6千万円がパーに!【FXで損失】資金の2%で損切りを

更新日:

FXで損失ばかり出してしまう人の特徴と対策

FXで損失ばかりしてしまう!

FXで損失ばかり出してしまう原因とは「FXを始めたはいいけれど、損失ばかり出してしまう」

「これからFXを始めようと思うけれど、どうしたら損失を抑えられるかわからない」

このようなお悩みはありませんか?

FXでは9割が負けると言われています。

勝ち続けられるのはたったの1割。

では、 損失が続く人と勝ち続ける人では、一体何が違うのでしょうか?

今回はそんなFXで損失が出てしまう理由や、勝ち組にシフトするために必要なことを紹介していきます。

また損失を出し、恐怖を味わった人の体験談も記載しますので読んでみてください。

FXで最悪の事態を避けるためにも、損失リスクの対策が非常に重要です。

FXで損失ばかり出してしまう原因は人間の心理にアリ!

FXで損失が出る原因は人間の心理に隠されているFXで損失を出してしまう理由は、損切りができないということが大きな原因です。

これは、特に初心者が失敗してしまう典型的なパターンでもあります。

では、どうして損切りができないのでしょうか?

実はその理由は人間の心理に隠されています。

プロスペクト理論について知っておこう

人間はもともとFXなどで損失をだしやすいようになっている人間の心理はもともと、損失を出すような選択をするようにできています。

この人間の欠陥を科学的に解明し、理論化したのが「プロスペクト理論」です。

プロスペクト理論は、「利益は確実に得たい」と思い、「損失はゼロにできる可能性があるなら、リスクを冒してでも回避したい」と思う理論のことです。

ここで、あなたが損失を出してしまいやすい体質かどうか実験してみましょう。

以下の2つの問いで、あなたならどちらを選ぶのか考えてみてください。

問1.

  • A:100%の確率で100万円手に入る
  • B:50%の確率で200万円手に入るが、50%の確率で何も手に入らない

問2.

  • C:100%の確率で100万円損をする
  • D:50%の確率で200万円損するが、50%の確率で損をしない

多くの人が選ぶのはAとD

FXで損失を出しやすい考え方選べましたか?

上記の問では、多くの人がAとDを選びます。

あなたはどうだったでしょうか?

もしAとDを選んだ場合、その考え方はFXで損失を出してしまいやすい考え方です。

人間は「利益は確実に得たい」と思い、また「損失はゼロにできる可能性があるなら、リスクを冒してでも回避したい」と思う生き物なんです。

「どうしても損失を出したくない」という気持ちが大きな原因

FXで損失額を膨らませる原因AとDと回答した方は、どちらも損失を出したくないという気持ちが優先してしまっているということです。

例えばこれをFXに当てはめて考えてみると、含み損が出ているのにも関わらず損をしたくないからといって、損切りせずに取引を続けてしまう、という行動に繋がります。

つまり損切りをしないことで、どんどん損失を膨らませて行ってしまいます。

FXで成功するためには、先ほどの問でBとCを選択できるようにならなければいけません。

つまり損失は最小限に抑えて、利益ができるだけ伸ばすという考え方が重要なのです。

FXとは
へぇ~。

人間はもともと、損をしやすい心理構造になってるんだね。

かなり意識して取り組まないと、なかなか変わらないそうだ!

そうね、まずは意識してみるということが大切よね。

FXは精神的な部分も鍛えていく必要がありそう。

FXは簡単

1万円でFXを行うと、どれくらいの損失になる?

