株とFXは何が違う?投資初心者にはどっちが難しいのか4つの結論

株とFXは何が違う?投資初心者にはどっちが難しいのか4つの結論
  • FXと株ってどっちの方が難しいの?
  • FXと株って基本一緒でしょ?
  • 投資初心者はどっちを選ぶべき?
松岡 佳穂里

これを読んでいるということは、こんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

こんにちは、編集部の松岡です。

 

結論から言うと、どちらも一筋縄では稼げるほど難易度は低くありません。

 

FXと株は難しいポイントが違います!

株投資は銘柄選びが難しく、FXは相場分析が難しいです。

 

この記事では、それぞれの魅力とその難しさについて比較しながら解説してまいります。

 

FXと株の違いと特徴を十分に理解し自分に合った投資を選びましょう!

投資初心者にオススメの投資方法

私たちFXの歩き方編集部は、儲けるよりも損をしないことを第一に考えています。

「どれが正しい情報なんだろう?」 そんな悩みや疑問を解消すべく、私たちは正しい情報を伝えることを最優先とし、FXのプロや実際にトレードをしている方の監修のもと記事を作成しています。

FXと株ってどんなモノ?

FXと株ってどんなモノ?

FXも株も金融商品ではありますが、その内容はかなり違います。

 

そもそもFXとは何なのか、また株とは何なのかそれぞれの定義を詳しく見てみましょう。

 

株は株式会社の発行するオーナー権利

株取引

株は、株式会社が資金を集めるために発行する証明書のことです。

 

正式には「株式」と言います。

 

例えば何か事業を始めるときには、大きな資金が必要となります。

 

会社側はその資金を投資家たちから募ります。

 

資金を提供してくれた投資家に対して、会社はオーナー権利を発行しており、これを「株」と呼びます。

 

株は株式市場で売買され、安く買って高く売ることで利益を得ることができます。

 

FXは通貨を売買する金融商品

為替取引

FXは正式には外国為替証拠金取引と呼び、通貨同士を売買してその差額で利益を得ることを目的とした金融商品です。

 

FXは常に変動し続ける通貨価値を利用します。

 

2か国の通貨を取引することで売買差益を狙うのです。

 

これが売買差益というもので、FXを行う目的となります。

 

また売買差益以外にも、金利差を利用した利益を得ることもできます。

 

ぶっちゃけFXと株どちらのほうが儲かる?

ぶっちゃけFXと株どちらのほうが儲かる?

株とFXどちらが儲かるのかは、一概に判断できません。

 

なぜなら、人によって資金・取引時間・向き不向きが違うからです。

 

FXを行っている投資家にとっては当然FXの方が儲かると考えるでしょうし、株式投資を行っている投資家にとっては株の方が儲かると考えると思います。

 

これから株とFXの違いについて紹介していきますので、それらを見て自分にとってどちらの方が魅力があるのか判断してみてください。

茶々 笑顔
優劣をつけるよりも、自分にとってどちらが向いているのかそれぞれの特徴を理解しないといけないわね!

 

FX投資と株式投資【7つの違い】

FX投資と株式投資【7つの違い】

FXと株には以下のように、7つの大きな違いがあります。

FXFXと株の違い
対象:通貨
対象の数:20~30銘柄
投資対象とその数対象:上場企業
対象の数:国内だけで3000銘柄以上
レバレッジ:最大25倍資金効率性レバレッジ:3.3倍(信用取引のみ)
平日24時間いつでも取引時間東京証券取引所なら
平日 9:00~11:30 12:30~15:00
国の経済状況・自然災害・要人発言など変動要因企業の業績・将来性・社会経済など
ドル円で大体0.5~2%(大変動でも3~4%)1日の値動き3%以上変動する銘柄多数
スワップポイント売買以外での利益配当金
株主優待
10万円ぐらい初期費用100万円ぐらい

 

①投資対象とその数

  • FX⇒通貨(全世界で約30銘柄)
  • 株⇒企業(日本だけで3000銘柄以上)

FXと株とでは、まず投資対象が違います。

 

FXは投資対象が各国の通貨です。一方、株は投資対象が企業です。

 

