FXのナンピン手法は上手く使えば効率的!初心者は知らない2つの落とし穴

FXのナンピンとは?初心者向け図解あり

編集部おすすめの口座を見る

豊臣 秀吉 疑問

FXのナンピンってどんな仕組みなの?

ナンピンのメリット・デメリットが知りたい

ナンピンする際の注意点は?

 

FXの勉強をしていると良く出てくる「ナンピン」という言葉。漢字で「難平」と書きます。

 

ナンピンはうまく使えば効率的に利益を増加させることができる反面、失敗すると損失を増やす手法です。

 

今回は、FX初心者の方へナンピンがどういったものか、どんなメリット・デメリットがあるのか理解してもらおうと思います。

 

それではまず、ナンピンがどういった手法なのか解説しましょう。

FXのナンピンとは?

FXのナンピンとは、保有するポジションと逆方向に相場が動いて含み損が出た時にポジションの買い増す(売り増す)ことです。

 

例えば

買いポジションを保有しているとき、為替が下がっているにも関わらず、ポジションを買い増すのをナンピンといいます。

買い増しのナンピン

売りポジションを保有しているとき、為替が上昇しているにも関わらず、ポジションを売り増すのもナンピンです。

売り増しのナンピン

 

「ナンピン」といわれる理由

ナンピンとは漢字で「難平」と書き、難平には「ならす、平らにする、平均化する」という意味があります。

 

ポジションに含み損が出た時にポジションを増やせば、取得単価が平均化されるため「ナンピン(難平)」といわれるのです。

 

ナンピン投資のメリットは?

ひとつ目のメリットは、ポジションの平均取得単価を下げられることです。

 

例えば、1米ドル円=100円から90円まで下がった場合、ナンピンしなければ再び100円まで戻らないと含み損は解消されません。

 

しかし、90円でナンピンすれば平均取得単価が95円に下がるので、100円ではなく95円まで上がれば、より早いタイミングで含み損を解消できます。

時間分散投資とは
時間分散投資とは?投資に使われる常套手段の落とし穴と2つのコツ

続きを見る

 

ナンピン投資のデメリットは?

上記のように、ポジションの平均取得単価を下げて含み損を解消しやすくなるのがナンピンのメリットですが、次のような2つのデメリットもあるので注意してください。

 

デメリット①:大損のリスクが高まる

ひとつ目のデメリットは、ナンピンしても為替レートが不利な方向に進み続けると、より損失が膨らむことです。

 

なぜなら、ナンピンすればするほどポジションの保有量が増えるからです。

 

具体的には、ナンピンをしなければ1千ドルしか保有していなかったにもかかわらず、ナンピンしてポジションが1万ドルに増えると、損失はナンピン前の10倍の速度で膨らみます。

ナンピンのリスク

 

デメリット②:豊富な資金が必要

ナンピンはポジションをどんどん増やすために、豊富な資金が必要なのもデメリットです。

 

資金ショートしてしまうとナンピンできなくなるので、証拠金を使い切らないように計画的にしましょう。

 

証拠金総額をナンピン回数で割り、1回あたりのナンピン金額を計算するといいですよ。

FXで成功する近道は4stepの資金管理!勝ち組は知っている【2%ルール】
FXで成功する近道は4stepの資金管理!勝ち組は知っている【2%ルール】

続きを見る

 

ナンピンする際の注意点2つ

ナンピンするためには豊富な資金が必要なだけでなく、失敗するとより損失が大きくなるリスクがあるので、次の2つの注意点を解説します。

注意

トレンドに逆らわない

根拠をもってナンピンする

 

注意点①:トレンドに逆らわない

織田 信長
ひとつ目の注意点は、トレンドに逆らわないことだ。

 

その理由は、トレンドに逆らってナンピンしても、含み損を膨らませるだけだからです。

 

例えば、買いポジション保有時に、下降トレンドに逆らってナンピンしても、相場は下がり続けるので含み損はより大きくなります。

ナンピンのコツ

そのため、相場が上昇トレンドに転じるのを待ってから、ナンピンするのが大切です。

 

注意点②:根拠を持ってナンピンする

織田 信長
ナンピンするなら、徹底して根拠づけろ!

 

なぜなら、含み損を早く取り戻そうと焦ってナンピンし、損切になるケースが多いからです。

 

買いポジションを持ったのに下降トレンドに巻き込まれてしまったら、機械的に1円刻みなどでナンピンするのではなく、相場を分析して下がり切ったと判断できたタイミングでナンピンしましょう。

FXのおすすめツール
知識不要!勝率&利益UPする無料のテクニカル分析ツール4選【おすすめ】

続きを見る

 

ナンピンの効果的な使い方

ナンピンを効果的に使うにはタイミングが重要です。

 

なぜなら、上記の注意点で述べたように、ナンピンしてもトレンドが反転しなければ、含み損が解消しないどころか損失がより膨らむからです。

 

そのため、トレンドの転換点のナンピンなら、平均取得単価を最も下げられるだけでなく、含み損も解消しやすくなります。

 

ナンピンに向いているFX会社の特徴

ナンピンに向いた会社を選ぶコツ

豊臣 秀吉 疑問
ナンピンの注意点やコツは判ったけど、ナンピンしやすいFX会社なんてあるのかな?