1万円でFXを行った場合の損失の目安FXでは目先の利益よりも、損失をいかに抑えるかということが大切です。

FXで勝ち続けているトレーダーは、この考え方を徹底しています。

損失を最小限に抑えることで、トータルでプラスになるようにしているのです。

そこで実際に1万円でFXを始めたとすると、どれくらいの損失が出るのか、ある程度目処を把握しておきましょう。

1万円で米ドル/円を取引した場合の損失額

FXでは取引量と損失額が比例する?損失額は、取引量レートの値幅によって変わってきます。

以下はレバレッジ25倍で取引した例です。

取引量1通過の場合

レートの値幅損失額
1pips(1銭)1円
10pips(10銭)10円
50pips(50銭)50円
100pips(1円)100円

取引量1,000通貨の場合

レートの値幅損失額
1pips(1銭)10円
10pips(10銭)100円
50pips(50銭)500円
100pips(1円)1,000円

取引量1万通貨の場合

レートの値幅損失額
1pips(1銭)100円
10pips(10銭)1,000円
50pips(50銭)5,000円
100pips(1円)1万円

このように、取引量が多ければ多いほど、レートの値幅が大きければ大きいほど、損失額も大きくなっていきます。

例えば1万通貨で取引した場合だと、1円動けば損失額が1万円にもなってしまいます。

米ドル/円で1日1円もの値動きがあることはそんなに頻繁ではありませんが、ポンド/円のような値動きが非常に活発な通貨ペアでは、1日1円動くことも珍しくありません。

そのため取引する通貨ペアは、慎重に選ぶ必要があります。

まだ取引に慣れていない初心者のうちは、対円通貨ペアであり、取引量も2番目に多い米ドル/円がオススメです。

FXで破産
取引量が多いと、損失額もかなり大きくなるね!

身の丈に合った取引をするようにしないと!

まだ初心者のうちは、特殊な値動きをする通貨ペアでの取引は控えましょう。

損失リスクの管理は、かなりこだわって行ってね!

FXは簡単

FXの損失額はどれくらいまでいったら「大損」?

FXにおける損失の感じ方は人それぞれFXにおける大損が、どれくらいの損失額なのかということは人それぞれです。

損失額に対する感じ方や投資金額、リターンがどれくらい出ているかというのも人によって違うため、一概に〇〇円で大損、ということは言えません。

では、考え方を変えて、損失はどれくらいの範囲で抑えておくべきなのか、 ということを見てみましょう。

「2%ルール」重要な資金管理方法

FXで損失を抑えるための資金管理方法損失を抑えるための有効な資金管理方法として、「2%ルール」というものがあります。

これは「自己資金の2%までしかリスクを取らない」という方法です。

例えば100万円を投資資金とするならば2万円、10万円を投資資金とするならば2千円以内に損失額を抑えるということです。

自己資金の2%までに損失を抑えることができれば、金銭的にも精神的にもダメージは軽く済みますよね。

「一回の取引でいくら」というように金額を設定するのではなく、パーセンテージにすることで、どんな取引にも応用することができる資金管理方法です。

ぜひ、損失額が自己資金の2%を超えないレベルでの取引をしてみてくださいね。

FXって稼げるの?
確かにどれくらいが「大損」なのかは、定義が難しいよね。
私にとっては1万円でも大損よ~!

くやしいもの!

FXで負けて悔しい
FXとは
どれくらいが大損なのかよりも、損失をどれくらいに抑えるのかを明確にするべきなんだね!
FXの資金管理が重要な理由とは
FXの勝ち組は知っている【2%ルール】資金管理で勝率UP!

2018/07/24  

FXでは、利益にばかりフォーカスして、資金管理を怠ってしまう人がいます。そのようなやり方では、FXで勝ち続けることはできないでしょう。むしろ、損失額はどんどん膨らみ、最悪の場合退場となってしまう危険性さえあります。
勝てるトレーダーは、みな資金管理を徹底しています。すべてのトレードで勝つことよりも、損失額を最小限に抑えることが重要だと知っているからです。また自分のトレード記録をつけ、悪い所を改善することで勝率を上げています。ぜひこの記事を参考に、勝ち組を目指して下さい。

損失を抑えるために重要なFXのリスク3つ

FXで損失を抑えるために注意すべきリスクFXで損失を抑えるように取引をするためには、以下の3つのリスクに細心の注意を払いましょう。

  1. 高レバレッジ
  2. 24時間動く市場
  3. FX会社のシステムトラブル

高レバレッジはリスクも大きい!

高レバレッジによるFXは損失も大きいFXでは最大25倍までのレバレッジをかけることが可能です。

このレバレッジがあるおかげで、自己資金以上の取引をすることができますが、同時に大きなリスクでもあります。

例えば4万円の元手資金があれば、レバレッジ25倍で100万円分の取引をすることができます。

レートが4%プラスになれば4万円の利益になります。

ところがレートが逆に4%マイナスになってしまうと、4万円の損失になってしまいます。

そうなると、元手資金の全額が失われることになります。

レバレッジを3倍に抑えて取引した場合は、レートが4%プラスになれば4,800円の利益、4%マイナスだと4,800円の損失です。

レバレッジを抑えれば、得られる利益が少なくなる分、損失額も抑えることができます。

つまりレバレッジは、高く設定するほどリスクも大きくなるということです。

レバレッジとは?
レバレッジとは?意味を知らずにFXをすると破産のリスクもある?

