ゴールデンクロスはFXの買いサイン!その使い方とだましの回避方法

FXのゴールデンクロス
茶々 疑問

ゴールデンクロスってなに?

どんな売買シグナルとして使えるの?

コツや注意点が知りたい!

こんな疑問はありませんか?

 

FXにはたくさんの専門用語がありますが、その意味がわからないと、勉強もはかどりませんよね。

特に相場分析を行うのに重要な言葉は、意味をきちんと理解しなければトレードで上手に活用できません。

 

この記事を読めば、ゴールデンクロスの意味や利点、活用する際のコツを理解できます。

 

結論

  • ゴールデンクロスは短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へ突き抜ける状態
  • 直近のトレンドが上昇に転じたと判断でき、買いのサインとなる
  • 他のテクニカル指標と組み合わせると分析精度が上がる

 

それでは、ますゴールデンクロスの基本的な意味から見ていきましょう。

ゴールデンクロスとは?

ゴールデンクロスは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へ突き抜ける状態です。

 

FXのゴールデンクロス解説

 

直近のトレンドが上昇に転じたと判断できるため、買いのサインとなります。

このゴールデンクロスが現れた場合、強い上昇トレンドが発生する可能性があります。

 

移動平均線を使ったテクニカル分析の中でも、視覚的にわかりやすいのが特徴です。

 

またゴールデンクロスとは逆に、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下へ突き抜ける状態を、デッドクロスと呼びます。

デッドクロスについて詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

FXのデッドクロス
デッドクロスはFXの売りサイン!MACDで分析精度を上げる方法

続きを見る

上昇トレンドのときに発生する

移動平均線の性質から、ゴールデンクロスは上昇トレンドで必ず生じます。

 

下落相場から上昇トレンドに転じた場合、チャートの下から実勢レート、短期移動平均線、長期移動平均線の順に並びます。

 

FXのゴールデンクロス発生例

 

そこから強い上昇に伴い実勢レートが一番上に行くと、それを追いかけるように短期移動平均線が上がり、長期移動平均線を上抜けるんです。

ゴールデンクロスの欠点

ゴールデンクロスはうまく使うと利益を伸ばしやすくなるものの、以下3つの欠点もあります。

 

  1. だましが多い
  2. 遅れてサインが出る
  3. レンジでは効果が薄い

 

それぞれの欠点について、詳しくみていきましょう。

だましが多い

ゴールデンクロスが現れても、必ず売買タイミングになるとは限りません。

 

なぜならだましと呼ばれる誤ったサインの場合もあるためです。

 

たとえば、ゴールデンクロスが出る前に買い、ゴールデンクロス後に売って利益にしようという流れがある場合、相場は一時的に下落します。

そうすると、ゴールデンクロス直後に買っても一時的な下落のタイミングとなってしまい、損失になる場合があります。

 

またゴールデンクロス後に、価格の上昇が続かず再び下降してしまうケースもあるので、注意が必要だよ。


人間の心理も影響する相場では、このようなだましが多いんだ!

明智 光秀

遅れてサインが出る

トレンド相場とはいえ、ゴールデンクロスが出てから取引しても、うまくいくとは限りません。

 

その理由は、ゴールデンクロスが価格上昇の終わりの場合もあるからです。

 

トレンドが弱い場合にこの現象が起こるケースが多く、上昇トレンドでゴールデンクロスが出てもそこが天井である恐れがあります。

そのため可能なかぎり伸び率が大きいトレンドを探すのがコツです。

レンジでは効果なし?

ゴールデンクロスはレンジ相場が不得意です。

 

それはレンジ相場でゴールデンクロスが出ても、大きなトレンドが発生しないからです。

 

ゴールデンクロスをサインとして取引しても、価格はレンジの上限で跳ね返され、小さな上下を繰り返します。

この場合多少の利益は得られるかもしれませんが、トレンド相場のような効果は期待できません。

 

茶々

そっか~。

レンジ相場を避けるのが、ゴールデンクロスを上手く利用するコツってわけね!

ゴールデンクロス時のトレードのコツ

直近の高値、安値も意識する

日足での直近の高値、安値も意識すると、より分析精度を上げられます。

 

ゴールデンクロスのトレンドの見極め方

 

たとえば、下がっていたレートの安値「2」が、安値「1」を上回り、さらに高値「a」を超えたとしましょう。

このとき相場は、上昇トレンドへ転換したと判断できるんです。

 

また下図のように、高値と安値の切り上げを繰り返しているときは、上昇トレンドを形成しています。

 

ゴールデンクロスのトレンドの見極め方2

 

レートが上方向へ向かっている場合は安値同士を線で結び、逆にレートが下方向へ向かっている場合は高値同士を線で結びます。

上記が3点以上の線で結ばれると、トレンドの信頼性が高いです。

相場状況に注意する

ゴールデンクロスを活かすためには、トレンドをいち早く見極める必要があります。

 

そのため、移動平均線のゴールデンクロスが発生する前に、トレンドになる根拠をそろえなければなりません。

 

上記で紹介したように、ゴールデンクロスにはだましとなるパターンも多くあります。

たとえば、レンジ相場では短期移動平均線が目先の動きに反応して長期移動平均線を抜くことがありますが、この場合相場に方向性はないためレンジを抜け出せません。

 

上手にトレードするには、他のテクニカル指標と組み合わせ、上昇トレンドになる強い根拠をそろえる必要があるんです。

ほかのテクニカル指標と組み合わせる

ゴールデンクロスを利用する場合、MACDを活用するとトレンドをいち早くとらえられます。

 

なぜならMACDは、移動平均線より早くゴールデンクロスを現すからです。

 

FXのゴールデンクロスとMACD

 

MACDは、12本移動平均線と26本移動平均線の差分の推移を示してくれるインジケーターです。

そしてこの差分がゼロになるタイミングが、ゴールデンクロスとなります。

 

MACDのゴールデンクロスが確認できたら、より強い根拠を持ってエントリーできるわね!

茶々

 

明智 光秀 棒指し

FXでは、エントリーの根拠が大切だよ。

移動平均線もMACDも視覚的に判断ができるから、初心者でも使いやすいはずだ。

ゴールデンクロス まとめ

上記で紹介した「ゴールデンクロスを使う際のコツ」を実践すると、今後はゴールデンクロス使用時のコツをつかめ、だましにあう可能性を抑えてトレードが行えます。

 

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

 

  • ゴールデンクロスとは短期の移動平均線が長期の移動平均線を上に抜ける状態で、買いのサイン
  • 「だましが多い」、「遅れてサインが出る」、「レンジ相場では効果が薄い」デメリットがある
  • MACDなど他の指標と組み合わせると予測の精度が高まる

 

「複数のテクニカル指標と組み合わせるなんて面倒だな」と最初は思うかもしれませんが、身につければだましを回避できるようになります。

どのテクニカル指標も相場を100%予想できるものではないので、組み合わせて分析の精度を上げましょう。

 

あなたの投資活動が成功するよう、心より願っております。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
那須 祐介

那須 祐介

ライター兼デイトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。31歳。千葉県出身。 まずはプロのライターになるために脱サラし、2018年1月から修行を開始。FXトレードも兼業。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

-テクニカル分析

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎 , 2020 All Rights Reserved.