FXチャートの見方が知りたい初心者必見!最初に覚えるべき2つの見方

茶々 疑問
FXのチャートの仕組みが知りたい
初心者でも判るように基礎用語を解説して欲しい
チャートの基本的な見方が知りたい

こんな悩みありませんか?

この記事ではFX初心者が最初に知っておくべき「FXチャートの見方」について解説しています。

チャートが読めなければ、どう取引していいかわかりませんからね。

この記事で初心者向けのチャートの見方を知り、注意点を踏まえて自分でチャートが読めるようになって頂けるようサポートいたします!

それではまず、FXのチャートの仕組みから紹介しましょう。

FXのチャートの仕組み

FXのチャートとは、為替レートの動きを記録してグラフにしたものです。

表で見るよりも為替の動きが一目で判るので、世界中で多くのトレーダーに利用されています。

ちなみにFXのチャートには「ローソク足チャート」「バーチャート」「ラインチャート」の3種類があります。

 

ローソク足チャート

日本発祥の表示形式であり、チャート1本1本の形がローソクに似ているため、このように呼ばれています。

多くの投資家がこのチャートを利用しています。

ローソク足チャート

 

バーチャート

棒(バー)で表示されたチャートであり、ローソク足と同様の4本値と、始値がない3本値の2種類があります。

バーチャート

 

ラインチャート

為替レートの終値を線で結んだだけのシンプルなチャートです。

ラインチャート

秘書 棒指し
上記3つのチャートのうち、初心者にはローソク足チャートをおすすめします。

なぜなら、陽線と陰線で色が違うため見やすく、ローソク足の位置関係で相場の動きを予想する方法が多彩だからです。

 

チャートの基本的な見方

①トレードスタイルによって時間足を変える

まず押さえて欲しいのは、チャートの横軸は時間を、縦軸は為替レートを表しています。

縦軸の為替価格は、横軸の時間軸が決まれば自動的に切り替わるので、設定する必要はありません。

時間軸は時間足と呼ばれ、変更することができます。

分足ふんあし時間足じかんあし日足ひあし週足しゅうあし月足つきあし年足ねんあしと長くなればなるほど、長期での相場の流れを見ることができます。

トレードスタイルに合わせて時間足を使い分けましょう。

②長時間足から短時間足で相場をみる

取引を始める前はチャートを、日足、1時間足、30分足、5分足の順番で見ましょう。

そうすれば、相場を大局で捉えることができます。

その後、自分の取引に合わせて時間足を設定すると良いでしょう。

 

チャートを読むための2ステップ

①大まかにトレンドラインを引く

トレンドラインとは、相場のトレンドを読むために、チャートに引く線をいいます。

チャートを読む際は、まずは細かいことを気にせずトレンドラインを引いてみましょう。

ただし、やみくもに引いても意味がないので、チャートの頂点に注目して引くのがポイントですよ。

②トレンドラインの傾きを見る

上記で引いたトレンドラインの傾きを見て、右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンド、水平ならレンジだと読み取ります。

ちなみに、トレンドラインをひくときは、チャートと交わるところで区切るのがポイントです。

なぜなら、トレンドラインがチャートと交わるところは、トレンドの転換点である可能性が高いからです。

茶々 笑顔
トレンドブレイクってやつですね!

 

チャートを見るために便利な指標

①ローソク足

ローソク足は、以下の4つの価格を表します。

陰線・陽線

  • 始値……その期間の開始価格
  • 安値……その期間で最も安かった価格
  • 高値……その期間で最も高かった価格
  • 終値……その期間の終わり価格

 

②トレンド・レンジ

トレンドとは相場の流れをいい、上記の図のように「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ相場」の3つがあります。

3つの相場

レンジ相場は相場の動きが予想しづらいため、初心者はトレンドと同じ向きにトレードするのがおすすめです。

 

③移動平均線

移動平均線とは、一定期間の為替レートの平均値をチャート上に表した線をいいます。

FXのテクニカル指標移動平均線短期の移動平均線は直近5日、中期の移動平均線は直近25日、長期の移動平均線は直近75日分の為替レートの平均値を取る組み合わせが多いです。

なお移動平均線が右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンドの可能性が高いと読み取れます。

移動平均線の詳しい使い方はこちらの記事を参考にしてください。

FXのテクニカル指標移動平均線
移動平均線を使ったチャート分析!その使い方と「だまし」の見抜き方

続きを見る

 

チャートの見方 3つの注意点

最後にチャートの見方の注意点を3つ紹介します。

①ラインは自由に引く

最初はどこを結べばいいのか判らないかもしれませんが、気にせずとにかく引いてみるのが大切です。

先述のように、チャートの頂点を結ぶように引くといいですよ。

②複数のトレンドラインを組み合わせよう

ラインの本数が少なすぎるとトレンド分析が粗くなるので、何本か組み合わせたほうが予測の精度を上げられます。

ただし引きすぎるとややこしくなるので、5本程度が目安です。

③トレンドの転換点に注意する

トレンドの転換点にも注意してください。

なぜならトレンドラインは、あくまでも過去のチャートの動きなので、将来的にもそのトレンドが続くかは保証できないからです。

予想が外れたら、臨機応変に判断して早めに損切りしましょう。

 

FX初心者向けのチャートの見方 まとめ

上記で紹介した「FX初心者向けのチャートの見方」を実践すると、今後はFX初心者におすすめなチャートの見方が知りたいと悩まずにすみ、注意点を踏まえてチャートが読めるようになります。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

  • FXのチャートとは、為替の動きをグラフ化したもの
  • チャートの横軸は時間、縦軸は為替価格を表す
  • チャートを読むためには、トレンドラインを引いて傾きを見る

「FX初心者でもチャートが読めるようになるの?」と最初は思うかもしれませんが、この記事で紹介したチャートの見方を身につければ、初心者でも読めるようになります。

秘書 笑顔
まずは、トレンドラインを引くところから実践してみましょう。

【編集部】チャート分析するなら絶対これ【オススメ】

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 取引高7年連続 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

低スプレッド(手数料が安い)・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

GMOクリック証券
【FX取引高 世界1位】GMOクリック証券は低スプレッド&高スワップ

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
松岡 佳穂里

かほり

スイングトレードとバイナリーオプションでコツコツ少額トレードしています。

使っているFX口座は、GMOクリック証券・FXプライム・YJFX!です。

京都の酒屋で働いたあと、ITベンチャーへ転職。

今はFXしながら、フリーランスの編集者として働いています。

-FX基礎知識

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎 , 2020 All Rights Reserved.