FXスキャルピングの損益目安は?1日20pips稼ぐコツも解説

FXスキャルピングの目標pips
茶々 疑問

FXのスキャルピングの利確・損切り幅の決め方が知りたい

目標pipsを設定するときの注意点は?

毎日20pips稼ぐにはどんな計画がおすすめ?

といった悩みを解決できる記事になっています。

 

この記事で解説する「FXのスキャルピングの目標pipsの決め方」を理解すれば、FX初心者でも利確・損切り幅の目安が判るようになります。

 

なぜなら私もこの方法で、目標pipsを自分で決めて、計画的にスキャルピングで稼ぎたいという悩みを解決できたからです。

 

それではまず、スキャルピングの前提知識から復習しましょう。

【前提】FXのスキャルピングとはどんな取引手法か

FXスキャルピングは数pipsを積み上げる手法FXのスキャルピングは、数秒〜数分という短時間でエントリーと決済を繰り返して、小さな利益を積み上げて大きな利益を稼ぐ取引手法です。

 

茶々 疑問

その「小さな利益」って、具体的に何pipsなの?

と困っている方は多いと思いますので、次で詳しく解説します!

 

あわせて読みたい

fx スキャルピング
【FXのスキャルピング】取引のコツと口座凍結されないFX会社2選

 

FXのスキャルピングでは何pips取ればいいのか

FXのスキャルピングは、何pipsで決済すべきという決まりはありません。

 

一般的には1回の取引で5pipsまでの利確を狙うのが目安とされているものの、実際のトレードではFXの取引経験や資金量、相場の状況を考慮して決めましょう。

FXのスキャルピングで1pipsずつ利確したら何円稼げるのか

FXスキャルピングで1pipsを狙った例資金10万円とし、米ドル/円のスプレッドを0.3銭とすると、1pips稼ぐためには1.3pips(=1.3銭)の利確が必要になります。

それでは1回1pips利確するといくら儲かるのか計算してみましょう。

 

計算例

為替レートを1米ドル=100円とすると、10万円で購入できる米ドルは、【10万円÷100円=1,000米ドル】ですね。

そうすると1pipsの利確で得られる利益は、1,000米ドル×1pips=10円。

 

「たったの10円しか儲からないの?」と感じるかもしれませんが、塵も積もれば山となるんですよ!

1日に何円稼げるのか

FXスキャルピングの1日当たりのpips先述のように、1回1pipsの利確で稼げるのはたった10円ですが、取引を重ねるとどのくらいの利益になるのでしょうか?

 

損切り幅も同じく1pipsとし、勝率が60%、1日の取引回数を50回とすると、1日で得られる利益は、

【+10円×18回-10円×12回=100円です。

1日にコンビニのコーヒー1杯分の金額ですね。

 

この計算でいくと、1週間で500円、1ヶ月で2,000円、1年間で24,000円の利益になります。

1年間にささやかな旅行ができるくらいのお金は稼げるのがわかりますね。

 

FXのスキャルピングにおける諸条件の設定方法

FXスキャルピングのpips設定方法

茶々

スキャルピングは短時間の取引だから、どんな通貨ペアでも低リスクで稼げそうね!

と思っている方がいるかもしれません。

 

設定条件

  1. 取引する通貨ペア
  2. 利益確定ライン
  3. 損切りライン

 

しかしルールを決めずにスキャルピングしても不安定な取引になるので、上記の3条件をしっかり固めてから取引してください。

設定条件①取引する通貨ペア

まずは取引する通貨ペアを決めましょう。

 

スプレッドが小さくてある程度の値動きがある通貨ペアを選ぶといいですよ。

 

具体的には米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/ドルといったメジャー通貨がオススメです。

スプレッドが最安の米ドル円がおすすめ

FXスキャルピングは米ドル/円がpipsを稼ぎやすい上記のうちもっともオススメなのは米ドル/円です。

 

なぜならスプレッドが業界最安水準(0.3銭)なだけでなく、取引量が多く通貨の流動性が高いため突発的な動きが少ないからです。

 

また情報収集もしやすく、相場が読みやすいメリットもあります。

設定条件②利益確定ライン

次に利益確定ラインを設定しましょう。

 

先ほどの計算を踏まえるとさすがに1pipsだと利益が少ないので、3~10pipsを目安にしてはいかがでしょうか。

 

ちなみに損小利大のトレードをしてトータルの利益をプラスにするために、利確ラインは損切りライン以上の値幅で設定するのがコツです。

設定条件③損切りライン

3つ目の設定条件は損切りラインです。

 

なぜなら損切りを忘れるとたった一度の負けで大きな損失が出て、それまで頑張って稼いだ利益が台無しになる危険性があるからです。

 

茶々 悔しい

少し待てば戻るでしょ・・・

連勝記録を止めたくない・・・

 

と考えるのはやめて、利益確定ライン以下の値幅で設定してください。

 

FXのスキャルピングで目標pipsを設定する時の注意点3つ

FXスキャルピングでpipsを設定する際の注意点目標pipsを決めるときの注意点を3つ抑えておきましょう。

 

3つの注意点

  1. 金額ではなくpipsで設定する
  2. 無理に目標を達成しようとしない
  3. 日・週・月の目標を達成したらそれ以上欲張らない

 

茶々

少しでも稼ぎたいから、目安の中で最大の10pipsを目標にして頑張るぞ!