2018/02/08    

レバレッジの本当の意味を理解せず、FXやビットコイン(仮想通貨)の取引をしていませんか?とても魅力的な仕組みなのですが、きちんと理解していないと損失を出してしまうこともあります…!レバレッジの意味や仕組み、リスクを一緒に確認していきましょう。

24時間動く市場は持越しリスクがある

FXのポジション持ち越しの際も損失リスクが大きいFXの市場は平日24時間いつでも開いていますが、時間帯によって参加する人や国が変わります。

例えばあなたが寝ている間に、取引している通貨の国で事件が起こる可能性もあります。

そうするとポジションを持ったまま翌日を迎える場合、相場の急変動によりロスカットされてしまうことも考えられます。

特に週末にポジションを持ち、翌週までまたぐ場合は2日分の時間があり、リスクも大きくなると言えます。

24時間いつでも取引ができるという手軽さはFXのメリットでもありますが、常に世界情勢の影響を受けるためリスクでもあるんです。

そのためポジションを持ち越す際は、十分な相場の分析が必要となります。

FXのロスカットは投資家の資金を守る仕組み
5分で理解ロスカットの仕組み!FXの勝ち組が実践する資金管理

2018/05/21  

FXのロスカットは、最低限の資金を守るための大切な仕組みです。この仕組みがあるからこそ、投資家は借金のリスクをおさえることができるんです。ですが、この仕組みがあるからと言って安心しきってはいけません。実は相場急変時などでは、ロスカットが間に合わないこともあります。
今回はこの仕組みを詳しく紹介していきます。結局は自分自身でリスク管理・資金管理ができるかどうかが重要です。堅実に取引をして、確実にレベルアップしてくことができれば、勝てるトレーダーになれますよ。

FX会社のシステムトラブルは回避不可能?

FX会社のシステム停止中にも損失リスクがあるFX会社のシステムは、100%完全なものではありません。

取引中にシステムトラブルが起き、システムがダウンしてしまうとその間は利用することができませんよね。

システムが復旧するまでにレートが大きく動いてしまったとすると、再開したときには注文したときと大きくズレた価格で約定してしまうという危険性があります。

FX会社のシステムトラブルについては、不可抗力のため回避のしようがありません。

複数の口座を持つことで、停止中のFX会社に変わり別のFX会社でレートを確認しておくことはできますが、取引をしてしまっている以上、復旧を待つしかないんですね。

FXのデメリット
リスクを無視した取引は厳禁!

徹底したリスク管理をして初めて勝てるようになるんだよ。

逆を言えば、もしリスク管理を徹底して行っているのなら、勝ち組の素質大ありよ!
FXのコツ

FXで損失を出した人の失敗談

FXで大きな損失を体験した人たちの証言

10年に一度の「トランプ相場」で約6,000万円の損失

「最大6000万円あった資産が残り200万円を切りました。今年はイケるかも、と思っていた矢先にドル高が進み、トルコリラがどんどん落ちて行って……ロスカットされないよう何度も資金注入しましたが、もはやこれまで。相続した遺産まで溶かしてしまった」

沖本氏がトルコリラに注目したのは、’13年のこと。金利だけで生活ができればとの考えから選んだ選択だった。

「50円台で90万通貨購入し、口座には1800万円入金しました。当時、一万通貨あたり一日80円スワップがついたので、一日7200円、年間270万円入る計算でした。ところが、大事なことを見落としていたんですね。トルコリラは’08年に90円台となって以降、下落し続けてきたという事実を」

リーマンショックで損切りできず、結果328万円の損失

あの悪夢のリーマンショックの日が近づいているとも知らず、私は大きな勝負ばかりに出て、損失があってもお金を動かしている感覚が鈍り、また取り戻せばいいやと楽観的でした。

そんな矢先にいきなり入ってきたニュースに頭が真っ白になり、損切りしなくては!と思ったのですが、時すでに遅しで、損切りするにももう諦めきれない金額がスクリーンに映し出されていました。

結局私は損切りができず、最終的にもうダメだ、これだけでも残れば良い方なんだと腹をくくり、損切りをし、結果失った金額は328万円となりました…。

1億7千万円儲けたトレーダーは損失額も莫大!