FXは経済成長の見込める通貨に対して投資します。

 

秘書 棒指し
各国の様々な通貨を売買するため、FXは世界中の投資家が参加する相場です。

 

投資できる通貨は国の数だけありますが、先進国と一部の後進国が投資対象です。

 

FX会社にもよりますが、多くて20~30種類の銘柄に投資ができます。

 

株式投資の場合は、業績成長が見込める企業に対して投資を行います。

 

株式は日本企業だけでなく、海外の企業の株を買うこともできます。

 

そのため、投資対象となる銘柄は非常に多く日本国内だけでも3000種以上があります。

 

秘書
サラリーマンにとっては投資株が、普段から関わりのある企業のかもしれないですし、そういう意味ではFXよりも身近な世界の投資活動だと言えるでしょう。

 

②資金効率性(レバレッジ)

FXと株の違いはレバレッジによる資金効率性にもあります。

レバレッジとは

所持資金よりも大きい金額を取引できる仕組み。

例:レバレッジが2倍だと、5万円で10万円分の外貨を買ったり売ったりできる。

レバレッジとは?
レバレッジとは?1万円が25万円に増える!儲かる仕組みと活用法

続きを見る

  • FX⇒日本では最大25倍
  • 株⇒信用取引で3.3倍(制約あり)

日本のFXでは最大25倍のレバレッジをかけることが可能です。

 

100ドル=1万円を買いたいとき、レバレッジ25倍であれば400円をFX会社に預けて100ドルを売却するまで保有することができます。

 

明智 光秀 笑顔
レバレッジを大きくすればするほどハイリスクとなるので注意が必要ですが、FXの大きな魅力であることは間違いないでしょう。

 

一方、株式投資は物取引ならばレバレッジは使えず信用取引の場合のみ最大で3.3倍のレバレッジをかけることができます。

 

ただし、株の信用取引には6ヶ月以内の清算義務があります。

 

レバレッジをかけて株を購入した場合、含み損がでていても6か月後には必ず損失確定をする、もしくは残りの株式代金を支払って現物株として保有するかを選択しなければなりません。

 

③取引時間

FXと株では売買できる取引時間にも大きな違いがあります。

  • FX⇒平日24時間いつでも
  • 株⇒東京証券取引所なら平日5時間ほど

FXは平日の24時間いつでも注文を出したり決済させたりできます。

 

なぜなら、通貨は世界中で取引がされるため常に世界のどこかの市場が開いているからです。

 

私たち投資家はFX会社を通じて世界中の市場で売買を行えるのです。

為替市場取引時間(夏時間)
ウェリントン5:00頃~15:00頃(4:00頃~14:00頃)
シドニー7:00頃~17:00頃(6:00頃~16:00頃)
東京8:00頃~17:00頃(-)
香港9:00頃~18:00頃(-)
シンガポール9:00頃~18:00頃(-)
フランクフルト16:00頃~翌1:00頃(15:00頃~翌0:00頃)
ロンドン17:00頃~翌2:00頃(16:00頃~翌1:00頃)
ニューヨーク21:00頃~翌6:00頃(20:00頃~翌5:00頃)

 

一方で、株取引は上場先の株式市場が開いている間しか取引することができません。

 

日本企業の株を売買したいなら、東京証券取引所が開く平日の「朝9時から11時30分まで」と「12時30分から15時まで」の間しか取引ができません。

 

また、利用する証券会社によっても取引時間に多少の違いがあるので注意が必要です。

証券取引所取引時間(前場)取引時間(後場)
東証9:00~11:3012:30~15:00
JNX8:20~16:0017:00~23:59
Chi-x8:20~16:00

 

④変動要因

為替市場と株式市場の変動要因について紹介しましょう。

  • FX⇒国の経済状況・自然災害・要人発言など
  • 株⇒企業の業績・将来性・社会経済など

 

為替市場では通貨の売買が行われ、通貨の価値が常に変動し続けています。

 

通貨価値の変動には、国の経済状況・自然災害による影響・要人発言などが影響しあっています。

 

