OANDA Japanの長所・短所、公式サイトに載っていない評判

豊臣 秀吉 疑問

「OANDA Japanはどんな会社なの?」

「メリット・デメリットは?」

「利用者の生の声が知りたい!」

こんなお悩み・疑問はありませんか?

 

FXの情報を集めて、いざ口座開設をしようと思っても、どこを使えばよいのか分からない・・・。

自分に合った口座って、どこなんだろう?

 

那須 祐介

こんにちは。FXの歩き方編集部・デイトレーダーの那須です。

FX会社選びは大切です。

でも、初心者にとってはどうやって選んでよいのかわからないですよね。

 

それに自分に合った口座なんて、実際に使ってみないとわからないよ!

豊臣 秀吉 イライラ

 

那須 祐介

自分で実際に使ってみる。それが一番理解できるのは確かです。

でも口座開設をする前に、なるべく多くの判断材料が欲しいとは思いませんか?

 

そこで、各社の特徴やサービス内容、またFX会社の公式ホームページには載っていない口コミやツールの使い勝手を紹介します。

 

今回紹介するFX会社は、「OANDA Japan」です。

実際に私も口座開設をして利用した感想も記載していますので、ぜひあなたの口座選びに役立ててください!

 

それでは、以下でOANDA Japanの特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

 

【2020年8月21日、最新の情報に更新しました。】

口座選びの判断材料!チェック項目

スプレッドスワップポイント取引時間口コミオリコンランキング長所・メリット短所・デメリット取引ツール約定力情報力デモトレード入出金ロスカット口座開設方法キャンペーン会社概要

OANDA Japanの基本情報

OANDA Japanは約定力や取引ツールの機能性、取り扱い通貨ペア数が優れています。

 

また、カナダに拠点を置く「OANDA Japan Corporation」日本法人であり、イギリスやシンガポール、インドやオーストラリアにも支社があるなど、世界各国で展開する大手FX会社です。

OANDA Japanのレーダーチャート

総合評価 82.5点(100点満点中
スプレッド10点米ドル/円0.3銭~。コースによって変わる。
スワップポイント7.5点東京サーバーとニューヨークサーバーで異なる。東京サーバーのほうが高水準。
情報力10点独自の情報コンテンツが豊富。
約定力12.5点高い約定力
通貨ペア数12.5点プライマリー口座は71通貨ペア。追加オプション口座は28通貨ペア。
ツール12.5点数々の受賞歴を持つプラットフォーム。MT4も利用可能。
サポート10点電話受付は平日8:00~20:00。メールも可。
安全性7.5点自己資本規制比率540.70%で、財務状況は良好。

スプレッド一覧

OANDA Japanのスプレッド

スワップポイント一覧(主要通貨ペア)

 東京サーバーニューヨークサーバー
通貨ペア売り買い売り買い
米ドル/円-287.00-31.6589-14.8129
ユーロ/円9.00-30.00-19.2905-47.5374
英ポンド/円-28.007.00-37.2293-24.5637
豪ドル/円-25.005.00-25.9035-16.7119
NZドル/円-37.006.00-29.0412-9.1110

【※上記スワップポイントは、2020年8月20日時点のものです】

 

その他のスワップポイントを知りたい方は、下記からご覧ください。

詳しくスワップポイントを見る

取引時間

  • 米国夏時間:月曜日午前6時~土曜日午前6時
  • 米国冬時間:月曜日午前7時~土曜日午前7時

最大取引量

OANDA Japanでは、最大保有数量の制限はありません。

 

また、1回あたりの最大発注数量は以下の通りです。

 

  • 東京サーバー 500K:50万通貨
  • 東京サーバー 1MM:100万通貨
  • NYサーバー ベーシックコース:25万通貨
  • NYサーバー プロコース:300万通貨

 

スキャルピングの可否

OANDA Japanは、スキャルピングを禁止はしていません。

しかしOANDA Japanは、「スキャルピング取引は禁止ですか」との質問に以下の返答をしています。

 

