第8回 為替マーケットコラム 2019年9月 オーバーナイトの短期金利とは

オーバーナイトの短期金利とは

オーバーナイトのレポレート

9月の第3週にドルの短期金利が急上昇することがありました。今年に入ってからというもの、金融政策でドル金利は下げてきています。そうした過程でのドル金利の急騰でした。

そもそも金利というのはお金を借りるために支払うコストです。

コストを支払って、足りない分のお金を埋めるのです。

お金が足りないということがなければ、そこに借り入れの必要性も感じないでしょうし、金利に敏感にもなりません。

資金繰りに関して、最も重要なことは何でしょうか。金利の高い安いではありません。今日の不足分をよそから持って来れるかどうか、なのです。

明日の分や来週の分はどうでもよいというわけではないのですが、まずは心配しないといけないのは足元の資金繰りです。

 

オーバーナイトの短期金利とは「今日借りて、明日返す」といったものです。

つまり今日の分の資金繰りを間に合わせるために存在する金融マーケットです。

個人も会社も、まずはこの当日分の資金繰りがちゃんと回ることが先決であり、それを補う必要性は将来もなくなりはしません。

借り入れのターム

金融当局の政策金利

日銀やFRBといった中央銀行がコントロールできるのは、このオーバーナイト金利です。公定歩合というのが存在するが、それで実際にお金を借りることはできません。

日本ならば「無担保コール翌日物」、アメリカならばフェデラルファンドレートやレポレートを誘導目標の対象としています。

これらの市場に金融当局が資金を出し入れして、その日の出回っている資金量を調節したり、取引される金利の調整も行っているのです。

 

しかし資金不足になった場合には、どんなに高い金利であってもまずは本日分だけでも手当てをしておきたいのも事実です。

そんなときに当局がどういう意向であるかを気にしてはいられません。それがたまたま噴出したのが、今回の短期金利の急上昇です。

オーバーナイトで10%を超えたから話題にはなりましたが、1日分のコストだけだと考えると大した事はありません。

金利上昇には敏感になっていたFOMC前後の時期でもあっただけに、マーケットでは過大に受け止められたものと考えられます。

ドル円金利

 

9月FOMCでは

FOMCが終わって、事前の予想通りに25ベーシスポイントの利下げとなりました。

ただ直後に発表された声明文のなかで明らかになったのは、いまだにFRBの内部で金融政策に対するスタンスで意見が分かれているということです。

ドットプロットなどは平均を取っても意味はないのだが、利上げを主張するメンバーもいたことで「平均では年内の利下げなし」ということになりました。

これは連続利下げを見込んでいたマーケットにとっては、ややタカ派的に映ってしまい、サプライズものでした。ドル金利は上昇に向かい、そして米国株は下げ足を速めました。

 

このような反応を見せてしまうのも、パウエル議長が市場との対話を明確にしてこなかったからでしょう。

ドルの短期金利が年内に75ベーシスポイント分の利下げを織り込んだ時点で、何かの講演のときに「そんなことはない」などと否定の見解を示すべきでした。

これはグリーンスパン議長やバーナンキ氏もやってきたとおりのマイルドな修正方法です。それができないでいるために、トランプ大統領の圧力に屈したものと言われてしまうのです。

 

そしてFOMC後のパウエル議長の記者会見では、今ひとつ、連続利下げの正当性が説明されていなかった印象を与えました。それでも10月利下げにも含みを残したことが好感されて、米国株は終盤に値を回復させました。

 

今後の注目点

9月は株が安いとされているのに、結局は大きく上昇することとなりました。

一時期の景気後退の過度な心配の反動もあったのでしょうが、金利上昇という巻き返しも起こっています。

とくにドル金利の上昇は顕著であり、それが為替相場ではドルの上昇を引き起こすことにつながっています。

 

ドル円は8月下旬の104円台から急反発し、108円台まで見せています。

ユーロドルはずっと重い足取りをたどっていたのに、ようやく今年の最安値を下回ってきて2年ぶりの安値圏に到達しています。

 

10月にもFOMCはありますが、そこでも利下げが見込まれています。

問題はさらなる連続利下げに含みを持たせるのか、それとも利下げに打ち止め感を持たせるかです。

これまで「予防的」な措置だと主張してきた以上は、どこかで打ち止め感を出さないといけないわけで、それが早まるとなると急速にポジションのアンワインドが起こるものと予想されます。

そうなるとドルの買い戻し圧力が高まることになります。
ユーロドル日足

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
河野 裕

河野 裕

株式会社フォーカスワン 代表取締役

昭和49年5月3日生まれ。44歳。東京出身。

約10年前に外為オンラインで取引を始めたが、初心者にありがちな小さく稼いで、大きく負けるで一発退場。

その後、復活して取引を再開。2018年のトルコリラ暴落を経験しながら、早目の損切りで逃れ現在に至る。

FXのリスクと楽しさを感じながらも日々格闘中。

-FX基礎

FXのプロも愛用する【初心者にオススメのFX会社】

オススメのFX会社は?

FXの初心者はGMOクリック証券がオススメ

外為オンラインの自動売買で楽して稼ぐ

1通貨4円から取引可能!少額から取引できる「SBI FXトレード」

SBI FXトレード
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
SBI FXトレード
  • 1通貨から取引可能。ドル円なら4円から取引できる
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • ドル円スプレッドが1000通貨0.2銭、1万通貨0.27銭

スプレッドが業界最狭水準(原則固定:例外あり)なので、低コストで取引が可能。

1000通貨のドル円スプレッドが0.2銭と他社と比べて非常に安く、少額取引にオススメ。

オリコンランキングの調査で92.7%が継続して使いたいと回答!それぐらい低コストで使いやいシステムを提供するFX会社です。

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 取引高7年連続 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

低スプレッド(手数料が安い)・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

FX初心者が選ぶ!自動売買で楽々稼ぐ「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
外為オンライン
  • 参加者の98%が満足する無料セミナーが有名で、FXの勉強に最適
  • 大損をせずに確実に利益を出したい人は自動売買がオススメ
  • 初心者目線で作られたわかりやすく、取引しやすい取引画面

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさが人気!

「FXの勉強をしたくない!楽したい」なんて人には、外為オンラインが提供する無料で使える自動売買がオススメです。

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎 , 2019 All Rights Reserved.