織田 信長
例えば、米ドルはアメリカ経済が順調でもトランプ大統領が経済に打撃を与える政策を視野に入れてると発言すれば一時的に下落するぞ。

 

一方で、株の価値は企業の業績・将来性・資金繰りが強く影響を与えます。

 

他にも社会経済や大株主の動向からも影響をうけます。

 

⑤1日の値動き

1日の値動き

  • FX⇒ドル円で大体0.5~2%(大変動でも3~4%)
  • 株⇒3%以上変動する銘柄多数

FXだと1日の値動き幅の範囲は大体0.5~2%程度、 大変動が起こるような大きな出来事があった場合でもせいぜい3~4%程度しか動きません。

 

しかし、24時間いつでもレバレッジをかけて取引が可能なことから、チャンスを多く掴むことができます。

 

また、FXでは各通貨ペアによって変動幅に差があります。

 

一方、株は為替と比べると値動きがかなり大きく1日で3%以上変動する銘柄が多数あります。

 

アベノミクス以降、IPO銘柄は公募価格の2倍、3倍になることも珍しくありません。

 

このように銘柄によって、株は2倍にも3倍にも価格が変動する可能性があります。(ただしハイリスクでもある)

 

⑥売買以外での利益

FXにも株にも売買益以外で発生する利益が次の通りあります。

  • FX⇒スワップポイント
  • 株⇒配当金・優待

 

スワップポイントとは、2国間の金利差を日割りで受取るまたは支払う仕組みです。

スワップポイントとは

例えば、金利10%の通貨を金利1%通貨で買うと、9%の金利を受け取ることができます。

 

FXは金利にもレバレッジが効くため、外貨預金よりも資金効率が良いです。

 

株には、配当金と株主優待の発行があり、所有株に応じて受け取ることができます。

株主優待券

株主優待は皆さんも聞き馴染みがあるのではないでしょうか?

 

独自の優待内容を提供している企業も多く、株主優待を目的に購入銘柄を決める人も珍しくありません。

 

茶々 笑顔
スワップポイントも株主優待もどっちも魅力的ね…!

⇒スワップポイントとは?FX初心者でも毎日利益を出せるって本当?

 

⑦初期費用

豊臣 秀吉 疑問
FXと株の元手っていくら必要なんだろう?

FXの元手は10万円必要か

10万円以上稼ぎたいなら元手は次ぐらい用意しましょう。

  • FX⇒10万円ぐらい
  • 株⇒100万円ぐらい

なぜなら、先述したレバレッジが関係してきます。

 

FXは株よりも高いレバレッジが可能なため、必要資金を少なくすることができるからです。

 

また、一時的な含み損にも耐えなければいけません。

 

そのため、実際の売買に必要な金額よりも多い資金を準備してリスクに備えましょう。

 

FXも株(信用取引)も、損失方向に価格が変動しすぎると追証が発生する可能性があります。

 

秘書 棒指し
100万円も資金が無いという人にはFXがオススメです。

一部のFX口座では最低4円から投資が可能ですし、株でも少額から取引できる口座が増えてきています。

 

FXと株の違いがはっきり分かったところで、FXと株それぞれのメリットデメリットをお教えしましょう
明智 光秀

FXのメリットとデメリット

FXのメリットデメリット

FXには次のようなメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
  • 買いでも売りでも稼げる
  • 最大25倍のレバレッジがある
  • 為替変動リスクがある
  • 為替相場の予測が難しい

 

ひとつずつ説明しますね。

 

メリット①買いでも売りでも稼げる

FXでは「買ってから売る」だけでなく「売ってから買い」でも利益を出すことができます。

FXは売りでも買いでも利益が出る

これは、FXが先物取引だからできる取引です。

 

そのため、為替の上昇・下落に関係なく稼ぐことができます。

  • 上昇中なら⇒買ってから売り稼ぐ
  • 下落中なら⇒売ってから買い稼ぐ

 

メリット②最大で資金の25倍の金額を動かせる

株との違いで説明した通り、FXではレバレッジという仕組みを使って元手以上の金額を運用できます。

 

レバレッジを使えば元手を少額に抑えることができ、効率よく資産運用が可能です。

レバレッジで利益が25倍

法律上、国内FX口座では最高25倍までのレバレッジが認められています。

 

海外口座を使えばさらに高いレバレッジで運用することもできますが、それはかなり危険です。

 

なぜならハイレバレッジ=ハイリスクだからです。

 

織田 信長

資金を失いたくなければレバレッジは10倍以下にしよう!