禁止ではございませんが、弊社にてお客様の取引手法に問題があると判断した場合や弊社のカバー先がお客様の取引のカバーを継続することが難しいと判断した場合には、お取引をご遠慮いただく場合がございます。なお、お客様の取引状況、また弊社カバー先のカバー状況、またそのときの相場状況を勘案したのちに弊社にて取引制限を行う場合があるため、具体例を提示することはできかねます。

 

取引量が多い中で売買を頻繁に繰り返すと、FX会社のサーバーに大きな負担がかかり、システムダウンの可能性もあるんです。

そのためOANDA Japanでスキャルピングを行うにしても、過剰な頻度で売買を繰り返すと取引を停止させられる恐れがあります。

 

安全にスキャルピングを行いたいのなら、スキャルピングを公認しているFX会社を利用しましょう。

FX会社スプレッド(米ドル/円)約定率
YJFX!0.2銭(原則固定)77.37%
ヒロセ通商0.2銭(原則固定)100%
JFX0.3銭(原則固定)99.9%

OANDA Japanの評判は?

良い評判

  • 取引ツールが充実しており、短期売買にはとても良いです。
  • MT4が使えるので、チャートのアレンジが容易で楽しいですし、取引自体も簡単で使いやすいです。
  • 1通貨から取引可能なので、練習するにはとても良いです。

スワップポイントは他のFX会社に比べると悪いですが、取引ツールが充実しており短期売買にはとても良いです。1通貨から取引可能なので、練習するのにも良いです。特に、チャート上でストップロスのポイントをずらして変更したりできるのが気に入っています。

 

スプレッドが狭いので、エントリー時の安心感が高いです。
また、4時間足は1日のうちに6本示される点がGOODだと思っています。

 

OANDA JapanのfxTradeの特徴といえば世界標準のメタトレーダー4を使用できる点ですね。定期的や節目などにメールでチャートを使ったテクニカル的な開設が届くので自分の考えだけでなく、専門家の意見を知ることができる点も良いですね。

 

メタトレーダー4が使えるのでチャートのアレンジが容易で楽しいですし、取引自体も簡単で使いやすいです。
またトレード出来る通貨ペアがかなり多く、基本は主要通貨でやっていますが、時々トレンドが出ているときなどマイナーなペアもトレードしています。

 

FXはそれなりの期間していますが、このFX会社のツールは使いやすさ抜群です。カスタマイズすることができるので、自分好みにできて、ストレスなく取り引きができています。肝心のスプレッドも狭く、約定も安定しているので、余計な心配をせずに済むところは助かります。

【※評判はすべて価格.comより引用しています。】

イマイチな評判

  • スワップポイントが他社と比べて悪い。
  • アプリが少し難ありで、直感的には操作しにくいです。
  • サポートに関しては、日本語を話す外国人が電話応対をするので、少し戸惑うかもしれません。

当初他のFX会社で使われているものと用語がちょっと違うので戸惑うことがありました。
取引番号がチケット番号、となっていたり、英語の表記が多かったりなどです。
PCのWeb版ではオーダー成立のレスポンスが悪く、あれ?成立したのかな?と迷って更にオーダーしたことが数回ありました。

 

アプリは少し難有で、直感的には操作しにくいです。新規注文と決済注文が1画面でないのが個人的には特に使いづらいと感じたポイントでした。

 

スキャルピングを主にやっている人はここは使わないほうがいい。
スプレッドが広いというのもあるが
MT4のチャートの動きに手を加えられている感あり。
細かいレートの動きが反映されず30秒分の値動きを一気に反映させている感じ。

 

最初の設定で取引画面を表示するのに、Javaのインストールやポップアップブロック解除が必要なのが非常にめんどくさい。スワップポイントの加算が秒単位であったり、他会社とは異なるところもマイナスです。

 

まず、取引画面を表示するのに、ポップアップブロック解除や、Javaの設定が必要なのでマイナス。
表示後も、安定が悪くボタンクリックで予期せぬ終了が多発。
コスト感も悪く、初心者には難しかった。

【※評判はすべて価格.comより引用しています。】

オリコンランキング:OANDA Japanはトップ16圏外

オリコン顧客満足度の調査では、OANDA JapanはFX取引ランキングTOP16位圏外です。(2020年8月調べ)

