第9回 為替マーケットコラム 2019年10月 テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは

昨日の高値とか、5日平均移動といったテクニカル分析に利用されるデータは何を求めようとしているのでしょうか。

相場は1日の中でも上がったり下がったりするもので、上がるにしても無限に上がるわけではありません。どこかで上げ止まってしまうものでもあります。

 

そうした相場の引っかかりどころを探る作業がテクニカル分析の主要な眼目なのです。

こうした引っかかりどころをテクニカルポイントといいます。上げと下げがあるのだからテクニカルポイントには2種類あり、上サイドにあるものをレジスタンスといい、下サイドにあるものをサポートといいます。

 

ではなぜテクニカルポイントでは相場の動きが引っかかって止まってしまうのでしょうか。

簡単な例として「前日の高値」で見てみましょう。まずはどこかで売ってみようと思っている人はどうするでしょう。

 

同じ売るならば、できるだけ高いところで売りたいはずです。その際にはまずは前日の値段を参考にするはずです。

昨日の取引価格だったら、今日もあるだろうと考えるからです。しかるに前日の高値近辺では売りたい人が集まることになります。

 

また昨日は売ろうと思っていたが、自分の指値していたレベルまで相場が上がらなくて売れなかった人はどうするでしょうか。

やはり昨日の高値がどこまであったのかを確認して、その辺りまで指値を下げれば売れるかなと考えるはずです。

 

前日の高値という以上は、昨日の値動きの中で実際に取引された値段です。

市場参加者の誰かが確実に買ってしまった値段でもあります。

最も高いところをつかんでしまったのですから、失敗しているわけです。

 

もしも今も買ったポジションを持ってシコっているならば、何とかして逃げたいと考えるでしょう。

利食いの場合と違って、より切実です。上手く同値で売れれば、ブレークイーブンです。ですから相場が再び高値攻めした際には、前日に失敗した人の逃げたい意欲が集中してくることになります。

昨日の高値付近では

こうして前日の高値付近では多くの売りインタレストが集中してくることになり、簡単には上抜けできないことになります。

これは反対サイドの「昨日の安値」でも同様のことが起こっているので、やはり相場の引っかかりどころを形成することになります。

 

テクニカル分析の利用

テクニカル分析は相場の引っかかりどころを探る作業でした。

それを実際に動いている相場の中で活用するにはどのようにすればよいでしょうか。

 

引っかかると言うのですから、テクニカルポイントのちょっと手前で逆張りでポジションを作ればよいのです。

そしてテクニカルポイントを抜けたら即座にポジションをカットをして損切りするのです。損切りにかからないうちは、いつでも利益を狙える立場にあるというわけです。

 

昨日の高値に近づいてきたら、まずは売ってみてショートにします。昨日の高値をブレークしてしまえば、その時点で買い戻して損切りをします。

昨日の高値を越えない限りはショートポジションをキープできるわけで、どこまで下げるのかはマーケット次第ではあるが、少なくとも損失は少ないです。

 

テクニカル分析にはいろいろな種類が存在します。

すべてを使おうとすると、それは小刻みなトレードを強要されることになり、かえって使い勝手が悪くなります。

そこで重要なものだけをピックアップして使うことになります。

いろいろなテクニカルポイント

 

 まずは客観性の高いデータをテクニカルポイントとして使用するのがよいでしょう。

あまり加工された数字では、誰も知らないということになり、売買のインタレストが集まりにくくなります。相場が引っかからないのです。

簡単なものでよいのです。やはり「前日の高値」と「前日の安値」がベストです。これならば誰もが注目しており、データも入手しやすく、公示性も高いためです。

 

今年の最高値

テクニカル分析では長い時間に有効なものほど重要だとされています。

デイトレードでは「前日の高値」や「前日の安値」が使いやすいですが、大きな相場の流れをつかむためには「今年の高値」などのほうが重要になります。

 

現在、米国株は史上最高値をトライ中です。歴史的な、というくらいですからもっとも重要なのは言うまでもありません。それは同時に強力なレジスタンスを形作ることを意味します。

そう簡単には上抜けできないと考えるべきものです。

S&P先物の週足

 

 最近はドル円の上値の伸びがとても悪く感じます。

それは相関性の高い米国株などリスク性の高い金融商品が、最大のレジスタンスを目前に控えているためです。

自分の扱うポジションがドル円であっても、米国株が上抜けしてこない限りは安易に高値追いしていってはいけないのです。

FXのプロも愛用する【初心者にオススメのFX会社】

オススメのFX会社は?

FXの初心者はGMOクリック証券がオススメ

外為オンラインの自動売買で楽して稼ぐ

1通貨4円から取引可能!少額から取引できる「SBI FXトレード」

SBI FXトレード
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
SBI FXトレード
  • 1通貨から取引可能。ドル円なら4円から取引できる
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • ドル円スプレッドが1000通貨0.2銭、1万通貨0.27銭

スプレッドが業界最狭水準(原則固定:例外あり)なので、低コストで取引が可能。

1000通貨のドル円スプレッドが0.2銭と他社と比べて非常に安く、少額取引にオススメ。

オリコンランキングの調査で92.7%が継続して使いたいと回答!それぐらい低コストで使いやいシステムを提供するFX会社です。

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 取引高7年連続 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

低スプレッド(手数料が安い)・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

FX初心者が選ぶ!自動売買で楽々稼ぐ「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
外為オンライン
  • 参加者の98%が満足する無料セミナーが有名で、FXの勉強に最適
  • 大損をせずに確実に利益を出したい人は自動売買がオススメ
  • 初心者目線で作られたわかりやすく、取引しやすい取引画面

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさが人気!

「FXの勉強をしたくない!楽したい」なんて人には、外為オンラインが提供する無料で使える自動売買がオススメです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
大島 佳穂里

大島 佳穂里

三重県出身。O型アラサー。 WEBメディアの編集者としてFX記事に携わるうちに、簡単には勝たせてくれないFX投資にハマる。 基本のトレードは1,000通貨でスイングトレード。 ファンダメンタルズと根拠のない逆張りで苦い経験あり。 YJFX!でトレード中。

-マーケット コラム

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎 , 2019 All Rights Reserved.