と意気込むのも大切ですが、上記の注意点を意識して頑張りましょう。

 

それぞれの注意点について、以下で詳しく解説します。

注意点①金額ではなくpipsで設定する

ひとつ目は金額ではなくpipsを基準として目標を設定することです。

 

その理由は金額を基準にすると欲や焦りが出やすくなり、無理な取引に結びつきやすいからです。

 

「1日◯千円稼ぐ」ではなく、客観的な基準であるpipsを基準にしてください。

注意点②無理に目標を達成しようとしない

2つ目の注意点は無理して目標を達成しようとしないことです。

 

焦って取引判断を早まると、取引の根拠が薄くなって利益を出しにくくなるからです。

 

相場の状況を常に冷静にとらえて、目標達成が厳しそうなら無理な取引は控えましょう。

注意点③日・週・月の目標を達成したらそれ以上欲張らない

3つ目の注意点は、一定期間の目標を達成できたらそれ以上取引しないことです。

 

目標達成後の取引は、気が緩んで損失を出してしまう可能性があるんです。

 

余計な負けを取り返そうとして泥沼にはまり、トータルの損益がマイナスになってしまうトレーダーもいるので気をつけましょう。

 

FXのスキャルピングで1日20pips稼ぐためのコツ

最後にFXのスキャルピングの目標設定例として、毎日20pips稼ぐ方法を紹介します。

 

利益確定ラインを5pips、損切りラインを5pips、勝率60%とすると、

【+5pips×20回×60%-5pips×20回×40%=20pips】

となるので、20回取引する必要があります。

 

FXスキャルピングで20pipsを狙うコツ

 

一方、利益確定ラインを10pips、損切りラインを5pips、勝率50%とすると、

【+10pips×8回×50%-5pips×8回×50%=20pips】

となるため、8回取引するだけで20pipsを達成できます。

 

このように勝率が低くても利益確定ラインを損切り幅より広く設定すれは、目標達成が早まることが判りますね。

FXのスキャルピングにおすすめのFX口座

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 取引高7年連続 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

低スプレッド(手数料が安い)・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

1通貨4円から取引可能!少額から取引できる「SBI FXトレード」

SBI FXトレード
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
SBI FXトレード
  • 1通貨から取引可能。ドル円なら4円から取引できる
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • ドル円スプレッドが1000通貨0.2銭、1万通貨0.27銭

スプレッドが業界最狭水準(原則固定:例外あり)なので、低コストで取引が可能。

1000通貨のドル円スプレッドが0.2銭と他社と比べて非常に安く、少額取引にオススメ。

オリコンランキングの調査で92.7%が継続して使いたいと回答!それぐらい低コストで使いやいシステムを提供するFX会社です。

 

FXスキャルピングの目標pipsの決め方 まとめ

上記で紹介した「FXのスキャルピングにおける目標pipsの決め方」を実践すると、今後はFXのスキャルピングの利確・損切り幅の決め方が判らないと悩まずにすみます。

 

またpips目標を決める際の注意点を踏まえて、スキャルピングで計画的に稼げるようにもなりますよ!

 

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

FXスキャルピングの目標pipsの決め方 Q&A

Q&A

答え3~10pipsを目安にするとよいでしょう。

特にまだ取引に慣れないうちは、5pipsまでを狙うのがよいかと思います。

答え利確ライン以下に設定しましょう。

利確・損切りが同じ値に設定されていると、トータルでプラスになりにくくなってしまうので注意してください。

答え利確を損切り幅より大きくすれば、取引回数が少なくても目標pipsを達成しやすくなります。

 

【例:目標20pipsの場合】

  1. 利確5pips、損切り5pips、勝率60%=取引20回で目標達成
  2. 利確10pips、損切り5pips、勝率50%=取引8回で目標達成

 

「とりあえず稼げるだけ稼ぎたい!」とルールを作らずに取引していると、たった一度の失敗でそれまでの利益を吹き飛ばしてしまう危険性があります。

 

そのためこの記事で紹介したpipsを基準とした利確・損切り計画の立て方を活用して、計画的に稼いでいきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
那須 祐介

那須 祐介

ライター兼デイトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。31歳。千葉県出身。 まずはプロのライターになるために脱サラし、2018年1月から修行を開始。FXトレードも兼業。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

-投資方法

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎 , 2019 All Rights Reserved.