 

オリコン顧客満足度の調査は、以下の評価項目を元にランキングされています。

  • 取引手数料
  • 通貨ペア・発注方法
  • 分析ツール
  • 提供情報
  • 問い合わせ
  • 取引のしやすさ
  • システムの安定性

【※出展:オリコン顧客満足度

矢野研究所による調査データ

株式会社矢野経済研究所は、FX(外国為替証拠金取引)店頭取引市場における有力企業16社のアンケート調査を実施し、以下の調査結果を発表しています。(2020年8月調べ)

 

OANDA Japanはどのランキングにも社名が記載されていないため、ランク外か「その他」に入っているでしょう。

 

(※データは2019年11月のものです。)

残り残高推移と11月月間ランキング

残り残高推移は、人気度や信頼性の目安になると考えられます。

OANDA Japanの残り口座推移1

OANDA Japanの残り口座推移2

口座数推移と11月月間ランキング

口座数推移は、多いほどトレーダーに人気があると考えられます。

また人気度でわかるのは、スペックの高さや、使いやすさの目安です。

OANDA Japanの口座推移1

OANDA Japanの口座推移2

月間取引高推移と11月月間ランキング

月間取引高推移は、FX会社を利用しているユーザー数や、大口トレーダーの存在を判断する目安です。

OANDA Japanの月間取引高推移1

OANDA Japanの月間取引高推移2

【※出展:株式会社矢野経済研究所

OANDA Japanよりも国内系FX会社のほうが人気?

当サイトの調査によると、FXトレーダーの満足度は国内系FX会社が高い結果となりました。

OANDA Japanは「その他」に入っていますが、やはり国内大手のFX会社が利用しやすい印象ですね。

FX会社別 総合的な満足度

 

他の調査結果について詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

FXの調査・アンケート
【数字から見えたFXの真実】 FXトレーダー意識・実態調査 2019年最新版

OANDA Japanのメリット

OANDA Japanには、以下の3つのメリットがあります。

  • 1通貨からの取引が可能
  • 通貨ペアが豊富
  • 取引量に応じて5つのコースから選べる

以下でそれぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

1通貨からの取引が可能

OANDA Japanは、1通貨から取引ができます。

 

国内のFX会社で1通貨の取引が可能なのは、このOANDA JapanとSBI FXトレードのみです。

そのため、少額で取引したい初心者から、大口で取引したい中・上級者まで幅広いトレーダーに対応しています。

通貨ペアが豊富

OANDA Japanの取り扱い通貨ペア数は71種類です。

 

国内の大手FX会社では、取り扱い通貨ペア数が20種類前後のところが多いため、OANDA Japanは高水準の豊富さを誇ります。

そのため、マイナーな通貨ペアで取引したい玄人にも向いているFX会社です。

取引量に応じて5つのコースから選べる

OANDA Japanでは、5つのコースが用意されています。

OANDA Japanのコース

具体的には、MT4で3コース、fxTradeで2コースとなっており、それぞれスプレッドや最大発注数量、最小取引数量が異なります。

 

その中から、取り扱い通貨ペア数や最低取引単位を考慮すると、初心者にはベーシックコースがオススメです。

OANDA Japanのデメリット

スワップポイントが低い?

致命的なデメリットとはいえないものの、OANDA Japanのスワップポイントは低めに設定されています。

 

OANDA Japan以外にも高スワップのFX会社はあるので、スワップ狙いの運用には向いていません。

スワップ狙いでFX会社を選ぶのなら、YJFX!SBI FXトレードがオススメです。

 

FX会社をスワップポイントで比較

スプレッド
7月6日時点
ドル/円トルコリラ/円メキシコペソ/円南アフリカランド/円公式サイト
LIGHT FX8円43円7.1円9.1円

詳細

みんなのFX8円43円5.1円7.1円

詳細

ヒロセ通商1円44円8円10円

詳細

松井証券2円45円5円6円

詳細

LINE FX7円43円7円9円

詳細

GMOクリック証券7円39円5円7円

詳細

SBI FXトレード7円40円5円6円

詳細

YJFX!5円40円4円6円

詳細

 

