FX初心者がスプレッドを「原則固定」「最狭幅」の2軸で選ぶべき理由

FX初心者のスプレッド選び方
豊臣 秀吉 疑問

FXのスプレッドって?

初心者に最適なスプレッドは?

スプレッドが低いFX会社は?

 

といった悩みを解決できる記事になっています。

 

この記事で解説する「FXのスプレッドの仕組み」を理解すれば、FX初心者でもスプレッドが計算できるようになります。

 

なぜなら、私もこの方法で、低スプレッドのFX会社を探して取引を始めたいという悩みを解決できたからです。

 

それでは、以下で「スプレッドの仕組み」について紹介します。

 

FXのスプレッドって何?

スプレッドとは、売値と買値の差額をいいます。

 

具体的にFX会社の取引画面でいうと「ASKとBIDの差額」です。

 

つまり、売りエントリーと買い決済(または買いエントリーと売り決済)を瞬時に行った場合に差額が発生し、その差額はFX会社に支払う実質的な手数料というわけです。

 

なお、スプレッドが小さいほど、トレーダーの利益が削られずに済むので、ひとまずスプレッドが低いFX会社を選べばよさそうですね。

 

スプレッドとは?
【1分で理解】FXのスプレッドとは?仕組みとお得にFXをする方法

続きを見る

 

FXの初心者が選ぶべきスプレッドとは?

初心者は、以下の2種類のスプレッドを選びましょう。

  1. 原則固定のスプレッド
  2. 最狭水準のスプレッド

 

原則固定のスプレッドの仕組みと、最狭水準のスプレッドとは具体的にいくらなのかについて、以下で詳しく見ていきましょう。

 

⑴原則固定のスプレッド

取引タイミングや、相場観がまだ掴めない初心者には原則固定制がおすすめです。

 

その理由は、スプレッドが広がって取引コストが膨張するリスクを防げるからです。

 

それでは、原則固定と変動制はどう違うのか、以下で詳しく見ていきましょう。

 

原則固定と変動制の違いってなんですか?

 

原則固定の仕組み

原則固定とは、スプレッドは原則として変動せず、提示された幅で継続的に取引できる制度です。

 

現在、国内のFX会社ではこの原則固定制が主流です。

 

注意

次のばあい、例外的にスプレッドが広がるので注意してください。

  • 要人発言や経済指標が発表されて相場の変動が大きいとき
  • 日本時間朝など、取引量が減って流動性が下がったとき

 

変動制の仕組み

変動制だと、スプレッドが固定されておらず、常に変動します。

 

原則固定よりもスプレッドが一時的に安くなる時はあるものの、コスト負担が不安定になるので、初心者にはおすすめしません。

 

現在、国内のFX会社で変動制を採用しているのはYJFX!の「C-NEX」ですが、2019年11月8(金)をもってサービス終了が予定されているため、ほぼ全ての国内FX業者が原則固定になる見込みです。

 

⑵最狭水準のスプレッド

スプレッドの差は意外とコストになっているので、ひとまず最狭水準のFX会社を選んでおくのが無難です。

 

なぜなら、取引回数が増えるほどスプレッドの負担が大きくなるからです。

 

秘書
そこで、スプレッドが変わると、どれくらいトレーダーの負担が変わるのかを試算してみましょう。

 

スプレッド0.3銭のケース

スプレッド0.3銭は、米ドル円の通貨ペアの業界最安水準です。

 

1米ドル円=100円、取引数量を1万米ドル、取引回数を1日1回とすると、

 

1日あたりのスプレッド負担は、1万米ドル×0.3銭=30円です。

 

1ヶ月を20営業日とすると600円


1年を240営業日とすると7,200円になります。

 

豊臣 秀吉
年間で7,200円なら、あまり気にならないレベルだね

 

スプレッド1.0銭のケース

秘書 棒指し
スプレッド1.0銭だと、スプレッド負担は0.3銭のケースと比べて以下のように増えます。

 

1日=1万米ドル×1.0銭=100円

1ヶ月=100円×20日=2,000円

1年=100円×240日=24,000円

 

毎月2,000円、1年間で24,000円もかかるので、そろそろ気になってくる頃ではないでしょうか。

 

スプレッド2.0銭のケース

スプレッド2.0銭だと、スプレッド負担は1.0銭のケースの2倍になります。

 

1日=1万米ドル×2.0銭=200円

1ヶ月=200円×20日=4,000円

1年=200円×240日=48,000円

 

毎日200円かかる時点で「コーヒー2杯分も取られるんだ!」と感じますよね。

 

毎月だと4,000円、1年間で48,000円もかかるので、いかにスプレッドの低さが大切かがわかります。

 