最近はほぼ早朝の時間帯しかやっていませんが、2013年は約1億1800万円、2014年も4800万円ほどの利益をあげることができ、これまでトータル1億7000万円ほどの儲けとなっています。

ただ、今年は2月に1800万円ほど損をしてしまいました。1~2月にあるキャンペーンがあってポンド/円をメインに売買していて、ポンド/円も、ドル/円と同じ感覚でエントリーしていたのが失敗でしたね。

そもそも自分なりのロスカットのルールもなかったのが災いしました。勉強代としては高かったですが、ロスカットの重要性、慣れない通貨ペアは触らないということを学びました。たまにくる大きな負けにどう対応するかが、今後の課題ですね。

(※NEVERまとめ【儲かるらしいだけでやるのは危険!FXで損した人たちの生々しい話】より引用。)

FXで破産
みんな大金を失っているね!

こうならないように、堅実なトレードを心がけないと。

うう・・・。

読むだけでお腹痛いわ・・・。

FXのロスカットで大損

損失ばかりのFXから脱出!トレードルールを作ろう

FXで損失を抑えるためにはトレードルールの構築が必要FXで損失を抑えて取引するためには、トレードルールの構築が必須です。

トレードルールさえ決めてしまえば、後はそのルールに従って淡々と取引を進めていくだけです。

なぜ、成功しているトレーダーが勝ち続けられるのかというと、みんなトレードルールを構築し、それを守っているからです。

トレードルールに従って取引をすれば、欲や感情に負けることもありません。

またトレードルールは1、2回の取引で構築できるものではなく、何回も取引を繰り返すことで優位性を高めていくものです。

損切りの徹底する

FXで損失を抑える最重要事項は損切りまずは損切りルールを決めましょう。

損切りしたくないといつまでも言っているようでは、勝てる投資家にはなれません。

FXでトータルでプラスを出すためには、損切りの徹底が重要です。

先ほども説明したように2%ルールを使うと良いでしょう。

含み損が元手資金の2%まで来たら、潔く損切りするようにしてください。

他にも、損切りルールの決め方はいくつか方法があります。

  • 金額で損切り
  • エントリーの根拠が崩れたら損切り
  • 一定の数値で損切り

しかしFXでは、総資金に対する割合で損切りするのが、最も正論だと言われています。

つまり2%ルールが、最も適切な方法だと言えるでしょう。

レバレッジを3倍に抑える

FXではレバレッジを抑えて損失額を軽減させるこれも先ほど紹介しましたが、レバレッジは高く設定するほどリスクも大きくなります。

そのため普段の取引ではレバレッジを1~3倍までに抑えておくことをオススメします。

3倍までだったらロスカットのリスクもかなり軽減され、損失が出たとしても一度に失う資金が少額で済みます。

明確に大きなトレンドが発生しているようなときに、どうしても勝負をかけたい場合でも5倍までにしましょう。

国内のFX会社では25倍までのレバレッジをかけることができます。

しかし現実には、勝ち組トレーダーでさえ25倍のレバレッジをかけて取引をする人はかなり稀だ、ということを覚えておいてください。

期待値の高いポジションだけを狙う

期待値の低いFXは自ら損失の原因を作っているようなもの期待値の高いポジションだけを狙うということも非常に大切です。

わざわざ期待値の低いポジションを狙う必要はありません。

むしろ期待値の低いポジションで、 大穴狙いをするようであれば、それはギャンブルトレードです。

ギャンブルのような取引で、勝ち続けている投資家を私は知りません。

成功しているトレーダーが「なぜ勝ち続けられるのか」を考えてみてください。

それは、長く続ければ利益になるとわかっているポジションだけを追っているからです。

つまりその取引に根拠を持って臨んでいるということです。

取引回数を無駄に増やしてしまうと、それだけリスクも大きくなります。

期待値の高いポジションだけを狙うことで、効率的に利益を上げられるようにしましょう。

自分に合ったFX会社を選ぶ

