90%が勝てないワケ!FXで負ける人の特徴5つと改善法

FXで負ける人の共通点

「FXで負けが続いているんだけど、原因がわからない!」

 

そんなお悩みはありませんか?

 

負けが続いているのに、その原因がわからないと困ってしまいますよね。

 

実はFXで負ける人には、共通した特徴があるんです。

 

その特徴を理解し改善することで、あなたのトレードも変わるはずです!

 

今回は、そんなFXで負ける人の特徴について紹介していきます。

 

もし当てはまるところがあれば、どんどん改善していきましょう。

負ける確率90%?FXが1割しか成功しない理由

FXで負ける人と勝てる人に偏りがある理由FXでは9割の人が負けていると言われています。

 

たった1割の人しか勝てていないとすると、ごく少数のトレーダーしか成功していないということですよね。

 

しかしFXは、買いか売りかの世界です。

 

ということは、勝率にすると50%になるのではないか?

 

こう考える人もいるのではないでしょうか。

 

なぜ、9割もの人が負けるという偏りができてしまうのかというと、根本的に間違った考え方をしてしまうのが原因なんです。

 

その理由は間違った考え・行動をしているから

FXで負ける考え方をしているから勝てない負けている9割の人は、間違った考え方をしています。

 

間違った考え方のままFXを行ってしまえば、その考え方に伴い行動も間違ってしまいます。

 

簡単に言うと負けてしまう人は、「勝ちたい・儲けたい」という感情を優先して取引を行います。

 

一方の勝ち組は、「負けたい・損をしたい」という感情を優先して取引をしているんです。

 

勝ち組は正しい負け方を知っている

FXの勝ち組は上手に負ける方法を知っている勝てるトレーダーは、なぜ勝ち続けることができるのかと言うと、取引の引き際を見極めているからなんです。

 

例えば負けているトレーダーにありがちな特徴として、相場が自分の思惑と反対に動いてしまったとしても、損をしたくないためその後に「また上がるだろう」と、そのままポジションを持ち続けてしまいます。

 

そしてその後も相場が下がり続け、結果的にロスカットになったり、大損してしまうのです。

 

しかし勝ち組は、相場が自分の思惑と反対に動いた場合、「ここまで下がったら損切りさせる」というポイントを決めています。

 

そのポイントまで来たら潔く決済してしまい、負けを確定させるのです。

 

そうすることで損失を最小限に抑えることができ、また新たなポジションで利益を狙っていきます。

 

これは勝つか負けるかの大きな原因ではありますが、負けてしまう理由はこれだけではありません。

 

 

これから負けてしまう人の特徴について、もう少し詳しく紹介していこうと思います。

 

豊臣 秀吉 疑問
僕もよく負けることがあるんだけれど、イマイチその原因がわからなかったんだよねえ。

 

そもそも間違った考え方をしていることが大きな原因のようね。

でも具体的にどういう考え方や行動が間違っているのかを、詳しく知る必要があるわね。

秘書

 

FXで負ける人の5つの特徴

私が思う、FXで負けてしまう人の特徴は、大きく分けて以下の5つです。

 

  1. 感情や欲に任せている
  2. トレードスタイルを確立していない
  3. 資金管理をしていない
  4. 検証・改善をしていない
  5. 悩み事や考え事がある

 

もしこの中で、当てはまるものがあなたにもあるとするならば、改善させる必要があるので参考にしてみてください。

 

FXで負ける人は感情や欲に任せている

FXで負ける人は感情を上手くコントロールできないまず感情や欲に任せてトレードを行う人は、FXで勝ち続けることはできません。

 

私は感情や欲に任せてトレードを行う人を、「ギャンブルトレーダー」と呼んでいます。

 

つまり、ギャンブルのようにトレードを行なってしまうんですね。

 

損切りが遅い・利益確定が早い

FXで負ける人は損小利大ができていないFXでは損切りが遅くても、利益確定が早くてもダメです。

 

損小利大といって、損失は最小限に抑え、利益は最大限に伸ばすことが、FXでは重要なのです。

 

損切りが遅いと、必要以上に損失額を膨らませ、結果的に大きな資金を失うことになります。

 

逆に利益確定が早すぎると、まだ伸びしろがあり、もっと大きな金額になるはずの利益を、少なくしてしまいます。

 

どちらも非常にもったいないことです。

 

損切りが遅い、また利益確定が早くなってしまう原因は、感情や欲でトレードを行っているからです。

 

