【1日5分でOK】FXのデイトレードで稼ぐ方法!簡単な3つのコツ

FXのデイトレードならスキマ時間でも利益を狙える

デイトレードにおすすめのFX口座2選

FXには様々なトレードスタイルがありますが、これからFXを始めようという方は、「どんな風にトレードしたらいいか分からない」というお悩みもあるかと思います。

 

那須 祐介

そういった方は、まずはデイトレードで始めてみてはいかがでしょうか。

なぜなら、会社員や主婦など、 日中忙しい人でもスキマ時間で十分に利益を狙えるスタイルだからです。

私自身、仕事の合間を利用してトレードをしています。

 

今回はそんなデイトレードについて詳しく紹介していきます。

 

これからFXを始めたいという方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

私たちFXの歩き方編集部は、儲けるよりも損をしないことを第一に考えています。

「どれが正しい情報なんだろう?」 そんな悩みや疑問を解消すべく、私たちは正しい情報を伝えることを最優先とし、FXのプロや実際にトレードをしている方の監修のもと記事を作成しています。

 

デイトレードってどんな取引スタイルなの?

デイトレードは1日で取引が完了するデイトレードとは1日の中での値動きを利用して利益を狙い、その日のうちに売却するトレード方法のことです。

 

デイトレードはポジションの保有時間が数分~数時間となっており、FXにおけるトレードスタイルの中では比較的短い期間で取引を完了させます。

 

1日のうちに数回の取引を行い短期的に利益を確定させるため、ポジションを翌日に持ち越すことはありません。

 

FXデイトレード手法
FXのデイトレードで使える4つの簡単手法【図解付き】6つのコツも!

続きを見る

 

デイトレードで狙える利幅は小さい?

デイトレードで狙える利幅は比較的小さいデイトレードでは、1回につき数十pips~100pipsほどの利益を狙うことができます。

 

1日で取引を完結させるため、寝る前には損益を確定して、寝てる間の相場変動による影響を受けることがありません。

 

すでにポジションを決済しているので、安心して眠ることができますよね。

 

最も人気なトレードスタイル!しかし・・・

デイトレードは最もポピュラーな方法デイトレードはFXのトレードスタイルの中でも、最も一般的な方法となっています。

 

長期トレードと比べれば、1回に得られる利益が少ないですが、少ない利幅をコツコツと積み重ねていくことができます。

 

またデイトレードを主に行なっている投資家のことを、「デイトレーダー」と呼びます。

 

デイトレードはFXにおいて一番人気のある手法ですが、同時に失敗している人も多い手法でもあります。

 

豊臣 秀吉
利益額と取引にかける時間のバランスが良いトレードスタイル、それがデイトレードなんだね!

 

会社勤めをしていても、休み時間や通勤中など、スキマ時間を利用して取引できるのよ。

デイトレードはFXについて調べていると、最もよく目にする言葉のひとつね。

秘書

 

デイトレードのメリット

デイトレードは副業としてFXを行っている方にも人気の手法ですが、この人気にはいくつかの理由があります。

 

他のトレードスタイルと比べてデイトレードが良い点は、どんなことなのでしょうか。

 

ポジションを持ち越さないから精神的負荷が少ない

デイトレードは不安を翌日に持ち越すことはないデイトレードの一番のメリットは、精神的負荷が少ないということです。

 

例えば中長期投資だと、ポジションを保有している間に、「ファンダメンタルズ的に悪いことが起きないか」と不安になってしまいます。

 

大きな金額を投資している場合は、なおさらその不安が大きくなることでしょう。

 

スキャルピングでは短い期間の売買を、数十回も繰り返して利益を積み重ねなければならないため、常に集中している必要があり、精神的にとてもキツイです。

 

これらに対しデイトレードは、事前に相場を分析し狙ったエントリーポイントや売買サインが出るまで、ひたすら待つ受け身の方法です。

 

ですのでポジションを保有している間は常にチャートをチェックする必要もなく、1日で決済してしまうため何日も不安を抱えることもありません。

 

難しいテクニカルもファンダメンタルズも必要としない?

デイトレードは小難しい分析がほとんどいらないデイトレードは他のトレードほど難しいテクニカルを必要としません。

 

またその日でポジションを整理するため、長期的な運用では必須のファンダメンタルズも、ほとんど関係ありません。

 

こういったことも、FXのトレードスタイルの中で一番取り組みやすい理由となっています。

 

豊臣 秀吉

精神的負荷が少ないというのは、一番うれしいかも。

毎日不安になってたらストレスになっちゃうし、途中で離脱したくなってしまう可能性もあるもんね。

 

ポジションを翌日に持ち越さないというのがミソね。

その日のうちに決済しなければいけないから、もし負けても諦めがつくのよ!