FX会社選びを適当に行うと損失の嵐に!FX会社選びも非常に重要です。

FXを始める際、FX会社に口座を開設する必要がありますが、これを適当に行ってしまうと失敗してしまう可能性が高くなります。

FX会社にはそれぞれ特徴があります。

スプレッドの狭さやスワップポイントの高さ、取引ツールの使いやすさやサポート体制など、総合的に自分に合っているところを選ぶということが大切です。

またそのFX会社の使いやすさを確かめるために、デモトレードを行うというのも一つの手です。

デモトレードだったらお金は一切かからず、本番の取引と同じ環境を体験することができます。

最初が肝心ですので、FX会社選びは慎重に行ってくださいね。

スプレッドとは?
FXのスプレッドの意味とは?数万以上の損失を出す前に知るべき知識

2018/02/28    

スプレッドとは、FXの実質的な手数料のこと。「手数料無料」と掲げているFX会社もあります。が、「スプレッド」という形で手数料が発生しています。0.3銭〜1銭という金額ですが、年間で見ると数万円の損失になる場合もあるので、要チェックです。

スワップポイントとは?
スワップポイントとは?FX初心者でも毎日利益を出せるって本当?

2018/02/03    

スワップ(swap)とは、一体どういう意味なのでしょうか。FXで言うスワップポイントとは、2国間の金利差を利用して稼ぐ方法。基本的に放置しているだけでお金が入ってくる仕組みです。もしかして、スワップポイントの利益だけで生活できちゃうかも!?

FX初心者にオススメの取引ツール
FX初心者も納得の取引ツール5選!自慢の長所と利用者の本音

2018/09/20  

FXを行うにあたり、取引ツールを使うことは必須です。
しかし初心者にとってはどんな内容のものがあるのか、 またそれらの使いやすさなど、わからないことが多いかと思います。
またお金がかかるのかどうかも気になるところですよね。
現在国内のFX会社では、優秀なものを扱っているところが大変多く、FX会社に登録すれば無料で使うこともできます。
今回は、無料でなおかつ初心者にとっても使いやすい取引ツールを、5つ紹介していきます。
実際に使った人の口コミも併せて参考にしてみてくださいね。

FXのデモトレードは練習に最適
【本番前にプロ並の力を!】FXのデモトレードですべきこと7選

2018/07/19  

FXを始めてみたいけど、いきなり資金を入れるのは怖い。そんなお考えはありませんか?確かにいきなり大切なお金を使うのは、ちょっと抵抗がありますよね。そんな方に打ってつけなのが、デモトレードです。FXの取引を練習するにはバッチリな方法ですよ!
また、デモトレードでは取引を体験できるだけでなく、ツールの使いやすさや、リスク管理について学ぶこともできます。失敗したとしてもお金を失うことがないので、慣れるまでどんどん練習しましょう。本番と限りなく近い環境で練習すれば、必ずレベルアップ!

FXの基礎知識を十分に学ぶ

FXの基礎知識を養い損失が出ない仕組みを考えよう取引を始める前に、基礎知識はしっかりと身につけておいてください。

現在はインターネットサイトや専門書などが、たくさん世に出ています。

インターネットサイトだったら無料ですし、専門書でも中古で買えばそんなにお金がかかるものでもありません。

基礎をしっかりと理解できていない状態では、FXで勝ち続けることはできません。

スポーツだってルールを知らなければ勝てませんよね。それと同じです。

またFX会社のセミナーに参加するのもおすすめです。

セミナーは初心者向けから上級者向けまで、幅広いトレーダーに対応しています。

無料で参加できるところも多く、会場セミナーだけでなくWebセミナーもあります。

投資のプロに教わることができるため、非常に勉強になりますよ。

ぜひ基礎知識をしっかり蓄えてから、FXを始めるようにしてください。

FXのメリット
優位性のあるトレードルール作りは、簡単ではない。

でも、毎日辛抱強く検証と改善を繰り返せば、勝てる糸口が見えてくるはずだよ!

最強のトレードルールで億トレーダーになっちゃいましょ~!

勝てるようになれば人生変わるわね!

