SBI証券もSBIFXトレードもFXの自動売買はできません!積立FXとは?

豊臣 秀吉 疑問

SBI FXトレードでFX自動売買はできるの?

積立FXとWealth Navi for SBI証券の特徴や違いが知りたい

どちらが初心者におすすめなのか教えて!

 

SBI FXトレードでは、FXの自動購入はできても自動売買はできません。

 

FXの自動購入をするには、積立FXを使いましょう。

 

また、SBI証券が提供しているWealth Navi for SBI証券は同じく自動購入の投資システムですが、投資対象が株式や債券に限られます。

 

この記事では、それぞれの特徴や注意点について紹介します。

\ 積立FXで定期的に自動購入 /

SBI FXトレード

業界最挟水準のスプレッド!

 

SBI証券でFXの自動売買はできるの?

2021年2月時点では、SBI FXトレードならびにSBI証券はFXの自動売買サービスを提供していません。

 

ただし、SBI FXトレードの口座では、定期的に外貨を購入してくれる「積立FX」を提供しています。

 

積立FXは、定期的な積立を自動化したサービスで、決済自体は自分で行います。

 

取り扱い通貨は9種類あり、人気の高金利通貨トルコリラ南アフリカランドも取引可能です。

 

自動購入の設定はいつでも変更できるので、投資額の増減を気軽に行えます。

 

SBI FXトレード「積立FX」 2つの特徴

それでは積立FXはどんな特徴があるのか紹介します。

積立FX

積立FXとは、SBI FXトレードが提供している為替の定期購入サービスです。

 

購入頻度・通貨・積立額を自由に決めることができるので手軽に始めることができます。

織田 信長
FXのレバレッジを利用できる積立外貨預金ってイメージだ

 

特徴①手間が省ける

SBI証券の積立FXは「毎日・毎週・毎月」から積み立てる頻度を選択すればシステムが自動的に積み立ててくれるので、ユーザーによる為替レートのチェックや発注の手間が省けます。

 

そのため仕事で忙しい人でもFXができるのがメリットです。

 

特徴②ドルコスト平均法のメリットを受けられる

購入のタイミングを分散させることで平均取得単価を下げられる「ドルコスト平均法」の恩恵を受けられるのもメリットです。

 

なぜなら、積立FXは毎回の購入金額を固定するため、為替が変動すると購入数量が変動する仕組みになっているからです。

 

平均取得単価が下がれば、その分利益も大きくなります。

 

特徴③スワップ益を自動で投資にまわせる

積立FXでは、発生したスワップ益を「貯める」「再投資」「分配」のいずれかで運用できます。

 

再投資を選べば、スワップ益が外貨購入原資に自動的に回されます。

 

分配を選べば、スワップ益は自動的に銀行口座へ出金されます。

 

選択はいつでも変更できるので、都合に合わせて設定を変えることが可能です。

 

おすすめのFX自動売買
【評判良し】おすすめのFX自動売買TOP3と稼ぐポイントを解説!

続きを見る

 

SBI FXトレード「積立FX」 2つの注意点

SBI-FXトレード「積立FX」 2つの注意点

 

上記のように積立FXには2つの魅力的なメリットがありますが、注意点もあるので以下で解説します。

 

注意点①スプレッドが高い

SBI証券の積立FXはスプレッドが高いので気をつけてください。

 

具体的には米ドル円の業界最安水準が0.2銭なのに対し、積立FXは5.0銭と約17倍です。

 

積立FXでは購入頻度が選べるので「毎月」に設定して積立を減らせば、その分スプレッドの負担も抑えられますよ。

 

注意点②残高不足に注意

積立FXの積立資金は口座引き落としに対応していないので、定期的に積立FXの口座残高をチェックしないと残高不足で積み立てられなくなります。

 

しかし、毎回の積立金額は固定されているので、残りどのくらいの期間で残高がなくなるのか逆算して、計画的に補充すれば大丈夫です。

 

Wealth Navi for SBI証券 2つの特徴

wealthNavi for SBI証券

Wealth Navi for SBI証券は、株式・債券・不動産などが投資対象の全自動資産運用サービスです。

 

投資対象に外貨は含まれていないので外貨運用したい人には向きません。

 

ここでは、Wealth Navi for SBI証券の2つの特徴について紹介します。

 

特徴①従来の資産運用が全て自動化されている

Wealth Navi for SBI証券では、投資対象の選択や入金・発注・再投資まで従来なら全て自分で行っていたプロセスが全て自動化されているのが特徴です。

 

ノーベル賞を受賞した運用理論に基づいて、コツコツと長期的な利益を追求するスタイルなので、相場の動きに一喜一憂せず安定して運用できます。

 

特徴②手数料体系がシンプル

Wealth Navi for SBI証券は手数料体系が判りやすいのも特徴です。

 

具体的には、トレーダーの預かり資産の1%(年率)、ただし3,000万円を超える部分は0.5%で、最大0.90%まで手数料が割り引かれる「長期割」もあります。

 

つまり、通常の手数料プランで運用資産が3,000万円以下だと、年間1%以上の利回りを達成できれば儲かるのです。

 

Wealth Navi for SBI証券を利用する際の注意点2つ

Wealth-Navi-for-SBI証券を利用する際の注意点2つ

ただしWealth Navi for SBI証券には注意点もあるので、以下で2つ解説します。

 

注意点①儲からなくても手数料がかかる

ひとつ目の注意点は利益が出なくても運用手数料が取られることです。

 

Wealth Navi for SBI証券の手数料は、先述のとおり預かり資産を基準として計算されるからです。

 

