第14回 為替マーケットコラム リスク回避と株価

持田有紀子マーケットコラム

リスク回避と株価

米国株の代表であるS&P先物で見ると、今の状況がどの程度のものかよくわります。

半年前までは米中の貿易戦争もあって2700台まで押し込まれていました。

それが9月以降は上昇一途となって何度も史上最高値を更新して、3390ポイントまで吹き上がったのです。

FEDによる予防的利下げが連続的に行われたことや、対中での第1弾の合意が得られたことが寄与しています。

しかし株価のPERなどで見ると20倍を超えてきており、明らかに買われすぎの状態でもありました。

 

そこへ持ってきて今回のウイルス騒ぎです。確かに株価は下がったと言っても、S&P先物は2100台までしか押し込んではいません。

それが3月最終週での吹き上げで2600台まで値を戻してきているのです。

ということは米中戦争のときの2700台と変わらないレベルにまで戻ってきているということでもあります。

GDPに与える影響なども考えると、今回の問題のほうが深刻さの度合いは大きいはずです。したがって2600ポイントまでの戻しは、人や物の動きが止まっている現状を的確に反映していないとも言えるのです。

S&P先物の日足

 

現金化の動き

コロナウイルスの感染がどこまで拡大するのか見えない間は、不安過ぎて市場からマスクやティッシュペーパーまでが姿を消してしまっています。

それと同じように金融マーケットにおいても、先の状況が見えないなかにおいて備えおくとためにはちょっとでも手持ち現金を増やしておこうという行動につながります。

つまり今持っている金融資産は、ことごとく現金化してしまえと促すことになるのです。金価格の急落がそれを見事に表しています。
金価格の日足

 

また同じ現金であればドルがよいだろうという行動にも現れました。為替市場では過度なドル買いが起こり、ドル円はリスク回避で101円台まで突っ込んでいたのに、10円近くの急上昇となったのです。

FEDによる連続利下げがあったのですが、それはドルの保有価値を減退させます。ドル安に進むべきところを、必死なドル手当てのための需給に押し戻されたといった格好です。

ドル金利が下がれば上昇するはずのコモディティ価格が急落したのも同じ要因であり、換金のための売りなのです。

ドル円の日足

 

回復を見極めるためには

しかし3月末には世界的にも株価の下げが一服し、ややショートカバーにも勢いがついてきたので、市場の不安心理が薄らぎました。

それを確認するためには、今後、ドル安が起こるのかどうか、コモディティが再び値上がりするのかどうかを見極める必要があります。

それはドル金利の低下によって、ドル安やコモディティ高に向かうのがファンダメンタルズに従った動きだからです。

 

もちろんFEDが緊急利下げの分を穴埋めするように利上げを目論んでいるならば話しは別です。

しかし足下ではそれは見えません。ただでさえトランプ大統領からドルの金利は高過ぎるとずっと注文をつけられてきたのです。

ちょっとやそっとのことでは利上げに転じることはできないでしょう。政治的日程を考慮すると、秋の大統領選が終わるまで金融政策は動くに動けない状況にあると言えます。

 

時間の経過とともに、ウイルス感染の問題は解消していくように考えられています。

今までもそうであったからだ。それによるマーケットの安心感を測る手段の一つがドル高とコモディティ安の是正であることは間違いないようです。

逆にいうと株価がまだボラティリティが大きいままで不安定さを維持していたならば、依然としてドル買いとコモディティ売りは続くものと考えないといけません。

世の中にマスクが出回るようになるのを確認するのも重要であり、一つの転機を見つける材料にもなります。

 

3月末はGPIFの保有資産の評価替えに悪影響が出るのを避けるために、政府・日銀も腰の入った価格維持政策を採ってきましたが、4月になるとそうした必要性も少なくなるのでマーケットの動向に注意を要します。

なおも欧米で感染の勢いを増しているコロナウイルス。しかも4月からは経済指標にこれまで見たこともない悪い数字が現れることにもなります。

わかってはいても、GDPのマイナス15%や失業率の10%台とかはショックは隠せないはずです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
河野 裕

河野 裕

株式会社フォーカスワン 代表取締役

昭和49年5月3日生まれ。44歳。東京出身。

約10年前に外為オンラインで取引を始めたが、初心者にありがちな小さく稼いで、大きく負けるで一発退場。

その後、復活して取引を再開。2018年のトルコリラ暴落を経験しながら、早目の損切りで逃れ現在に至る。

FXのリスクと楽しさを感じながらも日々格闘中。

-マーケット コラム

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎 , 2020 All Rights Reserved.