秘書
FXのおすすめツール
知識不要!勝率&利益UPする無料のテクニカル分析ツール4選【おすすめ】

続きを見る

 

デイトレードのデメリット

FXに関する全般的に言えることですが、メリットの裏にはやはりデメリットも存在します。

 

このデメリットを理解することがリスク管理につながるので、しっかりと学んでいきましょう。

 

時間的な制約で大きなチャンスを逃す

デイトレードは1日でポジションを手仕舞いしてしまいます。

 

例えば自分が狙っていた以上に大きな利益を出せるポジションを持てたときでも、時間的な制約で決済となってしまうことがあります。

 

せっかく大きな利益を狙えたのに時間的に厳しいと、これは相当悔しいかと思います。

 

損失が積み重なるスピードが早い

デイトレードは資金が無くなるスピードが早い1日に数回という、比較的スピード感のある取引をするデイトレードですか、もし相場分析を見誤っていた場合、それだけ資金を失うスピードも早いということが言えます。

 

いい加減なトレードを繰り返していると、あっという間に資金はなくなってしまいます。

 

例えば20pipsで損切り金額を設定していた場合、1日に5回取引を行ったとすると、全て負ければ100pipsの損失となります。

 

1万通貨取引していたら、これだけで1万円を失ってしまうということです。

 

負けると感情的になってしまいがちになる

デイトレードは感情的な取引になりがちデイトレードは1日に何回もチャンスを狙うことができます。

 

そのため「早くエントリーしたい」という気持ちを起こしやすい人も多くいます。

 

勝てる根拠があってエントリーする分には良いのですが、ただポジションを立てるだけのいわゆるポジポジ病になってしまう危険性があります。

 

特に前の取引で負けている人はなおさらです。

 

豊臣 秀吉 溜息
デイトレードは初心者の僕でもやりやすそうだけど、さすがに良いことばかりではないんだね・・・。

 

もちろん、メリットしかない手法は存在しないわ。

でもこのデメリットを回避して取引ができるようになれば、勝率が上がることは間違いないわよ。

秘書

 

デイトレードをするときに選ぶべき通貨ペア

デイトレードに最適の通貨ペアデイトレードで取引するにあたり、通貨ペアを選ぶための普遍的なポイントは、他のトレード手法ほどはありません。

 

最低限以下の2つのことを守って選べば、取引しやすいかと思います。

  1. メジャーな通貨ペアであること
  2. 適度なボラティリティがあること

 

メジャーの通貨ペアであるほど、取引規模が大きいということがわかりますよね。

 

取引規模が大きいということは、投資家に意識されやすい場所がチャートに機能するということです。

 

また全然動かない通貨ペアを選んでも、利益を上げることはできません。

 

デイトレード向きの通貨ペア

  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • ユーロ円
  • デイトレードに向いた時間帯

    デイトレードは取引が活発な時間帯を狙うデイトレードをする場合は、16時から翌日2時くらいまでの時間帯を狙うのが基本となっています。

     

    なぜかと言うと、以下3点のことが考慮されるからです。

    1. 欧州時間が16時から始まり18時ぐらいまでの約2時間はトレンドが発生しやすい
    2. ニューヨーク市場が21時に始まり約3時間はトレンドが発生しやすい。
    3. 経済指標発表がある場合は翌日2時くらいまでは相場が動きやすくなる。

    また取引が活発になる時間帯は以下の5つがありますので参考にしてみてください。

    1. 東京指標発表時間帯:8:00前後
    2. 東京オプション取引:15:00時前後
    3. 欧州市場オープン:16:00前後
    4. ニューヨーク市場オープン:21:00前後
    5. ロンドンフィキシング:1:00

     

    豊臣 秀吉
    そっか、通貨ペアの選び方だけじゃなくて、取引する時間帯も重要なんだね。

     

    メジャーな通貨ペアを選んで、取引が活発な時間帯を狙うのがポイント。

    流動性の低い時間帯は、スプレッドが広がりやすいから注意してね。

    秘書

     

    デイトレードは長い足もチェックしよう!