損切りが遅いというのは、「このまま待てば持ち直すだろう」と考えている、つまり損をしたくないという感情から来ています。

 

また利益確定が早いというのは、早く利益を確定させ、 儲けたいという、目先のお金にをかいてしまっています。

 

このようなトレードの仕方は、負け組や初心者にありがちなことなんです。

FXのおすすめツール
知識不要!勝率&利益UPする無料のテクニカル分析ツール4選【おすすめ】

続きを見る

 

ポジションを持ちまくる

FXで負ける人はとにかくポジションを持てば良いと思っている相場が自分の思惑とは反対に動いてしまったとき、「このまま持ち続ければ回復するだろう」と考える場合、ポジションの量が多いとどういう事が起きるでしょうか。

 

そう、ポジションの量が多いということは、それだけ損をしたときの金額も膨れ上がってしまうということです。

 

ポジションを大量に持ったまま損失が出てしまうと、一発で全資金を失ってしまうこともあります。

 

また不安や焦りから、常にポジションを持っていないと落ち着かないという人がいます。

 

無駄にポジションを持ってしまうと、上記のようなリスクが常につきまといます。

 

これも不安や焦りといった、感情に負けたトレードです。

 

このように無駄なポジションを持ち続けてしまうことをポジポジ病と呼び、これも自ら負ける環境を作ってしまっているということです。

 

熱くなりやすく、冷静でいられない

FXで負ける人はカッとなりやすい取引で負けてしまったときにカッとなり、すぐに取り返そうと考え、きちんとした分析や売買ポイントも決めずにポジションを持ってしまうのも、負ける原因です。

 

負けてしまい悔しい気持ちは分かります。

 

誰でも損失が出たときは良い気分ではありませんよね。

 

しかし冷静さを失っては、せっかく良いトレード手法や分析手法を知っていても、正しい判断ができなくなってしまいます。

 

冷静になれないことは、自分の持っている実力を発揮しきれない原因にもなってしまうのです。

 

また負けるたびにいちいち熱くなっていては、疲れてしまうのではないでしょうか。

 

長く取引を続けるためには、常に冷静に、淡々と取引ができるという状態を作らなければなりません。

 

豊臣 秀吉 溜息
感情に負けたって良いじゃない、人間だもの・・・。

 

気持ちはわかるけど、それじゃあ勝ち組にはなれないわよ!

あなたが行いたいのはギャンブル?それとも投資?

もう一度よく考えてみましょう。

秘書

 

FXで負ける人はトレードスタイルを確立していない

FXで負ける人はなんとなく取引をしている自分がどんなトレードスタイルで行くのか、またどんな分析方法を使うのか、などのトレード手法が確立されてないままトレードを行うと、負けてしまいます。

 

ただがむしゃらにトレードをするだけでは、勝つことはできません。

 

4つのトレードスタイルのどれにするか決めていない

FXで負ける人はどんな投資方法があるのか知らない、あるいは興味がないスキャルピングデイトレードスイングトレード・長期トレードの、どのトレードスタイルで行くのかを決めていなければ、狙える利幅や1回のトレードにかける時間なども分かりません。

 

また、どのトレードスタイルが自分の生活習慣や性格に合っているのかがわからないと、ベストな方法でトレードをすることもできません。

 

スキャルピングは数十秒~数分でトレードを完結させる超短期売買です。

 

狙える利幅は最も少ないですが、同時に最もチャンスを多く狙える手法でもあります。

 

デイトレードは数分~数時間でトレードを完結させる最も一般的な手法です。

 

狙える利益はスキャルピングより大きい分、チャンスは少し少なくなってしまいます。

 

スイングトレードは数日間~数週間にかけてトレードをする中期的な投資です。

 

狙える利幅が大きいですが、長期的なトレンドを見極める必要があります。

 

長期トレードは数ヵ月以上ポジションを保有し続ける長期投資です。

 

狙える利幅は他のトレードスタイルと比べて最も大きく、副業としてFXを行うときにも向いています。

 

ただしポジションを保有し続ける忍耐力が必要となり、またファンダメンタルズ分析も欠かせません。

 

この中のどのトレードスタイルでいくのかを決めなければ、正しいトレードの仕方もできないままになってしまうということですね。

 

自分の得意な分析方法を持っていない

FXで負ける人は相場の分析をしないFXを行う上で相場の分析は必須ですが、自分の得意な分析方法を持っていないと不利になります。

 

例えばスキャルピングやデイトレードは、テクニカル分析を必ず使います。

 