ナンピンに最適なFX会社の特徴を2つ紹介します。

 

①:最低取引単位が少ない

ひとつ目は、最低取引単位が少ないFX会社です。

 

最低取引単位が少ないほうが、ポジションの買い増しに必要な証拠金が少なくてすみ、資金を圧迫されにくいからです。

 

SBI FXトレードなら業界唯一1通貨単位で取引できますが、そのほか、YJFX!!GMOクリック証券といった1,000通貨単位の口座を使っても良いでしょう。

秘書 棒指し

 

②:ロスカットラインが低い

ロスカットラインが低いFX会社のほうが、含み損が膨らんでもロスカットされにくいのでおすすめです。

 

ちなみにロスカットラインはFX会社によって異なりますが、先ほど紹介したSBI FXトレードYJFX!GMOクリック証券は証拠金維持率50%です。

 

ただしロスカットされると資金が半減してしまうので、ナンピンしても相場が好転しない時は早めに損切りするほうがいいですよ。

ナンピンがしやすくなる!高機能のおすすめFX会社!

分析機能が優れていて、ナンピンがしやすくなる、おすすめのFX会社を3社紹介します。

 

FX取引高 国内第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 取引高8年連続 国内第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

さらに低スプレッド・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

 

取引結果をグラフ化!問題点を分析して改善できる「DMM FX」

DMMFX
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
DMMFX
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • トレード記録を自動で分析してくれる取引通信簿で実力UP
  • 29種類の豊富なテクニカルツールでライバルに差をつけるプレミアチャート

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

取引通信簿はトレードの損益や勝率、トレード内容を全てグラフ化してくれるので、FX初心者に特にオススメです。

取引通信簿で分析しながらトレードをできるので、大負けしにくく、コツコツ稼げるトレーダーになりやすいと言えます。

 

1通貨4円から取引可能!少額から取引できる「SBI FXトレード」

SBI FXトレード
スプレッド
(米ドル/円)
スプレッド
(ユーロ/円)
スプレッド
(豪ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
SBI FXトレード
  • 取引通貨単位は業界最小の「1通貨」ドル円なら4円からOK
  • すべての通貨において業界最狭水準のスプレッドを提供中
  • さらに!1000通貨取引ならスプレッドがもっと狭くなる!

スプレッドは業界最狭水準かつ原則固定なので、低コストで取引が可能です。

1000通貨の取引なら、ドル円のスプレッドが0.09銭と他社と比べて非常に安く、少額トレーダーにはもってこいの口座です。

河野 裕
また、オリコンランキングの調査では92.7%が継続して使いたいと回答しました!

それぐらい低コストで使いやすいシステムを提供するFX会社ということですね!

 

織田 信長
SBI FXトレード1通貨単位(ドル円なら4円)から取引ができるので、少額でFXの経験を積みたい人にオススメだ。

 

FX初心者はナンピンを控えよう

FX初心者はなるべくナンピンを控えたほうがいいです。

 

なぜなら、ナンピンが習慣化すると損切りをしなくなり、失敗した時に大きな損失が出るからです。

 

コツコツ稼いだ利益をたった一度のロスカットで吹き飛ばしてしまう、コツコツドカンを起こすと、すぐにトータルの損益がマイナスになってしまいますよ。

 

FXのナンピンの仕組みとコツ まとめ

上記で紹介した「ナンピンの効果的な使い方」を実践すると、今後はナンピンの効果的な使い方が知りたいと悩まずにすみ、正しくナンピンできるようになります。

 

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ

  • FXのナンピンとは、ポジションに含み損が出た時にポジションを増やすこと
  • ナンピンはポジションの平均取得単価を下げ、相場が好転した時に含み損を解消しやすくなるのがメリット
  • 失敗すると損失をより膨らませてしまうので、ナンピンするタイミングには気をつけよう

「ナンピンしても相場が好転せず、さらに損失が膨らんだらどうしよう」と思う方もおられるでしょう。

そんな時は無理にナンピンせず、早めに損切りするのも大切ですよ。

FXのナンピンに関するQ&A

Q&A

答え

保有するポジションと逆方向に相場が動いて含み損が出た時にポジションの買い増す(売り増す)ことです。

つまり、1ドル=100円の買いポジションをもっているときに、為替が1ドル=99円になったら買いポジションを増やす行為です。

答え

長期的な視点で見たときに、保有ポジションの平均取得単価を下げることができます。

これは、時間分散投資とも呼ばれ損失リスクを軽減させる効果が期待できます。

答え

タイミングを間違えると大損するリスクがあること、分散させるだけの豊富な資金が必要になることです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
松岡 佳穂里

かほり

スイングトレードとバイナリーオプションでコツコツ少額トレードしています。

使っているFX口座は、GMOクリック証券・FXプライムbyGMO・YJFX!です。

京都の酒屋で働いたあと、ITベンチャーへ転職。

今はFXしながら、フリーランスの編集者として働いています。

-FX用語

© 2020 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