【魔法の注文方法】逆指値が1分でわかる!具体例と活用方法【解説】

FXでは逆指値が重要

FX取引でまず、理解しておく必要があるのが注文方法です。

注文方法を理解せずにFX取引をはじめるのは、Lv.3のフシギダネでジムリーダー戦に挑むのと同じです!

もしくは、整理券を持たずにアイドルの握手会に行くようなものです!

何が言いたいかというと「無謀」ということです。(笑)

今回は、FX注文のなかで最重要といっても過言ではない逆指値注文について解説をしていきましょう。

「逆指値ってややこしくてよく理解できない…」

「なんでこんな注文があるの?」

「どういうときに使うの?」

こんな疑問を私、副業トレーダーの松岡が解説させて頂きます。

逆指値とは?

gyakusashine2

逆指値注文とは、文字通り指値注文と「逆」方向を指定する注文方法です。

つまり、自分のポジションや現行レートからみて、不利な方向へ注文を入れることを逆指値注文といいます。

これから買うときに高い価格、売るときに安い価格を指定するのは利益が減って不利ですよね?

「買い注文なら、現行レートより高い価格」

「売り注文なら、現行レートより低い価格」

を指定するのが逆指値注文です。

gyakusasine-tyumon

【ドル/円での例】

今現在、1ドル=101円だとします。

「100円で買ったドルを保有しているが、もし為替が下がるなら、もったいないけど99円で売ってしまおう!」と思い、1ドル=99円で逆指値注文を出します。

織田 信長 笑顔
損切注文としての重要性はこの後、じっくり解説していくぞ。

逆指値注文の活用方法

gyakusashine3

「なぜ、わざわざ利益を減らすような注文を出す必要があるの?」

ええ、ええ、その気持ちわかります。私もそうでした。

しかしながら逆指値注文とは、ひとたび使いこなせるようになれば、利益も増やし、損失も減らすことができる便利な注文方法なのです。

具体的に、どういった場面で逆指値を活用すればいいのでしょうか。

3つの場面を想定して、説明していきましょう!

損切注文として使う

損切り注文とは、損失を出して決済することです。

損失をだす注文=不利な注文なので、おのずと逆指値の注文を出すことになります。

損切注文の最大の役割は、損失の拡大を防ぐことにあります。

「1週間以内に決済注文を出すつもりだが、万が一に備えて損切注文を入れておきたい!」

そんなときは逆指値注文を出しておけば、安心です。

特に、24時間チャートを見ることができない副業トレーダーこそ役立ちます。

為替の値動きを見ていない間に、為替が損失方向へ変動しても損切注文を入れておけば大損をすることもありません。

songiri-tyumon2

FXの世界ではよく損小利大という言葉が使われます。

これは「損失を少なく抑えて、利益の割合を大きくする」という意味です。

FXで稼いでいるトレーダーは、必ずこの考え方を中心に取引をしています。

織田 信長
損失を出すと最初はショックだろうが、損失を少なくするためにも損切注文は重要かつ避けられない決済だ。
な、なるほどぉー!でも、損切りしないと更に大損しちゃうのか…これはかなり重要な注文方法になりそうだぞ…!
豊臣 秀吉 混乱

逆指値注文でどんどん損失を減らしましょう!

トレンドに沿って逆指値を使う

トレンドに沿って、逆指値を使うのはトレンドを追いかけて新規注文と決済注文を行う場合です。

どういうことか、例と図を使って確認していきましょう。

gyakusasine-tyumon3

【具体例】

現在1ドル=100円だとします。

どうやらチャートは上昇トレンドに乗っているようで、まだまだ為替価格は上がる見込みです。

こんなとき、逆指値で買って売れば利益が出ますよね。

注文方法は以下の通りとなります。

  • 新規注文:買い注文 1ドル=101円(逆指値)
  • 決済注文:売り注文 1ドル=103円(指値)
秘書 笑顔
初心者なら、こうやってトレンドに乗って利益をあげるのがいいと思うわよ。

ブレイクを狙って逆指値を使う

為替相場の流れには「トレンド」があります。

為替はある方向に動き出すと、しばらくはその方向に動き続ける特性があるからです。

FXでは、このトレンドを読むことが重要です。

もちろんトレンドは、いつまでも続く訳ではありません。

このトレンドが変わるタイミングを狙う時にも使えるのが逆指値です。

図と具体例を使ってみていきましょう。

gyakusasine-tyumon5

 

【具体例】

相場は下降トレンドで値動きしています。

そろそろトレンドが変わって、上昇トレンドになると予測します。

この場合、下記のような注文を出します。

  • 新規注文:1ドル=101円の買い注文(逆指値)

思惑通り、レジスタンスラインを超えて上昇トレンドに変わりました。

下記のように決済注文を入れます。

  • 決済注文:1ドル=102円の売り注文(指値)
豊臣 秀吉 疑問
あれ?これって損切りにもなるんじゃないの?
いいところに気が付いたな。そうだ、場合によっては損切り注文も兼ねることができるんだ。
織田 信長

逆指値注文 まとめ

gyakusashine4

逆指値について、理解できましたか?

それではこの記事のおさらいです。

  • 逆指値注文とは、現行レートや保有ポジションに対して不利になる注文のこと。
  • FXで最重要となる損切に使うことができる
  • トレンドに沿って、利益を得る注文方法としても使える。
  • トレンド転換期に、利益を狙う注文方法としても使える。

今回は、基本の注文方法である「逆指値注文」について解説してきました。

FXで利益を出し続けるには、なにがなんでも損切が不可欠です。

逆指値をしっかり理解して、素敵なFXトレードを行いましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
松岡 佳穂里

かほり

スイングトレードとバイナリーオプションでコツコツ少額トレードしています。

使っているFX口座は、GMOクリック証券・FXプライム・YJFX!です。

京都の酒屋で働いたあと、ITベンチャーへ転職。

今はFXしながら、フリーランスの編集者として働いています。

-注文方法

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎 , 2020 All Rights Reserved.