FXスキャルピングで失敗しないテクニカル分析3つとオススメ便利口座

FXのスキャルピングテクニカル分析
豊臣 秀吉 疑問

FXのスキャルピングで使うべきテクニカル指標はどれ?

スキャルピングでテクニカル分析する時のコツや注意点が知りたい

テクニカル分析に強いFX会社はどこか教えて!

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「FXのスキャルピングにおすすめのテクニカル指標」を理解すれば、FX初心者でもテクニカル分析を上手に使いながらスキャルピングができるようになります。

なぜなら私もこの方法で、FXのスキャルピングにおけるテクニカル分析手法を身につけて、効率的にスキャルピングで稼ぎたいという悩みを解決できたからです。

それではFXのスキャルピングで使うべきテクニカル指標について紹介します。

 

FXのスキャルピングで使うべきテクニカル指標3つ

テクニカル指標にはとてもたくさんの種類があるので、どれを使えばいいのか判りませんよね。

ここでは数多くのテクニカル指標のうち、超短期売買といわれるスキャルピングで使うべきテクニカル指標を3つ紹介します。

テクニカル指標①ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、為替レートが収まる幅を確率で表したテクニカル指標です。

ボリンジャーバンド

20日移動平均線を中心として、上から順に+1σ、+2σ、+3σ、−1σ、−2σ、−3σのボリンジャーバンドが書かれます。

ちなみに「σ」はシグマと読み、統計学でいう「標準偏差」の意味です。

チャートの動きがバンド内に収まる確率は、次の通りです。

  • +1σから-1σの間=68.26%
  • +2σから-2σの間=95.44%
  • +3σから-3σの間=99.74%

 

使い方 ±2σのラインで逆張り

ボリンジャーバンドは、±2σにチャートがタッチしたら逆張りするのがおすすめです。

ボリンジャーバンド逆張り

なぜならチャートの動きが ±2σ以内に収まる確率が95%以上だからです。

具体的には、チャートが+2σに到達した場合には売りエントリーし、−2σに到達した場合には買いエントリーします。

このように逆張りすれば高確率でチャートが反転するので、利益が得やすくなりますよ。

FXのテクニカル指標ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドでトレンド確認!効果的な使い方と相性の良い指標

続きを見る

 

テクニカル指標②スローストキャスティクス

2つ目のおすすめテクニカル指標は、相場の売られすぎ・買われすぎを表す指標であるスローストキャスティクスです。

0〜100%の間を折れ線グラフが上下する形で表示されます。

スローストキャスティクスはストキャスティクスよりも反応が遅い分、ダマシにあいにくいのが特徴です。

使い方 80%以上で売り、20%以下で買い

スローストキャスティクスでの売買サインは、グラフが20%または80%のラインに達したときです。

ストキャスティクス

折れ線グラフが80%を上回ったら買われすぎなので売りエントリーし、20%を下回ったら売られすぎなので買いエントリーします。

ただし70%ラインで売りエントリーしたり、30%ラインで買いエントリーするトレーダーもいるので、目安には個人差があります。

 

テクニカル指標③RSI

RSIも上記2つと同様、相場の過熱感を折れ線グラフに表したテクニカル指標です。

スローストキャスティクスと同様0〜100%の間を上下する折れ線グラフで表現されます。

使い方 70%以上で売り、30%以下で買い

RSIは、70%以上に到達したら売りエントリーし、30%以下に到達したら買いエントリーすれば相場が反転して利益が出しやすいです。

rage-rsi-shuho

なぜなら70%を超えると買われすぎ、30%を下回ると売られすぎと考えるトレーダーが増えるからです。

なおチャートの予測精度を高めるためには、【ボリンジャーバンドとスローストキャスティクス】か、【ボリンジャーバンドとRSI】の組み合わせがおすすめですよ。

FXのRSI
【買い時・売り時がわかる】FXはRSIで勝てる!プロが使う手法3選

続きを見る

 