スイングトレードや長期トレードになると、ファンダメンタルズ分析も必要です。

 

また、理想はこの2つの分析手法を使いこなせるようになることです。

 

分析もしないでトレードを行うのであれば、それもギャンブルトレードと言ってよいでしょう。

 

何も分析せずに運だけで勝ち続けられるほど、FXは甘くありません。

 

勝ち組トレーダーはきちんと相場を分析し、勝てる根拠を持った上でトレードに臨むのです。

 

 

売買ルールを決めていない

FXで負ける人は売買のタイミングを決めていない売買ルールとは、新規注文と決済注文のタイミングの決まり事です。

 

  • こういう理由で今後、上がると予測できるから新規注文をする
  • こういう理由で今後、下がると予測できるから決済注文をする

 

このようにトレードを行う際は、理由づけが大切です。

 

また「このポイントに来たら新規注文をする」、「このポイントに来たら決済注文をする」といったように、ポイントを決めるのも一つの手です。

 

特に損切りを行う場合は、その損切りポイントを予め決めておくと、損失を最小限に抑えることができます。

 

このような売買ルールを持っていないのにトレードをするのなら、 それもまたギャンブルトレードです。

 

根拠のない取引を行うのは、負ける人の特徴なんですね。

 

豊臣 秀吉
なるほど、ただ何となく取引を始めてしまうのは良くないんだね。

 

もちろん!

FXで成功している人は、運だけで勝ち続けているのではないのよ。

秘書

 

FXで負ける人は資金管理をしていない

FXで負ける人は資金管理を怠っている正しい資金管理方法を知らないのも、負ける人の特徴です。

 

FXは大切なお金を育てるための投資です。

 

それなのに資金管理を行わないのは、FXを投資ではなくギャンブルとして見ているからではないでしょうか。

 

例えば、FXではロスカットにならない水準での取引をすることが重要です。

 

ロスカットされないためには、マージンコールが来た時点で証拠金を速やかに追加入金する必要があります。

 

これを行わないとロスカットされ、トレードから退場になってしまうのです。

 

またレバレッジを高く設定し、証拠金ギリギリでの取引を行うことも大変危険です。

 

証拠金ギリギリで取引を行ってしまえば、レートが少しでも下がればロスカットです。

 

そしてFXで大損や破産までしてしまう人は、生活費を投資に使っていることがあります。

 

FXは余剰金の範囲内で行うものです。

負けが続き余剰金がなくなったからといって、生活費にまで手を出してしまうと、私生活にも悪影響が出ます。

 

負け続けているのに生活費を投資に回しても、結局また負けて借金をしたり、最悪破産をしてしまう危険性があるんです。

 

FXで成功する近道は4stepの資金管理!勝ち組は知っている【2%ルール】
FXで成功する近道は4stepの資金管理!勝ち組は知っている【2%ルール】

続きを見る

FX資金管理ツール
FXの資金管理を劇的に効率化するツール2選!勝率や損益幅を一瞬で表示

続きを見る

 

豊臣 秀吉 怒り
さすがに僕も生活費に手を出すことは無いよ。

一生懸命働いて稼いだ大切なお金だもん。

 

それなら余剰金も大切にしましょう。

資金管理は成功するために必須だということを、覚えておいてね。

秘書

 

 

FXで負ける人は検証・改善をしていない

FXで負ける人は過去のトレードから学ぼうとしないFXで負ける人はトレードを振り返ったり、検証や改善を繰り返すということをしません。

 

負けているということはトレードに直すべきことがあるということです。

 

それにもかかわらず検証や改善をしないのであれば、いつまで経っても負けるトレードを繰り返すことになってしまいます。

 

勝率を調べないと優位性のあるルールを作れない

FXで負ける人は自分の勝率を知らないトレードを検証するにあたり大切なのが勝率です。

 

色々な手法を試して、どれが勝率が高いのかを調べる必要があります。

 

高い勝率のものを選ぶようにし、低い勝率のものはどんどん排除していきましょう。

 

そうすることで総合的に優位性のあるトレードルールを構築することができます。

 

損益比率を調べないと勝ちやすい・負けやすいところがわからない

FXで負ける人は自分の損益比率を知らないトレードを検証するにあたり、もうひとつ大切なものがあります。

 

それが損益比率です。

 

損益比率とは一回のトレードにおける勝ちと負けの割合のことです。

 

この損益比率を調べることで、自分が勝ちやすいポイント、また負けやすいポイントを知ることができます。

 

豊臣 秀吉 溜息
取引が終わった後って、面倒でなかなか振り返る気にならないんだよなあ。

 

甘いわよ!