    デイトレードは長い足から順に見ていくデイトレードは5分足などの、短い足を見ながら取引をしていくことになります。

     

    基本的には日足→1時間足→5分足といったように、長い足から見ていきます。

     

    なぜなら短い足は長い足の影響を受けるためです。

     

    チャートで使用するテクニカル指標

    デイトレードで使用するテクニカル指標は、次の3つになります。

    1. ボリンジャーバンド
    2. VWAP(ブイワップ)
    3. ボリンジャーバンド幅

    ボリンジャーバンド

    ボリンジャーバンドは、よく使われるテクニカル指標です。

    移動平均線の上下に、同じ機関の標準偏差ラインを引くことで、価格がこの中で推移するという考え方で相場を分析します

     

    VWAP(ブイワップ)

    ブイワップは簡単に言えば、価格にその日の出来高を掛け合わせて、その平均値を出したものです。

    例えば現在のレートがブイワップより上にあれば、トレーダーたちが買った値段よりも現在の値段の方が上だということです。

    そうすると、「トレーダーたちはさらなる上昇を期待して持ち続けるだろう」という予想を立てることができます。

     

    ボリンジャーバンド幅

    ボリンジャーバンド幅はその名の通り、ボリンジャーバンドの幅を数値化したものです。

    ボリンジャーバンド幅の設定を変えれば、異なった時間枠での勢いを見ることができます。

     

    失敗しないためには各ポイントを決め、それを守ること!

    デイトレードはポイントを決めて守ることが重要デイトレードではむやみにポジションを立てるのではなく、エントリーポイント・利食いポイント・損切りポイントを決めておくことが重要です。

     

    特にこの中でも、損切りポイントが最重要だと私は考えています。

     

    なぜなら相場が想定した動きにならず反転してしまった場合は、大きな損失になる恐れがあるためです。

     

    FXでは利益を最大限に延ばすことも大切ですが、損失を最小限に抑えておくということも非常に大切です。

     

    またFX初心者の人は、損切りができず結果大損となってしまうパターンが非常に多くあります。

     

    損切りができずにロスカットされてしまうと、 最悪の場合借金を背負うことにもなりますので注意してください。

     

    各ポイントを決めたら、それを必ず守るようにしましょう。

     

    豊臣 秀吉
    大事なのはトレードルールを作って、それを必ず守るということだね!

     

    勝てる投資家はみんなトレードルールを作って、それを厳守しているわ。

    欲に負けないクセをつけるためにも、非常に重要なことなのよ。

    秘書 棒指し

     

    FXのロスカットは投資家の資金を守る仕組み
    5分で理解ロスカットの仕組み!FXの勝ち組が実践する資金管理

     

    デイトレードで勝てるようになる秘訣とは?

    デイトレードはトレンドに乗った順張りが基本デイトレードで初心者でも利益を出しやすいのは、トレンドに乗って行く順張りです。

     

    一目で強いトレンドが出ているような相場では、取引がしやすく初心者でも利益を狙える可能性は十分にあります。

     

    数ある通貨ペアの中から強いトレンドが出ているものを選び、なおかつメジャーな通貨であるということがポイントです。

     

    デイトレードでの勝負は、通貨選びの段階から始まっていると言っても過言ではありません。

     

    トレンドに乗って行く順張りのトレード、これが基本だということを覚えておきましょう

     

    デイトレードFX口座の選び方!

    デイトレードでFX会社を選ぶときにチェックするポイントデイトレードを行うために口座開設をするにあたり、重要なのは以下3つのことです。

    1. スプレッドが狭くコスト負担が少ない
    2. テクニカル指標が多い
    3. 取引ツールが使いやすい

    スプレッドが狭くコスト負担が少ない

    まずスプレッドが狭いFX会社を選ぶということは、基本中の基本です。

     

    スプレッドはFXの取引における実質的な手数料となるため、安ければ安いほど良いということは分かるかと思います。

     

    現在では米ドル/円のスプレッド0.3銭が、基準のようになっています。

     

    業界最狭水準のスプレッドですが、これに加えて原則固定であるということも大切です。

     

    テクニカル指標が多い

    デイトレードは多彩な分析ができた方が有利搭載されているテクニカル指標が多ければ、それだけ自分に合っている指標に出会える確率が高くなります。

     

    また取引に慣れていくと、より多くのテクニカル指標を学ぶこともできます。

     

    使えるテクニカル指標が多ければ、それだけ多彩な分析を行うことが可能です。

     

    「なるべく豊富な種類を用意しているFX会社を選ぶ」ということも重要です。

     

    取引ツールが使いやすい

    デイトレードは取引ツールの使いやすさも大事いくらスプレッドが狭く、テクニカル指標を多く搭載していても、取引ツールが使いにくかったら上達するのに時間がかかってしまいます。

     

    ですので口座開設をしたら、まずはデモトレードでその使いやすさを確かめてみることをオススメします。

     