また手数料率についても、楽天証券の「楽ラップ」やマネックス証券の「マネラップ」では1%以下、松井証券の投信工房では0.4%以下である中、Wealth Navi for SBI証券は少し高めなのもデメリットといえます。

 

注意点②最初に10万円以上用意する必要がある

Wealth Navi for SBI証券は初期投資として最低10万円、以降1万円単位で投資する仕組みです。

 

楽天証券の楽ラップの初期投資金額も同様の10万円ですが、マネックス証券のマネラップでは1,000円、松井証券の投信工房では500円から始められるので、Wealth Navi for SBI証券は少しハードルが高いのではないでしょうか。

FXの自動売買ランキング
5社に厳選【FX自動売買ランキング】人気の理由とデモトレ検証結果

続きを見る

 

積立FXとWealth Navi for SBI証券の2つの違い

積立FXとWealth Navi for SBI証券の特徴と注意点を紹介したので、ここでは両者の違いについてまとめてみました。

 

違い①現金化するまでにかかる時間

ひとつ目の違いは現金化するまでにかかる時間です。

 

積立FXは積み立てているポジションの決済注文を出せばすぐに現金化できますが、Wealth Navi for SBI証券ではETFを中心に運用しているため、現金化するまでに時間がかかります。

 

そのため、万が一に備えて換金性を重視する場合は積立FXを選んだほうが無難ですよ。

 

違い②手数料体系

積立FXは取引手数料や運用手数料・口座管理手数料は無料ですが、購入する度に購入数量に応じたスプレッドがかかります。

 

一方Wealth Navi for SBI証券は、購入数量や頻度に関係なく、トレーダーの預かり資産に対して決められた運用手数料がかかります。

 

このように積立FXは取引量に連動した手数料がかかるので、たくさん積み立てたい人には向いていないといえます。

 

初心者なら「積立FX」と「Wealth Navi for SBI証券」どっちがいい?

為替の長期運用がしたいというのであれば、積立FXがオススメです。

 

レバレッジが効くため、外貨預金よりもはるかに資金効率よく運用ができます。

1通貨4円から取引可能!少額から取引できる「SBI FXトレード」

SBI FXトレード
スプレッド
(米ドル/円)
スプレッド
(ユーロ/円)
スプレッド
(豪ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
SBI FXトレード
  • 取引通貨単位は業界最小の「1通貨」ドル円なら4円からOK
  • すべての通貨において業界最狭水準のスプレッドを提供中
  • 1000通貨未満の取引ならドル円スプレッド0円!コスト0円でトレードが可能

スプレッドは業界最狭水準かつ原則固定なので、低コストで取引が可能です。

1000通貨未満の取引ならドル円のスプレッドが0円!少額トレーダーにはもってこいの口座です。

河野 裕
また、オリコンランキングの調査では92.7%が継続して使いたいと回答しました!

それぐらい低コストで使いやすいシステムを提供するFX会社ということですね!

 

資産運用で株式や債券に興味がある方はWealth Navi for SBI証券で運用を任せるのがオススメです。

明智 光秀 笑顔
自分の投資レベルや目的に合わせて口座を使い分けよう!

 

SBI証券の2つのFX自動売買 まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。最後にもう一度、内容を確認しましょう。

  • SBI FXトレードには自動売買はないが、積立FXという自動購入サービスがある
  • 積立FXとWealth Navi for SBI証券では、投資対象・換金性・手数料体系に違いがある
  • 外貨での資産運用ならレバレッジの効く積立FXがオススメ

 

SBI FXトレードの口座をお持ちの方は、残念ですが自動売買はできません。

 

FXで自動売買をするなら、自動売買プログラムに長けた口座を利用するのがおすすめですよ。

 

FXの歩き方でも自動売買についての記事を多く公開していますので、ぜひ参考にしてただけたらと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

SBI FXトレードの自動売買に関するQ&A

Q&A

SBI証券でFX自動売買はできますか?

SBI証券にはFX自動売買サービスはなく、SBIFXトレードで「積立FX」というサービスを提供しています。

積立FXはあくまで外貨の購入を自動化しただけなので、決済は自分で行います。

→詳しくは「1.SBI証券でFX自動売買はできるの?」で解説しています。

積立FXとWealth Navi for SBI証券の違いを教えてください。

積立FXは外貨の購入を自動化してくれるサービスですが、Wealth Navi for SBI証券は資産運用の全てを自動化してくれるサービスです。

積立FXは積み立てる条件を自分で設定できるので、裁量の範囲が広くなります。

あと手数料体系や初期投資に必要な資金も違います。

→詳しくは「2.SBI FXトレード「積立FX」 2つの特徴」「4.Wealth Navi for SBI証券 2つの特徴」で解説しています。

初心者には積立FXとWealth Navi for SBI証券のどちらがおすすめですか?

FX初心者にはWealth Navi for SBI証券がおすすめです。

その理由はWealth Navi for SBI証券なら資産運用全体を任せられますが、積立FXは積み立ての条件を自分で決める必要があるからです。

自分で投資判断ができるようになってから積立FXにシフトするといいですよ。

→詳しくは「7.FX初心者に積立FXとWealth Navi for SBI証券はどちらがおすすめ?」で解説しています。

 

  • この記事を書いた人

かほり

スイングトレードとバイナリーオプションでコツコツ少額トレードしています。

使っているFX口座は、GMOクリック証券・FXプライムbyGMO・YJFX!です。

京都の酒屋で働いたあと、ITベンチャーへ転職。

今はFXしながら、フリーランスの編集者として働いています。

-自動売買・システムトレード