さっきも言ったように、成功者は運だけで勝っているのではなく、こういった努力を怠らなかったから勝てるようになったの!

本当にFXで成功したいのなら、勉強や努力はすべきよ。

秘書 イライラ

 

FXで負ける人は悩み事や考え事がある

FXで負ける人は悩みを相場に持ち込んでいる悩み事があったり、他に考え事をしているとトレードに集中することができません。

 

FXは、精神面が非常に影響する投資方法です。

 

悩み事を持ち込んでFXを行うと、ほとんどが負けてしまいます。

 

特に、副業としてFXを行う人は、FX以外の時間の方が長いかと思います。

 

例えば会社員をやっている人ならば、会社での人間関係や仕事の悩み、主婦をしている方ならば、子育てや近隣住民との人間関係の悩みなど、生活の中で色々な悩みがあるのではないでしょうか。

 

そういった悩みを抱えたままFXを行ってしまうと、トレードに集中できず、また正しい判断もできずに負けてしまうのです。

 

悩みがある上にさらにFXで負けてしまうと、かなり精神的負担がかかります。

 

精神的負担が重くなりFXを行うと、また負けてしまいます。

 

このように悩み事があると、不のループに陥ってしまう危険性があるんです。

 

豊臣 秀吉 溜息
確かに会社に勤めていれば、色々悩み事ができるよね~。

考えたくなくても考えちゃうんだよね。

 

そういうときは、無理してFXを行わないという選択もアリよ!

精神的にも落ち着いてから、慎重に取引しましょう。

秘書

 

FXで負ける人から勝つ人へ!3つの改善方法

私が思うFXで負けないために大切なポイントは、以下の3つです。

  1. トレードスタイルを決める
  2. 損切りを徹底する
  3. 勝てるとわかるポジションだけを狙う

 

これを行うだけで、かなりトレードが改善されるはずです。

 

負けが続いて困っている方や、これからFXを始めるにあたり大失敗をしたくないという方は、参考にしてみてください。

 

自分の生活習慣や資金力を考慮し、トレードスタイルを決める

FXで負ける人はまずトレードスタイルを決めようデイトレードやスキャルピングで細い利益を積み上げていくのか、スイングトレードや長期トレードである程度ポジションを保有し、一度に大きな利益を上げるのか。

 

まずは、こういったトレードスタイルを決めることから始めましょう。

 

トレードスタイルを決めるときに大切なのは、自分の生活習慣や性格に合っているものを選ぶということです。

 

例えば、常にチャートを見ながら短期的に集中してトレードを行いたい場合は、スキャルピングやデイトレードが向いているでしょう。

 

反対にチャートに張り付かずのんびりと資産運用をしたい方には、スイングトレードや長期トレードが向いています。

 

またスキャルピングやデイトレードは、毎日チャンスを狙うことができるため、一回のトレードにおける取引数量を少なくし、 初期投資資金も抑えることができます。

 

しかしスイングトレードや長期トレードはある程度ポジションを保有し、1回におけるトレード時間が長いため、大きく稼ぐためには初期投資資金をある程度多く用意する必要があります。

 

こういった自分の資金力に合ったものはどれかということも、考慮するようにしてください。

 

当然資金力といっても、全財産のことではなく、余剰金の範囲内でということを忘れずに。

 

損切りを徹底し、利益よりも損失を抑えることを意識する

FXで負ける人は損切りを徹底しよう損切りの徹底は、勝ち組トレーダーになるための基本です。

 

あらかじめ損切りポイントを決めてからトレードするようにしましょう。

 

損失を最小限に抑えるのが、FXでの上手い負け方です。

 

また、損切り幅の目安はトレードスタイルによって異なります。

 

ですから損切りポイントを決める際は、下記の表を参考にしてみてください。

トレードスタイル損切り幅の目安
スキャルピング3~10pips
デイトレード10~30pips
スイングトレード30~150pips

勝てるとわかっているポジションだけを狙う

FXで負ける人は勝てる根拠があるときのみ取引するようにしようエントリーすれば利益になるとわかっているポジションだけを狙うようにしましょう。

 

もちろん利益になるとわかるためには、根拠を持つことが重要です。

 

なぜ今後レートが上がり(または下がり)勝てると思うのか、その根拠を明確に持てないのであれば、エントリーすべきではありません。

 

そしてその根拠を持つためには、やはり相場の分析が必要なのです。

 

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を駆使して、相場の分析をできるようにしましょう。

 

豊臣 秀吉
僕もまずは、この3つのことから始めてみるよ!