FXのスキャルピングでテクニカル分析を行う時の3つの注意点

テクニカル分析は相場を予想する力になってくれますが、うまく使わないと逆効果になる場合があるので注意してください。

注意点①テクニカル分析を過信しない

ひとつ目の注意点はテクニカル分析を過信しないことです。

その理由は、テクニカル分析で相場の動きを100%予測するのは不可能だからです。

テクニカル分析がエントリーのサインを出していても、サインとは逆方向の注文のほうが実際に多ければ、サインどおりには相場が動きません。

秘書
特に世界的ニュース発生時は、テクニカル分析が意味をなさないことが多いです。

 

注意点②テクニカル指標を同時に使いすぎない

テクニカル指標を同時に多用しすぎないことも大切です。

なぜなら、スキャルピングは短時間に反射的な取引判断を下す必要があるからです。

多くても、同時使用は3つまでにしましょう。

少しでも取引判断の精度を上げたい気持ちは判りますが、テクニカル指標が多すぎると、かえって混乱して取引判断に手間取ってしまいます。

 

注意点③短い時間足を使う

3つ目の注意点は短めの時間足チャートを使うことです。

その理由は、時間足が長いと数秒や数分単位の売買サインが読み取れないからです。

具体的には、1分足や5分足、長くても15分足を使ってください。

ただし、長期トレンドを把握するために、30分足や1時間足を組み合わせて使うのはトレードに効果的ですよ。

 

FXのスキャルピングで稼ぐ3つのコツ

「FXのスキャルピングで稼ぐにはどうすればいいの?」とお悩みの方に、スキャルピングで稼ぐ3つのコツを紹介します。

コツ①スキャルピングに適した通貨ペアで取引しよう

通貨ペアによって向き不向きがあるので、スキャルピング向きの通貨ペアを選びましょう。選ぶ際の基準としては、次の4点に注目するといいですよ。

 
  • 取引量が多い
  • 値動きが大きい
  • 値動きが読みやすい
  • スプレッドが低い
織田 信長 笑顔
具体的な通貨ペアとしては、米ドル円やポンド円がおすすめだ。

ポンド円は値動きが大きいうえに相場の動きが読みにくいので、初心者なら米ドル円から始めるのが良いだろう。

 

コツ②ニューヨーク市場のオープンを狙おう

アメリカのニューヨーク市場がオープンする時間帯を狙うのもコツです。

日本時間:21時~24時すぎ

その理由は、世界最大規模の為替市場が開くと、取引が活発になり相場の変動が大きくなるからです。

茶々 笑顔
サラリーマンなら仕事が終わった後、主婦なら家事が落ち着いたタイミングがチャンスといえます。

 

コツ③損切りを徹底しよう

3つ目のコツは損切りを徹底することです。

なぜなら小さな利益を積み上げるスキャルピングにおいて、損切りができなければ「利小損大」のトレードになり、トータルの損益がマイナスになるからです。

スキャルピングは、ポジションの保有時間が短いですが「多少待っていればすぐ戻ってくるだろう」と軽い気持ちでポジションを塩漬けすると痛い目を見るので注意してください。

大きな金額だと冷静な判断ができなくなる

 

FXのスキャルピングでテクニカル分析向けのFX会社の選び方

それではテクニカル分析をしながらスキャルピングがしやすいFX会社は、どのように選べばいいのでしょうか。

次に2つの選び方を紹介します。

選び方①スプレッドが低く約定力が高いか

ひとつ目は、スプレッドが低く、約定力が高いFX会社を選ぶことです。

なぜならスプレッドが低ければ取引回数が多くてもコストを抑えられて、利益を圧迫されずに済むからです。

また約定力が高ければ、相場の変動が激しくても狙いどおりの価格水準で注文が通るため、快適に取引できますよ。

 