OANDA Japanの取引プラットフォーム

OANDA Japanの取引プラットフォームは、大きく分けて以下の2つです。

  1. MT4
  2. MT5
  3. fxTrade

それぞれPCやスマホ、タブレットに対応しているので、インターネット端末があればどこでも取引できます。

 

以下、各ツールの特徴を詳しく説明します。

MT4

MetaTrader4(MT4)とは、MetaQuotes Software社が開発したソフトです。

豊富な分析ツール自動売買機能により、世界のFXトレーダーが愛用されています。

 

具体的には、50種類以上のテクニカル分析が搭載されており、EA(エキスパートアドバイザー)での自動売買が可能です。

OANDA JapanのMT4画面

チャート上からの注文が可能でバックテストも簡単に行えるなど、機能性に優れています。

 

MT5

MT5はMT4と比べてシステムの動作が軽く、チャートの時間軸の種類が豊富だったり、経済指標の時刻表をチャートに表示が可能などの特徴があります。

またバックテストにかかる時間が大幅に改善されており、フォワードテストも簡単な設定で可能です。

MT4よりも快適な取引環境を実現したシステムとなっています。

fxTrade

OANDA Japan fxTradeプラットフォームは、EuromoneyやWorld Finance、Treasury Todayなどの組織から、卓越性・革新性を評価されています。

OANDA JapanのfxTrade画面

金融機関も使用するレベルの取引ソフトウェアであり、高機能なだけでなく初心者にも使いやすいのでオススメです。

使ってみた感想

那須 祐介

ツール自体は使いやすいです。

画面構成もゴチャゴチャしてなくてスッキリしています。

 

少し気になったのが、新着情報が英語表記なところです。

僕のように英語がまったく読めない人にとっては不親切に感じるかもしれませんね。

約定力:OANDA Japanは最高水準!

OANDA Japanの約定スピード

OANDA Japanの約定率は最高水準であり、約定スピードも非常に速いです。

 

なぜなら、配信レートの調整役を抜きにしたNDD(No Dealing Desk)方式により、実勢レートやスプレッドに開きがないからです。

 

さらに、約定拒否もないため、ストレスなく取引が行えます。

 

NDD方式とは?

NDD方式とは、FX会社を介せずに複数のカバー先金融機関が提示する為替レートで発注する方法です。

FX会社を介さないため、信頼性の高い為替レートで取引できるのが特徴です。

またNDD方式を採用している場合、複数のカバー先からもっとも有利なレートで取引できます。

情報力:OANDA Japanならではのコンテンツが!

OANDA Japanでは、以下の情報を確認できます。

 

  • 毎日掲載のマーケットレポート
  • トレーダーの未執行注文と未決済ポジション
  • 未決済ポジションの比率
  • 過去の未決済の注文
  • 保有ポジション比率(ロングとショートの比率)をFXレートの推移また、時間の経過とともに表示するヒストリカルポジション比率
  • 通貨の相関
  • 通貨の強さ
  • 通貨ボラティリティ
  • 外国為替取引マーケットの営業時間

 

またセミナーチャートの利用方法などを動画で視聴可能なので、OANDA Japanの情報力は非常に高いといえます。

 

セミナー動画はこちら

デモトレード:OANDA Japanのデモ口座で練習しよう!

OANDA Japanはデモトレードが利用可能です。

デモトレードは、MT4とFXTradeのどちらも期間無制限で利用できます。

 

本番の取引を始める前に、勉強で得た知識や使用予定の戦略を試すためにデモトレードで練習しましょう。

入出金:OANDA Japanはダイレクト入金がおすすめ

入金方法は2種類

OANDA Japanの入金方法は、以下の2種類があります。

  • ダイレクト入金
  • 通常入金

それぞれの入金方法について、以下で詳しくみていきましょう。

ダイレクト入金

ダイレクト入金は、取引画面に即時反映ができ、原則24時間手数料無料で利用できます。

つまり、他社の「クイック入金」にあたるサービスです。

 