    また会社員や主婦など兼業トレーダーとしてFXを行う方は、外出先でも取引を行えた方が便利ですよね。

     

    そのためPCツールだけでなく、スマホアプリの使いやすさもチェックしておくと良いでしょう。

     

    豊臣 秀吉
    こういったことはFX会社を選ぶときの基本的なことだけど、同時に一番重要なことでもあるよね。

     

    国内のFX会社はどこもレベルが高いけど、初心者はその中でも特に高水準のところを選ぶと良いわね。
    秘書 棒指し

     

    デイトレードで選ぶべきオススメFX会社

    最後に、初心者に最適なデイトレードにおすすめのFX会社を3社紹介します。

     

    1通貨4円から取引可能!少額から取引できる「SBI FXトレード」

    SBI FXトレード
    スプレッド
    (米ドル/円)
    スプレッド
    (ユーロ/円)
    スプレッド
    (豪ドル/円)
    スワップ
    (豪ドル/円)
    キャッシュバック詳 細
    SBI FXトレード
    • 取引通貨単位は業界最小の「1通貨」ドル円なら4円からOK
    • すべての通貨において業界最狭水準のスプレッドを提供中
    • 1000通貨未満の取引ならドル円スプレッド0円!コスト0円でトレードが可能

    スプレッドは業界最狭水準かつ原則固定なので、低コストで取引が可能です。

    1000通貨未満の取引ならドル円のスプレッドが0円!少額トレーダーにはもってこいの口座です。

    河野 裕
    また、オリコンランキングの調査では92.7%が継続して使いたいと回答しました!

    それぐらい低コストで使いやすいシステムを提供するFX会社ということですね!

     

    取引結果をグラフ化!問題点を分析して改善できる「DMM FX」

    DMMFX
    スプレッド
    (米ドル/円)
    ユーロ/円豪ドル/円
    スワップ
    (豪ドル/円)
    キャッシュバック詳 細
    DMMFX
    • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
    • トレード記録を自動で分析してくれる取引通信簿で実力UP
    • 29種類の豊富なテクニカルツールでライバルに差をつけるプレミアチャート

    全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

    取引通信簿はトレードの損益や勝率、トレード内容を全てグラフ化してくれるので、FX初心者に特にオススメです。

    取引通信簿で分析しながらトレードをできるので、大負けしにくく、コツコツ稼げるトレーダーになりやすいと言えます。

     

    FX取引高 国内第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

    GMOクリック証券
    スプレッド
    (米ドル/円)
    ユーロ/円豪ドル/円
    スワップ
    (豪ドル/円)
    キャッシュバック詳 細
    GMOクリック証券

    *スプレッドは原則固定

    • 取引高8年連続 国内第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)
    • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
    • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

    取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

    さらに低スプレッド・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

    いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

    織田 信長
    SBI FXトレード1通貨単位(ドル円なら4円)から取引ができるので、少額でデイトレードの経験を積みたい人にオススメだ。

     

    FXのデイトレード まとめ

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

     

    今回はFXのデイトレードについて紹介してきました。

    まとめ

    • デイトレードは最も一般的な手法
    • 副業としても十分に利益を狙える
    • トレードスタイルの中でも精神的負荷が少ない
    • 初心者は感情的にならないように注意
    • メジャーな通貨ペアを選ぼう
    • 取引が活発な時間帯を狙おう
    • エントリー利食い・損切りポイントを決めて、それを守ろう
    • デイトレードは順張りが基本
    • デイトレードにオススメのFX会社は「DMM FX」「GMOクリック証券」

     

    スキャルピングのように忙しくもなく、中長期トレードのようにファンダメンタルズで不安を抱え続けるということもないため、バランスの優れたトレードスタイルとなっています。

     

    もちろん勝つためには相場の分析が必須ですが、きちんと分析を行えば、1日に何回もチャンスがあるため初心者でも十分な利益を出すことが可能です。

     

    様々なトレードスタイルの中でも、最も人気のあるデイトレード。

     

    これからFXを始めるにあたり、どんなトレードスタイルで行くか迷っている方は、まずはデイトレードから始めてみてはいかがでしょうか。

     

    是非この記事を参考に検討してみてくださいね。

     

    あなたのFXライフが成功するように心より祈っております。

    • この記事を書いた人
    • 最新記事
    那須 祐介

    那須 祐介

    ライター兼デイトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。32歳。千葉県出身。 まずはプロのライターになるために脱サラし、2018年1月から修行を開始。FXトレードも兼業。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

    -FXの手法

    © 2020 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