【注意】スプレッドが広がる時間

①日本時間早朝

日本時間早朝(朝5時〜7時頃)は、世界的に取引量が減って流動性が低下するので、スプレッドが広がる傾向にあります。

 

この時間帯はスワップポイントが付与されるタイミングでもあるので、スワップ狙いでポジションを持ち越す場合は、スプレッドの拡大に注意して決済してください。

 

②要人発言や経済指標が発表された時

要人発言や重要度の高い経済指標が発表される前後もスプレッドが広がる可能性が高いので、取引は控えたほうが無難です。

 

FX会社が公表している「経済指標カレンダー」を見れば、イベントが一覧できるので、前もって確認しておき、スプレッドが広がりそうな時間帯は取引を控えましょう。

 

低スプレッドのおすすめFX会社

FX初心者だからこそ、余計なコストはかけず投資に専念したいですよね。

 

数銭のスプレッドだと思って、侮るなかれ。最初の口座選びでその後の利益に差が出てしまいます。

 

織田 信長 笑顔
初心者は原則固定!最狭スプレッド!の口座を選ぶんだな!

 

1通貨4円から取引可能!少額から取引できる「SBI FXトレード」

SBI FXトレード
スプレッド
(米ドル/円)
スプレッド
(ユーロ/円)
スプレッド
(豪ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
SBI FXトレード
  • 取引通貨単位は業界最小の「1通貨」ドル円なら4円からOK
  • すべての通貨において業界最狭水準のスプレッドを提供中
  • さらに!1000通貨取引ならスプレッドがもっと狭くなる!

スプレッドは業界最狭水準かつ原則固定なので、低コストで取引が可能です。

1000通貨の取引なら、ドル円のスプレッドが0.09銭と他社と比べて非常に安く、少額トレーダーにはもってこいの口座です。

河野 裕
また、オリコンランキングの調査では92.7%が継続して使いたいと回答しました!

それぐらい低コストで使いやすいシステムを提供するFX会社ということですね!

 

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMM FX」

DMMFX
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
DMMFX
  • FX口座数 国内第1位! (ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • トレード記録を自動で分析してくれる取引通信簿は資金管理をサポート

DMM FXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で75万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

取引通信簿はトレードの損益や勝率、トレード内容を全てグラフ化してくれるので、FX初心者に特にオススメです。

取引通信簿で分析しながらトレードをできるので、大負けしにくく、コツコツ稼げるトレーダーになりやすいと言えます。

 

FX取引高 国内第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 取引高8年連続 国内第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

さらに低スプレッド・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

 

FX初心者のスプレッド比較方法 まとめ

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

 

  • FXのスプレッドとは、通貨ペアの売値と買値の差額をいい
  • スプレッドとはトレーダーがFX会社に支払う実質的な手数料
  • スプレッドには原則固定と変動制があり、取引コストを抑えて取引するためには原則固定がおすすめ
  • 日本時間早朝やイベント発表時にはスプレッドが広がる時があるので要注意

 

「とにかくスプレッドが低いFX会社ならいいの?」と思うかもしれませんが、愛着や取引ツールの使い勝手などを全体評価したうえで、少しでも低スプレッドのFX会社を使うようにするといいですよ。

 

FX初心者のスプレッド選び方 Q&A

Q&A

答え

FXのスプレッドとは、売値と買値の差額をいいます。

具体的にはFX会社の取引画面における「ASKとBIDの差額」です。

スプレッドはFX会社に支払う実質的な手数料なので、スプレッドが小さいFX会社ほど、トレーダーの利益が削られずに済みますよ!

→詳しくは「1.FXのスプレッドって何?」で解説しています。

答え

初心者は以下の2種類のスプレッドを選びましょう。

①原則固定のスプレッド

②最狭水準のスプレッド

①はスプレッド拡大による取引コストの増加を防ぐためです。

②はスプレッド0.3銭を米ドル円の通貨ペアの業界最狭水準の目安としてください。

→詳しくは「2.FXの初心者が選ぶべきスプレッドとは?」で解説しています。

答え

スプレッドが低く、コストを抑えて取引したい方におすすめのFX会社は次の2社です。

①FX取引高が世界第一位の「GMOクリック証券」

②FX口座数が国内第一位の「DMMFX」

⇒詳しくは「4.低スプレッドのおすすめFX会社」で解説しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
松岡 佳穂里

かほり

スイングトレードとバイナリーオプションでコツコツ少額トレードしています。

使っているFX口座は、GMOクリック証券・FXプライムbyGMO・YJFX!です。

京都の酒屋で働いたあと、ITベンチャーへ転職。

今はFXしながら、フリーランスの編集者として働いています。

-FX基礎知識

© 2020 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