくみていきましょう。

口座開設ボタンをクリック

まず、セントラル短資FX公式サイトから、「口座開設はコチラ(無料)」ボタンをクリックします。

セントラル短資FXの口座開設方法1

各種確認・必要事項を記入

各種書面に目を通し、同意・了承ができれば「はい」をクリックしてください。

続いて基本情報を入力していきます。

情報に間違いがないよう、注意してくださいね。

必要書類を提出

最後に、本人確認書類を提出します。

提出方法は、メール・FAX・郵送から選択できますが、メールで送るとスムーズですよ!

これで口座開設の申し込みは完了です。

 

\ 裁量・シストレどちらもOK /

口座開設はこちら!

※口座開設料・維持費 すべて無料

キャンペーン:セントラル短資FXでは最大50万円のキャッシュバック!

セントラル短資FXでは様々なキャンペーンを行っています。

 

たとえば新規口座開設し、対象通貨ペアで取引すると最大50万円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施中。

 

キャッシュバック金額は、50万通貨以上で最低1,000円〜50,000万通貨以上で最大50万円です。

セントラル短資FXの新規口座開設キャンペーン

 

キャンペーン詳細はコチラ

セントラル短資FXの会社概要

セントラル短資FXの会社概要

セントラル短資FX まとめ

上記で紹介した「セントラル短資FXの特徴」を理解すると、今後は「セントラル短資FXのメリット・デメリットが分からない」との悩みが減り、セントラル短資FXが自分に合う口座なのかの判断材料にできます。

 

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

 

  • セントラル短資FXは「セントラルミラートレーダー」が有名で、スキャルピングも公認している
  • 他社と比べてスワップポイントは高くないものの、大きなデメリットがない
  • ロスカット基準は100%と高めだが、万が一ロスカットされても残る資金が多い

 

セントラル短資FXはスプレッドが狭く1,000通貨単位での取引も可能なので、少額でFXを始めたい初心者に向いている業者です。

またスキャルピングを公認しているので、短期売買がメインの中・上級者まで、幅広く対応しています。

 

当サイトでは他社についての記事もありますので、ぜひ口座選びに利用してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

那須 祐介

ライター兼デイトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。33歳。千葉県出身。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

-FX会社・口座