選び方②スキャルピングが禁止されていないか

秘書
スキャルピングそのものがFX会社によって禁止されていないかどうかもポイントです。

スキャルピングが禁止されているFX会社でスキャルピングを行うと、最悪の場合、口座が凍結され取引ができなくなります。

スキャルピング、つまり、短時間に大量の取引を繰り返す行為についてどういう決まりがあるのかFX会社の取引約款を確認してから取引してください。

 

テクニカル分析に優れ、スキャルピングも可能なFX会社

最後に、テクニカル分析に長けていてスキャルピングも公認されているFX会社を紹介します。

 

1通貨4円から取引可能!少額から取引できる「SBI FXトレード」

SBI FXトレード
スプレッド
(米ドル/円)
スプレッド
(ユーロ/円)
スプレッド
(豪ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
SBI FXトレード
  • 取引通貨単位は業界最小の「1通貨」ドル円なら4円からOK
  • すべての通貨において業界最狭水準のスプレッドを提供中
  • さらに!1000通貨取引ならスプレッドがもっと狭くなる!

スプレッドは業界最狭水準かつ原則固定なので、低コストで取引が可能です。

1000通貨の取引なら、ドル円のスプレッドが0.09銭と他社と比べて非常に安く、少額トレーダーにはもってこいの口座です。

河野 裕
また、オリコンランキングの調査では92.7%が継続して使いたいと回答しました!

それぐらい低コストで使いやすいシステムを提供するFX会社ということですね!

 

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMM FX」

DMMFX
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
DMMFX
  • FX口座数 国内第1位! (ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • トレード記録を自動で分析してくれる取引通信簿は資金管理をサポート

DMM FXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で75万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

取引通信簿はトレードの損益や勝率、トレード内容を全てグラフ化してくれるので、FX初心者に特にオススメです。

取引通信簿で分析しながらトレードをできるので、大負けしにくく、コツコツ稼げるトレーダーになりやすいと言えます。

 

FX取引高 国内第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 取引高8年連続 国内第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

さらに低スプレッド・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

織田 信長
SBI FXトレード1通貨単位(ドル円なら4円)から取引ができるので、少額でデイトレードの経験を積みたい人にオススメだ。

 

FXのスキャルピングにおけるテクニカル分析のコツ まとめ

いかがでしたでしょうか?

紹介した「テクニカル分析を使いながらスキャルピングをするコツ」を実践できれば、今後はFXのスキャルピング取引の売買判断に悩まずにすむでしょう。

それでは最後にまとめです。

 
  • FXのスキャルピングでは、ボリンジャーバンドやスローストキャスティクスといったオシレーター系」のテクニカル指標が有効
  • 短時間で的確な取引判断をするためには、同時に多くを使いすぎないのがコツ
  • テクニカル分析に強くスキャルピングも公認のおすすめFX会社はGMOクリック証券FXプライムbyGMO

「スキャルピングのような早いトレードで、テクニカル分析なんてできるの?」と最初は思うかもしれません。

素早く売買サインを見つけて発注するコツを身につければ、少しずつ上達するので頑張ってください!!

FXのスキャルピングにおけるテクニカル分析に関するよくある質問

Q&A

答えボリンジャーバンド、ストキャスティクス、RSIがオススメです。

スキャルピングはダマシシグナルが多いので、トレンド系やオシレーター系指標と組み合わせて使いましょう。

答えチャートの使いやすさなら「GMOクリック証券」のプラチナチャート+が高性能で使いやすいです。

答え分析指標を表示させすぎないこと、短時間足でトレードすることです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
松岡 佳穂里

かほり

スイングトレードとバイナリーオプションでコツコツ少額トレードしています。

使っているFX口座は、GMOクリック証券・FXプライムbyGMO・YJFX!です。

京都の酒屋で働いたあと、ITベンチャーへ転職。

今はFXしながら、フリーランスの編集者として働いています。

-FXの手法

© 2020 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