【FXの逆張り】初心者では勝てない?その理由と私が失敗した話

FXの逆張り
豊臣 秀吉 疑問

「逆張りってどんな手法?」

「エントリーのコツや注意点について知りたい」

「初心者でも勝てるの?」

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「逆張りのコツ」を理解すれば、FX初心者でも逆張りの勝率を高めることができます。

なぜなら私もこの方法で、初心者時代の負けを取り返したいという悩みを解決できたからです。

それでは、以下で逆張りの仕組みや注意点、またトレードのコツについて紹介します。

FXの逆張りとは?

FXの逆張りの内容逆張りとは、トレンドの転換を見越して、不利な方向でエントリーする手法です。

具体的には、相場が上昇トレンドのときに売りでエントリーする、または下落トレンドのときに買いでエントリーする行為を指します。

このように、トレンドと逆方向のポジションを取るので逆張りと呼ばれます。

逆張りのエントリータイミング

FXの逆張りでエントリーするポイント

買われすぎ、売られすぎのとき

相場のボラティリティが急に大きくなり、直近の為替レートよりも明らかに高く(安く)なっているときは、逆張りでエントリーするチャンスです。

なぜなら、元の適正な為替レートに戻ってくる可能性が高いからです。

ただし、元に戻らなかった場合は決して塩漬けせず、早々に損切りして次のトレードにつなげましょう。

塩漬けとは?

塩漬けとは、含み損が大きくなってもポジションを決済せずに持ち続けることです。

塩漬けすると資金を自由に使えなくなるデメリットがあります。

また、ひたすら待ち続ければいつかは通貨価値が戻りますが、ポジション保有中の精神的負担も大きいため、オススメできません。

値動きが大きいとき

安定した動きを見せていた為替レートも、要人発言経済指標の発表などが原因で突発的に動く場合があります。

このように短時間で大きな値動きがあったときも、逆張りでエントリーするチャンスです。

なぜなら、短期的に大きな値動きをすると、為替レートは一時的に値を戻しやすい性質があるからです。

レンジ相場のとき

為替レートの上限(レジスタンスライン)と下限(サポートライン)が一定の範囲内で往復する状態を「レンジ相場」といいます。

レンジ相場では、サポートラインで買い、レジスタンスラインで売るの繰り返しで稼ぎます。

つまり、トレンドの転換点を読みやすいので、逆張りで仕掛けやすい相場になります。

逆張りをするのに役立つインジケーター

FXの逆張りで使うインジケーター逆張りには、オシレーター系のテクニカル指標の中でもシンプルなRSIが役立ちます。

チャートに表示されるRSIの数値を確認するだけで、難しい知識や分析方法は必要ないので、FX初心者にもオススメです。

テクニカル 分析
FXはテクニカル分析が最重要?勝つために必要な2つのポイント

RSIとは

RSIは、過去の一定期間の為替レートの上昇・下落幅にもとづいて一定の計算を行います。

そして上昇幅の方が大きければ50%以上、逆に下落幅の方が大きければ50%以下の数値になります。

50%以上なら買い圧力が高く、50%以下なら売り圧力が強い状態を意味します。

一般的には「25%以下なら売られすぎのため買いのサイン」「75%以上なら買われすぎのため売りのサイン」と考えられています。

初心者は逆張りで勝てない?

結論から言うと、初心者には逆張りはあまりオススメしません。

なぜなら、逆張りはうまくいけば相場のピークを掴めるので大きな利益を見込めますが、予想が外れた場合の損失が大きいからです。

そのため、トレンドの転換点の見極めに慣れていない初心者が逆張りで勝つのは難しいといえます。

まずは順張りの取引から覚えるのがオススメです。

FXの順張り
【FXの順張り】役立つインジケーターとエントリーポイント3つ

初心者の私が逆張りで失敗した話

それは私が、FXを初めて1週間ぐらい経ったころでした。

ふとチャートを見ると、ユーロ円がめちゃくちゃ下落していました。

忘れもしない、2019年3月7日のことです。

うわ!すごい下落!なんでだろう??

そう思った私は、ニュースを確認しました。

どうやら欧州中央銀行が利上げを先延ばしすることと、銀行への長期低金利政策を発表したようでした。

参考:ECB理事会後のドラギ総裁発言要旨

この時の私はアホでした。

軽い気持ちで「これ今買ったら絶対上がるじゃん!」という、なんの根拠もない判断をしてしまったのです。

アホの私は思い込みで逆張り、つまり買いエントリーをしました。

逆張り失敗談

この後はご想像通りです。

3/8になっても下落は続き、結果-100pipsの損失を出してしまいました

救いだったのは、まだ少額での取引しかしていなかったことです。

1,000通貨単位での取引だったので、損失額は1,000円程で済みましたが、これが1万通貨での取引だったら…

考えると恐ろしいですね…。

振り返るとこうです。

失敗要因

 

経済指標による影響の認識が甘かった

根拠もなくトレンドの底だと判断してしまった

 

初心者が逆張りで失敗する典型的な例を身をもって体験した大島でした。

皆さんが逆張りをされる際は、ある程度のファンダメンタルズの経験と、根拠のある逆張りをしましょう!絶対にです!

逆張りの注意点

逆張りするときには、損切ラインをしっかり決めておきましょう。

なぜなら、逆張りでエントリーしてもすぐには利益にならない場合が多いからです。

そのため、含み損が膨らむと不安になり慌てて損切りしてしまい、結局利益を得る前に損失を積み重ねてしまうことがあるんです。

逆に「いつか戻ってくるはず」と思って含み損を伸ばし、ロスカットされるケースもあります。

損切りラインを決めてポジションを持ち、冷静に取引を行うことが逆張りのコツです。

まとめ

FX初心者は逆張りよりも順張りから覚えよう上記で紹介した逆張りの「エントリーポイント」「注意点」を理解すると、今後は逆張りの使い方で悩むことは一切なくなります。

順張りをマスターしたら次は逆張りの取引にもチャレンジし、勝てる投資家を目指してください!

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  • 逆張りとは、トレンドの転換を見越し、トレンドと逆方向のポジションを取ること
  • 「売られすぎ」、「買われすぎ」、「レンジ相場」、「急に値動きが大きくなったとき」が逆張りエントリーのチャンス
  • テクニカル指標のRSIを使い、必ず損切りポイントを決めてトレードしよう

「トレンドと逆方向にエントリーするだけなので簡単そう」と最初は思うかもしれません。

しかし読みが外れたときは大損する恐れがあるので、必ず損切りポイントを決めてトレードするようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
那須 祐介

那須 祐介

ライター兼デイトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。31歳。千葉県出身。 まずはプロのライターになるために脱サラし、2018年1月から修行を開始。FXトレードも兼業。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

-FX基礎, テクニカル分析

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者が失敗や大損をしない為のFXの基礎 , 2019 All Rights Reserved.