第1回 為替マーケットコラム 2019年2月

為替マーケットコラム

多角的な視点から、為替マーケットを読み解いていくマーケットコラムです。

<リスクファクターについて>

金融マーケットといっても、見るべき対象となる金融商品は星の数ほどたくさんあります。次々に新たな商品も誕生してくるが、実は突き詰めればシンプルです。マーケットを大別して3つのリスクファクターに振り分けてみていきましょう。

リスクファクターとはそれ自体がリスクそのものであり、他でヘッジできない根源的なリスクを言います。株価のリスク、金利リスク、為替リスクの3つで、これにコモディティの変動リスクも加えてもよいです。

リスクファクター

<何が動いたか>

今年に入ってから市場の材料は多かったです。米中の貿易問題が最大のもので、3月の期限を迎えるまでに期待と失望が繰り返されました。

イギリスの合意なきEU離脱も不安材料となり、ホンダをはじめ企業の撤退を招いています。そして米朝会談に向けての非核化への努力です。

いずれも解決が困難であり、時間のかかるものばかりです。さらにはFRBの金融スタンスの変更も、近い将来の市場動向を不透明なものにしています。

そうした環境のなかで大きく動いたといえるリスクファクターは株価でしょう。米国株は1月の2月で20%以上も値上がりしています。

利上げ期待が薄くなったとは言え、ドル金利はダイナミックな動きは示していませんし、為替相場は静かなままです。ドル円などは109円台と110円台にしかステイしていない時間帯がほとんどでした。

ドル円の動き

<米国株と日本株>

米国株を考える上ではもっとも取引量の多いS&P先物を見ていくのがわかりやすいです。昨年の9月に史上最高値である2947ポイントをつけた後、10月からのスランプで2313ポイントまで大幅下落しました。

安値をつけたのはクリスマスの前後であり、そこからは1月、2月と、ひたすら上がり続けてきています。週足で見ると連続の陽線をずっと形勢してきているのです。

2月の最終週で2814ポイントまで戻しているので、底値からは80%戻しを実現しているわけです。これは金融政策の変更の効果の方が大きいといえます。

S&P先物

一方で日本株はどうだったでしょうか。その代表である日経先物で見てみましょう。米国株と同じ時期に株価はトップとボトムを形成しているのですが、日経先物は24480円という27年ぶりの高値水準から18840円まで差し込み、そこから21625円まで戻してきました。

これでは50%しか戻していないことになります。とくに為替相場で円安が進んでいるわけでもないので、日本株の魅力が外国株に比べて見劣りするということなのでしょう。

FXのプロも愛用する【初心者にオススメのFX会社】

オススメのFX会社は?

FXの初心者はGMOクリック証券がオススメ

外為オンラインの自動売買で楽して稼ぐ

1通貨4円から取引可能!少額から取引できる「SBI FXトレード」

SBI FXトレード
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
SBI FXトレード
  • 1通貨から取引可能。ドル円なら4円から取引できる
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • ドル円スプレッドが1000通貨0.2銭、1万通貨0.27銭

スプレッドが業界最狭水準(原則固定:例外あり)なので、低コストで取引が可能。

1000通貨のドル円スプレッドが0.2銭と他社と比べて非常に安く、少額取引にオススメ。

オリコンランキングの調査で92.7%が継続して使いたいと回答!それぐらい低コストで使いやいシステムを提供するFX会社です。

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 取引高7年連続 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

低スプレッド(手数料が安い)・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

FX初心者が選ぶ!自動売買で楽々稼ぐ「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
外為オンライン
  • 参加者の98%が満足する無料セミナーが有名で、FXの勉強に最適
  • 大損をせずに確実に利益を出したい人は自動売買がオススメ
  • 初心者目線で作られたわかりやすく、取引しやすい取引画面

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさが人気!

「FXの勉強をしたくない!楽したい」なんて人には、外為オンラインが提供する無料で使える自動売買がオススメです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
持田 有紀子

持田 有紀子

<略歴>
慶応義塾大学法学部政治学科卒。国際政治及び東アジアの地域研究を専攻。

同大新聞研究所(現メディア・コミュニケーション研究所)修了。

野村証券入社。エクイティ部門の日本株トレーダーやワラント債、オプション課、営業課など。その後は人事コンサルティングの分野でも活動し、行動科学や心理学に基づく人事評価のモデルの開発等に携わる。

21世紀に入って起業した後は、海外の先物市場や外国為替取引のノウハウの蓄積を活用した投資情報の提供、セミナー講師、海外ファンドの運用、トレード塾の運営などを手がける。


<著作物>

「外国為替取引(FX)はこうして稼ぐ」 明日香出版

「日経225/日経225ミニ 日経先物取引の戦い方」 明日香出版社

「FX 練習帳」 実業之日本社 「夜の外国市場で儲けるテクニック」 明日香出版社

「FX 最強投資術」 実業之日本社 「利確と損切りのタイミングを読む」明日香出版社

「学校では教えてくれない投資と金融の授業」 明日香出版社


<連載コラム>

ザイFX「戦う女のマーケット日記」(ダイヤモンド社)
http://zai.diamond.jp/list/fxcolumn/mochida


<持田有紀子公式ブログ>

http://ameblo.jp/mochidayukikodesu/


<自己紹介>

野村證券の初期女性総合職としての兜村が、私の仕事の出発点でした。

金融マーケットに関わる人々やものごとの酸いも甘いも嚙み分けて、大規模な組織に属しない一個人でも、どうやったら戦い続けることができるのかを追求してきました。

金融マーケットへのアクセスは誰にでもかなり容易になった昨今、価値ある有意義な情報を一人でも多くの人に届けたいと考えています。

-マーケット コラム

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎 , 2019 All Rights Reserved.