FXで大儲け
FXのセミナーで正しい知識を得よう
プロの技術を学べる!初心者にオススメのFXセミナー5選

2018/09/14  

FXは専門用語が多く、自分で調べるのは時間がかかるし、大変な労力を使うし大変ですよね。
この最初の段階で億劫になってしまい、FXを諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。
そんな方には、FXセミナーに参加することをオススメします!
FX会社はFXのセミナーを開催していることが多く、講師もプロのため、非常に効率よく勉強できるんです!
初心者から上級者まで、幅広いトレーダーに対応しているため、自分のレベルに合ったものを受講することもできます。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

FXの税金は損失が出た場合どうなるの?

FXで損失が出た場合も確定申告をするとお得実はFXで損失が出た場合でも、確定申告をすることで節税することができるんです。

利益が出た場合は確定申告が必要となりますが、収支がマイナスの場合は「必ず確定申告をしなければならない」ということではありません。

しかし損失になってしまっていたとしても、確定申告をすると「繰越控除」というものを使うことができるんです。

繰越控除とは

FXで損失が出た場合は繰越控除で節税しよう繰越控除はFXで損失が出た場合、翌年以降の利益と相殺して課税対象となる利益額を少なくできる制度のことです。

例えば一年目に100万円の損失を出してしまったとします。

この年に確定申告をしておくと、翌年のプラス分と相殺することができます。

2年目に90万円の利益が出せたとすると、前の年の損失100万円と、 この年の利益90万円を相殺して、10万円のマイナスで確定申告をすることができるんです。

またマイナスであれば、税金の支払い義務はありません。

そのため、2年目の90万円の利益に対する税金も支払わなくて済むということになります。

この繰越控除は最大3年間適用され、 有効な節税方法となります。

損失が出ても必ず確定申告しよう

FXで損失が出た場合も確定申告をすることで不必要な出費を減らせるせっかく繰越控除という制度があるのですから、損失が出ても必ず確定申告をするようにしておきましょう。

FXはお金を増やすための投資です。

着実にお金を増やしていくためには、余計な出費はなるべく抑えましょう。

うまく節税することで、より効率的にお金を循環させることができます。

ちなみにFXを法人化すると、繰越控除は最大9年間まで可能になります。

FXの稼ぎ方
損失が出ても、確定申告をするとかなりお得!

節税をして上手く資産運用してね。

繰越控除なんて便利なものがあるんだから、使って損はないわ!

本気でお金を増やしていきたいのなら、こういった資金管理も重要よ。

FXのコツ
FXの税金
【FXの税金】税金を納めないと脱税に!スムーズな確定申告の仕方

2018/12/24  

FXを始めるにあたり、利益が出たときにかかる税金について考えたことはありませんか?FXでは一定以上の金額を稼ぐと、確定申告をし税金を納める必要があります。きちんと納税をしないと最悪の場合、逮捕・起訴されてしまうかもしれませんよ!

FXの損失 まとめ

  • FXでは損失を最小限に抑えるということが重要FXで損失を出してしまう原因は人間の心理にある
  • 目先の利益よりもいかに損失を抑えるかということが大切
  • 損失額は取引量とレートの値幅、レバレッジによって変わる
  • 損失額は自己資金の2%までに抑えよう
  • レバレッジは3倍までに抑えてロスカットを回避しよう
  • 損失ばかりのFXから抜け出すにはトレードルールが必要
  • FXで損失が出た場合でも確定申告をすると節税になる

今回はFXの損失について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

FXでは目先の利益よりも、損失をいかに抑えるかということが非常に大切です。

勝てる投資家は皆、この損失を抑えるということに重点を置いています。

そうすることでトータルで勝てるようにしているのです。

つまりFXで成功するためには、損失を最小限に抑えた上手な負け方が重要だということです。

勝ち方を考えることも良いですが、ぜひ一度上手な負け方ということも考えてみてくださいね。

上手な負け方をマスターしてこそ、勝ち組トレーダーの仲間入りを果たすことができます。

あなたのFXがより充実したものになるよう、心より願っております。

【一晩で2千万円の損失】FXの失敗談とプロが実践する3つのこと

2018/05/29  

FXについて調べていると、色々な失敗談が見受けられますよね。そんなものを見てしまうと、これからFXを始めようとしている方は怖くなってしまうと思います。確かにFXにはリスクはつきものですし、損を出してしまうこともあります。
しかしどんな凄腕トレーダーも、全ての取引で勝つということは難しいです。
大事なのはトータルで勝つということで、いかに損失を最小限におさえるかがカギとなります。損小利大の考え方ができない人が、大失敗をしてしまうのです。ではそうならないためには、いったい何が必要なのでしょうか?