以下のいずれかのインターネットバンキングから利用できます。

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 住信SBIネット銀行

通常入金

通常入金は、金融機関の窓口やATMから振り込む入金方法です。

こちらは、ダイレクト入金と違い手数料がかかり、入金先銀行はダイレクト入金よりも数が少ないです。

 

また窓口からの入金の場合、営業時間も平日の日中に限られています。

そのため、インターネットバンキングに申し込み、ダイレクト入金を利用する方がお得で便利です。

出金方法

出金は平日の午前11時までに手続きをすれば、通常同日の午後3時までに手続き完了となります。

当日中に出金可能なのは便利ですが、出金受付は1日1回です。

 

また、出金金額を変更する場合は、一度出金をキャンセルする必要がある点に注意しましょう。

ちなみに、出金手数料は無料です。

ロスカット:OANDA JapanはMT4東京サーバコースのみ基準が異なる

OANDA JapanのMT4東京サーバコースは、有効証拠金が必要証拠金を下回った場合にロスカットが執行しれます。

その際、損失の大きいポジションから決済されていきます。

 

また、他のコースでは、証拠金清算割合(必要証拠金×50%÷有効証拠金 )が50%以上となった場合、全てのポジションが決済され、新規注文がキャンセルされるので注意しましょう。

口座開設方法:OANDA Japanは3ステップで完了!

口座開設は、以下の3ステップで開設できます。

  1. 本番口座 新規開設ボタンをクリック
  2. 各種確認・必要事項を入力
  3. 必要書類を提出

各ステップについて、以下で詳しく解説します。

本番口座 新規開設ボタンをクリック

まずOANDA Japanの公式ホームページから、「新規口座開設」ボタンをクリック。

本番口座かデモ口座を選べるので、開設したいほうをクリックしましょう。

ここでは、本番口座開設の流れを説明します。

各種確認・必要書類を提出

必要事項を入力する前に、必要書類を確認し準備しましょう。

本人確認書類の提出方法を選択します。

郵送よりもアップロードのほうがスムーズです。

続いて必要事項を記入していきましょう。

必要事項を記入

取引コースを選択できますが、初心者はベーシックコースがオススメです。

最後に同意事項をチェックしてください。

これで口座開設申込は完了です。

 

口座開設はコチラ

キャンペーン:OANDA Japanといえばインジケーターキャンペーン!

OANDA Japanでは、MT4インジケーターがもらえるキャンペーンが特徴です。

OANDA Japanのインジケータープレゼントキャンペーン

本番口座を持っている人なら、無料でインジケーターがもらえます。

ただし、デモ口座では利用できないので要注意です。

 

また投資に関する書籍や、VPSサーバの使用権がもらえるキャンペーンなども行っています。

OANDA Japanの書籍プレゼントキャンペーン

 

キャンペーン詳細はこちら

OANDA Japanの会社概要

OANDA Japanの会社概要

OANDA Japan まとめ

上記で紹介した「OANDA Japanの特徴」を理解すると、今後はOANDA Japanがどんな会社なのか知りたいと悩むことは一切なくなり、OANDA Japanを使うかどうか判断できます。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

 

  • OANDA Japanは、カナダに拠点を置く「OANDA Japan Corporation」の日本法人であり、約定力や取引ツールの機能性、取り扱い通貨ペア数が優れている
  • 1通貨からの取引が可能なだけでなく、通貨ペアが豊富で、取引量に応じて3つのコースから選べる
  • スワップポイントが少し低いものの、OANDA Japanならではの情報配信があり、MT4やfxTradeなどの高機能取引ツールがある

 

「もともと海外のFX会社だけど信用して大丈夫?」と最初は思うかもしれません。

しかしOANDAは世界各国に展開する大手であり、顧客資産も信託保全されているため、安心して取引できるFX会社です。

 

他のFX会社とも比較・検討し、ぜひ自分に合った口座を見つけてくださいね!

  • この記事を書いた人

那須 祐介

ライター兼デイトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。33歳。千葉県出身。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

-FX会社・口座