 

デメリット①為替変動リスク

為替レートは常に動き続けており、ポジションを持った瞬間に為替変動リスクにさらされます。

 

株でもFXでも相場の急変動のリスクはあります。

 

大損失を出さないためにも、経済情報・購入量・レバレッジには日ごろから注意を払いましょう。

 

デメリット②為替相場の予測が難しい

為替の変動要因は、株ほど単純ではありません。

 

なぜなら、為替は様々な要因が絡みあって動いているからです。

 

株は企業の業績が良ければ、よっぽどのことが無い限り上がりますよね。

 

しかし、為替は国の経済指標が良い結果であっても上がるとは限りません。

 

これは通貨を売買している人たちが「上がって当然だろ」と判断すれば買いの需要が上がらないからです。

 

そんな時に、国の要人が経済に影響ある内容を発言すればリスクが高まり売りが加速したりします。

 

秘書
相場分析はプロでも完璧にできる人はいないと言われています。

 

株式投資のメリットとデメリット

株メリットデメリット

株式投資には次のようなメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
  • 配当金や株主優待がある
  • 企業の意思決定に参加できる
  • 初期投資額が比較的高い
  • 投資銘柄を選ぶのが難しい

 

メリット①売却益のほかに配当金や株主優待がある

株式を購入すると、配当金の分配や株主優待を受取ることができます。

株主配当・優待

配当金は企業が出した利益の一部を株主に還元する仕組みです。ただし、配当金がない企業もあります。

 

株主優待は企業の製品サービスを優待価格で利用できたり、金券を受取れる仕組みです。

 

メリット②企業の意思決定に参加できる

株主には議決権が与えられ、株主総会で経営方針への賛成・反対を表明できます。

意思表明

所属していない企業の意思決定に参加できるってなかなか無いですよね。

 

しかもそれが、好きなブランド企業や将来見込みのある企業であればなおさらです。

 

茶々 笑顔

売買で利益を得るだけが株の良さじゃないのね。

 

デメリット①初期投資額が比較的高い

株式投資は、投資に必要な資金が比較的高くなります。

 

なぜなら、大体の株の購入は最低でも100株以上からとなっているからです。

 

また、現物取引ではレバレッジが使えないので元手がある程度必要になってしまいます。

 

最近では数百円からでも株の購入ができる証券会社が増えていますが、投資額が少ないので利益も微々たるものです。

 

デメリット②投資銘柄を選ぶのが難しい

日本の株式市場には3000社以上の企業が上場しているため、購入銘柄を初心者が判断するのは難しいです。

 

なぜなら、利益が見込める株式を判断するのは知識だけでなく経験と時間が必要だからです。

 

3000社以上の決算書を見比べたり、企業価値を確認するための情報収集を行うのは不可能に近いです。

 

茶々 溜息
売買取引ですら不慣れなのに、いきなり銘柄選びのハードルがあるのね。。。

 

投資初心者ならFXからスタートしてみよう!

投資初心者なら

「元手が100万円もない」「とりあえず投資を勉強してみたい」という方はFXから始めてみてはいかがでしょうか?

 

FXなら

  1. 少ない資金でも取引ができる
  2. 平日のいつでも取引ができる
  3. 取引チャンスが多い
  4. 銘柄選びの難易度が低い

といった理由において株よりも優れているからです!

 

FXで投資の基本を学んでから株投資に移っていく人も少なくありません。

 

松岡 佳穂里
株投資を考えていた人もステップアップの一つだと思ってぜひ検討してみてくださいね!

 

FXのスイングトレードがおすすめ

FX スイングトレード
【稼ぐ3つのコツ】FXのプロが実践しているスイングトレードとは?