関連記事

米雇用統計発表はFXのお祭り
初心者でも30分で7万円の利益!雇用統計は月に1度のFX祭り

アメリカの雇用統計は、FXで最大の経済指標と言われています。その影響力は凄まじく、世界中の投資家がチャンスを狙っています。雇用統計が発表された後30分間に1円以上の値動きをすることもあり、100万円以上稼ぐプロもいます。
もちろん、プロの方だけにチャンスがあるわけではありません。初心者の方でも、大きな利益を狙える可能性は十分にありますよ!そのためには有利な取引手法をマスターしなければなりません。この記事で紹介する手法を使いこなせるようになれば、きっと稼げるようになります。

のんびり資産運用ならスイングトレード
仕事しながら36万円稼げた!スイングトレードでのんびり副業FX

FXをしたいけど、普段は忙しいし、なかなか時間が取れない!そんなお悩みはありませんか?FXには様々なトレードスタイルがあり、中にはチャートに張り付かなくても十分に利益を狙える方法があるんです。それが今回紹介する、スイングトレードです。
スイングトレードは数日~数週間ポジションを保有し、1回の取引で大きな利益を出すことが可能です。スワップポイントを狙った運用も、これに該当します。スプレッドも気にすることなく、のんびりと資産運用がしたい方には、ピッタリの方法ですよ!

FXの始め方は簡単
【FX知識ゼロからの始め方】1万円用意して簡単5ステップ!

FXをしてみたいけど、始め方が分からない!そんなお悩みはありませんか?実はFXを始めること自体は凄くシンプルで簡単なんですよ。ただしもちろん、基礎知識や前提条件が必要ではあります。しかしこれも特別難しいことはなく、基本的には誰でも簡単に始めることができます。今回はそんなFXの始め方について、詳しく紹介していきます。FXで必要なものや覚えておくべき用語、基本的な仕組みを順を追って紹介しますので、この記事を参考にしてみてください。ぜひ順序良く投資活動を開始してくださいね!

sashine1
【FXの基本】指値注文を30秒で解説!成行・逆指値との違いは?

FXを始めてすぐ、注文方法に&# ...

FXで勝つためにはテクニカル分析が必須
FXはテクニカル分析が最重要?勝つために必要な2つのポイント

FXでは「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」という、大きく分けて二つの分析手法があります。
その中でもテクニカル分析は、視覚的に相場を判断することができ、初心者でも使いこなすことができれば、かなり勝率を上げることができます。
各国の経済状況や企業実績などを考慮せず、通貨の過去の価格、取引量、時間軸などから、未来の値動きを予想します。
この分析を使うことにより、過去の価格データを分析することができ、今後の価格がどのように推移していくのかを予想することができます。

-FX基礎

オススメFX会社

98%が無料セミナーに満足! 初心者が選ぶ「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
外為オンライン
  • 参加者の98%が満足する無料セミナーが有名で、FXの勉強に最適
  • 大損をせずに確実に利益を出したい、慎重派の初心者に人気
  • 高値安値」と現在のレートが一目で見れ、迷わず取引の判断ができる

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさが人気!

まずは外為オンラインでFXに慣れてから、他のFX会社に乗り換える人が多いのが特徴です。

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

YJFX!
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
YJFX
  • 通常の1/10の1000通貨(5,000円)取引ができる
  • スマホアプリが使いやすい!40万ダウンロード達成
  • 貰える利息(スワップ)が業界最高水準。利息収入狙いに最適

ヤフーグループのFX専門会社なので安心・安全!

低スプレッド(手数料)・高スワップが特徴で、どんな取引スタイルでも対応できるのが強みです。

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券
  • 取引高 世界第1位
  • 全通貨最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

取引ツールが使いやすく、分析ツールも充実しているので、プロのトレーダーに人気!

低スプレッド(手数料が安い)・高スワップなので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、最後はGMOクリック証券に落ち着くトレーダーが多いのが特徴です。

  • この記事の編集者
  • 最新記事
那須 祐介

那須 祐介

ライター兼かけだしトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。30歳。千葉県出身。 まずはプロのライターになるために脱サラし、2018年1月から修行を開始。最近になってFXトレードも兼業するようになる。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎 , 2019 All Rights Reserved.