負け組から勝ち組に生まれ変わってやる!!

 

焦る必要はないから、じっくりと改善を重ねていきましょうね。

成功は一日にしてならずよ!

秘書 棒指し

「ルールに従って冷静に」がカギ

FXで負ける人は冷静に淡々と取引することを心がけよう先ほども説明したようにFXでは精神面が影響するため、常に冷静でいられることが重要となります。

 

冷静でいるためには、やはり優位性の高いトレードルールの構築が必要です。

 

「このルールに従ってトレードを行えば勝てる」というトレードルールに従えば、欲や感情に惑わされることなく、淡々とFXを行えます。

 

自分にとって優位性のあるトレードルールに従って、冷静にトレードを行うことがFXで成功するカギとなります。

 

いかに精神的負担を軽くするか、これもFXを行う上で非常に大切なんですね。

 

使いやすい・低コスト!初心者におすすめのFX会社3選

最後に、FX初心者に最適なおすすめのFX会社を3社紹介します。

 

1通貨4円から取引可能!少額から取引できる「SBI FXトレード」

SBI FXトレード
スプレッド
(米ドル/円)
スプレッド
(ユーロ/円)
スプレッド
(豪ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
SBI FXトレード
  • 取引通貨単位は業界最小の「1通貨」ドル円なら4円からOK
  • すべての通貨において業界最狭水準のスプレッドを提供中
  • さらに!1000通貨取引ならスプレッドがもっと狭くなる!

スプレッドは業界最狭水準かつ原則固定なので、低コストで取引が可能です。

1000通貨の取引なら、ドル円のスプレッドが0.09銭と他社と比べて非常に安く、少額トレーダーにはもってこいの口座です。

河野 裕
また、オリコンランキングの調査では92.7%が継続して使いたいと回答しました!

それぐらい低コストで使いやすいシステムを提供するFX会社ということですね!

 

FX取引高 国内第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 取引高8年連続 国内第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

さらに低スプレッド・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

 

取引結果をグラフ化!問題点を分析して改善できる「DMM FX」

DMMFX
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
DMMFX
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • トレード記録を自動で分析してくれる取引通信簿で実力UP
  • 29種類の豊富なテクニカルツールでライバルに差をつけるプレミアチャート

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

取引通信簿はトレードの損益や勝率、トレード内容を全てグラフ化してくれるので、FX初心者に特にオススメです。

取引通信簿で分析しながらトレードをできるので、大負けしにくく、コツコツ稼げるトレーダーになりやすいと言えます。

 

織田 信長
SBI FXトレード1通貨単位(ドル円なら4円)から取引ができるので、少額でFXの経験を積みたい人にオススメだ。

 

FXで負ける人の特徴 まとめ

  • FXでは9割の人が負けている
  • 負ける理由は間違った考え方・行動をしているから
  • FXで負ける人の特徴は大きく分けて下記の5つ
  • 1.感情や欲に任せている
  • 2.トレードスタイルを確立していない
  • 3.資金管理を行っていない
  • 4.検証や改善をしていない
  • 5.悩み事や考え事を取引に持ち込んでいる
  • 負ける人から脱出する方法は下記の3つ
  • 1.生活習慣や資金力からトレードスタイルを決める
  • 2.利益よりも損失を抑えることを意識する
  • 3.勝てるポジションだけを狙う
  • FXでは冷静に淡々と取引できる人間が強い

 

今回はFXで負ける人の特徴について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

もしこの記事を読んで、負ける人の特徴に当てはまるところがあれば、改善するようにしてください。

 

逆を言えば、負ける人の特徴に当てはまるということは、改善の余地が残されているということなので、諦めないでくださいね。

 

トレードの検証・改善を繰り返すことで、勝率を上げていきましょう。

 

勝ち組トレーダーは皆こういった努力をしてきたからこそ、FXで成功できたんです。

 

ですから、もしFXで負け続けているという状況が続いているのなら、まずは負ける人の特徴を一つずつ改善していくことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

あなたの投資活動が、成功するよう心より願っております。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
那須 祐介

那須 祐介

ライター兼デイトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。32歳。千葉県出身。 まずはプロのライターになるために脱サラし、2018年1月から修行を開始。FXトレードも兼業。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

-リスクと失敗

© 2020 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