続きを見る

FXをするならスイングトレードから始めるのがオススメです。

 

なぜならスイングトレードは数日から数週間かけて、大きい利益の獲得を目指すトレードスタイルだからです。

 

そのため、一時的な下落が発生しても慌てず相場分析を行うことができます。

 

実際のところ、FXトレーダーのほとんどがスイングトレードという調査結果も出ています。

[参考]外国為替証拠金取引の取引顧客における金融リテラシーに関する実態調査

 

秘書 棒指し
初心者なら、まずはゆっくり少しずつ稼ぐ売買練習をしましょう。それにはFXのスイングトレードが最適ですよ。
松岡 佳穂里
私もFXはスイングトレードでやっています。

スイングだと、テクニカル分析でのダマシが少なく相場を大局で見ることができ、デイトレードをやっていた頃よりも勝率が上がりました。

 

スイングトレードにおすすめのFX口座3選

全てにおいて高スワップ! FXの中長期運用なら「LIGHT FX」

LIGHT FX
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
LIGHT FX
  • ほぼ全ての通貨ペアが高スワップポイントで提供されている
  • 提携会社につき、当サイトからの申込みでキャッシュバック増量中!
  • 1,000通貨単位対応なので、少額から取引スタートOK

ブランド名の通り「気軽(LIGHT)に」FXを取引できるFX口座です。

これまで投資に興味のなかった人にも、LIGHT FXが金融リテラシーを身に付けるきっかけとなることを目的にしているので、初心者にオススメ!

 

高スワップ・低スプレッド!「みんなのFX」

みんなのFX
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル)
キャッシュバック詳 細
みんなのFX
  • 高スワップ・低スプレッド!デイトレも長期売買もOK
  • 約定力が99.9%なのでデイトレに強い
  • 1,000通貨単位対応なので、ドル円なら5千円から取引ができる

特に高スワップなのが有名で、スワップ金利狙いの取引では多くのトレーダーが使っています。

低スプレッドな上に、約定力が99.9%なのでデイトレにも強いのが特徴です。

 

高スワップかつ最強のチャート分析を実現!GMOクリック証券

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 取引高8年連続 国内第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

低スプレッド(手数料が安い)・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

 

FXで稼いでから株を始めるのも良し! まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

FX投資と株式投資の違いについて解説してまいりました。

 

どちらも魅力的で悩みますよね。

 

簡単にまとめましょう。

まとめ

  • FXと株どちらが稼げるかは人によって違う
  • FXと株には大きく7つの違いが比較できる
  • FXのメリットは資金効率がよく為替が下落しても稼げる
  • 株のメリットは株主優待を受けれたり企業の意思決定に参加できる
  • 投資初心者には、株の銘柄選びは判断が難しい
  • FXのスイングトレードで投資を学んでから株をやるのがオススメ!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

FXの歩き方は、皆様の投資ライフを陰ながら応援しております!

 

FXと株の違い Q&A

Q&A

答え

株とFXどちらが儲かるのかは、一概に判断できません。

なぜなら、人によって資金・取引時間・向き不向きが違うからです。

⇒詳しくは「ぶっちゃけFXと株どちらのほうが儲かる?」で解説しています。

答え

大きくは、投資対象、資金効率、取引時間、変動要因、1日の値動き、売買以外の利益、初期費用において違いがあります。

⇒詳しくは「FX投資と株式投資【7つの違い】」で解説しています。

答え

編集部では、FXから始めることをオススメしています。

なぜなら、株は取引以前に銘柄を選ぶ難易度が初心者にとって高いからです。

また、初期費用の違いからもFXの方が始めやすくもあります。

⇒詳しくは「投資初心者ならFXからスタートしてみよう!」で解説しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
松岡 佳穂里

かほり

スイングトレードとバイナリーオプションでコツコツ少額トレードしています。

使っているFX口座は、GMOクリック証券・FXプライムbyGMO・YJFX!です。

京都の酒屋で働いたあと、ITベンチャーへ転職。

今はFXしながら、フリーランスの編集者として働いています。

-FX基礎知識

© 2020 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