【スキャルピングで稼ぐ7つのコツ】注意点とテクニカルを使った手法も解説

豊臣 秀吉 疑問

スキャルピングで稼ぐコツが知りたい!

どんなことに注意すればいい?

スキャルピングで使用するテクニカルはどれ?

 

スキャルピングは1回あたりの取引時間が数秒で終わることもある超短期売買。そのため人によっては何も考えずにエントリーして、ギャンブルトレードになってしまうことがあります。

 

松岡 佳穂里

こんにちは!FXの歩き方編集部の松岡です。

 

FXで勝てるようになるには、トレードスタイルに合ったやり方を覚える必要があります。

 

そこでこの記事では、初心者でも理解できるよう、スキャルピングのコツや注意点、使用するテクニカル指標まで詳しく解説します。

 

記事内容を実践すれば、もう「なんとなく」エントリーすることがなくなり、ギャンブルトレードからも卒業できますよ!

 

それではまず、FXのスキャルピングについて解説しますね。

 

FXのスキャルピングとは?

fx スキャルピング
【FXのスキャルピング】取引のコツと口座凍結されないFX会社2選

続きを見る

FXのスキャルピングとは、短時間にエントリーと決済を繰り返して、小さな利益を積み重ねるトレードスタイルです。

 

スキャルピングは数秒~数分単位で売買するので、瞬時の判断力や相場の分析力、取引ツールの操作力が要求されます。

 

前提知識として、スキャルピングのメリットやデメリットを見てみましょう。

 

スキャルピングの3つのメリット

スキャルピングのメリットスキャルピングには次の3つのメリットがあります。

 

メリット

  1. スキマ時間でも取引を完結できる
  2. ポジション持ち越しリスクがない
  3. 資金の回転率が高い

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

スキマ時間でも取引を完結できる

スキャルピングはスキマ時間でも取引を完結出来ます。

 

なぜなら、1回あたりの取引時間が数秒~数分と短いからです。

 

たとえば会社勤めをしていても、10分ほどの休憩時間があればエントリーから決済まで行うことができます。

 

空いた時間を使って利益を積み上げていけるのは、スキャルピングならではのメリットです。

 

明智 光秀

またデイトレードに比べて取引回数も多くなるため、どんどん経験を積んでいけるよ。

 

ポジション持ち越しリスクがない

スキャルピングには、ポジション持ち越しのリスクがありません。

 

超短期売買を繰り返すスタイルなので、日をまたいで取引することがないんです。

 

ポジションを翌日や翌週に持ち越す場合、寝ている間や相場が休みのときに為替に大きく影響する事件が起こると、大損する恐れがあります。

 

スキャルピングは取引を始めてからすぐに決済まで行うため、寝たり休んだりするときに為替変動リスクを気にしなくていいんです。

 

資金の回転率が高い

スキャルピングは他のトレードスタイルに比べて資金の回転率が高いです。

 

なぜなら、数秒・数分単位で1回の取引が終わるため、回数も多くこなせるからです。

 

取引回数が多い分、利益が積み上がるスピードも早くなります。

 

FXのトレードスタイルの中では狙える利幅がもっとも小さいスキャルピングですが、資金の回転率はもっとも高いんです。

 

スキャルピングのデメリット

スキャルピングのデメリットスキャルピングには、次のデメリットもあります。

 

デメリット

  1. 利益率が低い
  2. ポジポジ病になりやすい
  3. コツコツドカンになりやすい

 

デメリットを知っておくとトレードする際に注意することができるので、参考にして下さい。

 

利益率が低い

スキャルピングは他のトレードスタイルに比べて利益率が低くなります。

 

なぜなら、狙える利幅が小さく取引回数が多いため、スプレッドの影響が大きいからです。

 

明智 光秀 棒指し

基本的に狙える利幅は、デイトレードが10pips~100pips。

スキャルピングは10pips未満だ。

 

1回の取引で狙える利幅が小さいため、利益に対するスプレッドの割合が大きくなってしまいます。

 

さらにスプレッドは取引毎に発生するため、スプレッドが広い業者を選んでしまうと回数を多くこなすスキャルピングには負担となるので注意しましょう。

 

ポジポジ病になりやすい

初心者がスキャルピングを行うと、ポジポジ病になりやすいです。

 

なぜなら取引時間が短いため、なんとなくポジションを持ってしまうからです。

 

ポジポジ病の人は、根拠のないエントリーをしたり損切りルールを持っていないことが多いため、トータルで負ける可能性が高くなります。

 

根拠のないエントリーや含み損の放置は大損の元となるので気を付けましょう。

 

コツコツドカンになりやすい

初心者の行うスキャルピングは、コツコツドカンになりやすいです。

 

ポジポジ病にも関連することですが、初心者は損を受け入れられないケースが多く、含み損を放置してしまいがちです。

 

そうするとそれまでの取引でコツコツ利益を積み上げていても、含み損を放置した結果、1回の取引で一気に損失になってしまいます。

 

FXでは損小利大になるトレードが重要なので、損切りは徹底して行うようにしましょう。

 

スキャルピングで稼ぐ7つのコツ

スキャルピングで稼ぐコツ7つ

スキャルピングで稼ぐためのコツは次の7つです。

コツ

  1. メジャー通貨を使う
  2. 値動きが活発な時間帯に取引する
  3. スプレッドが狭い通貨ペアを使う
  4. 使いやすい取引ツールを使う
  5. より長い時間足もチェックする
  6. 順張りで取引する
  7. トレードスタイルに一貫性を持たせる

 

それぞれの内容を以下で詳しく解説しますね!

 

コツ①メジャー通貨を使う

通貨ペア

ひとつ目のコツはメジャー通貨で取引することです。

 

なぜならメジャー通貨は取引量が多いため流動性が高く、相場の値動きが読みやすいからです。

 

メジャーな通貨ペアには米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル、ポンド円、豪ドル円、NZドル円などがあります。

 

初心者はまず米ドル円からスキャルピングの経験を積むのがおすすめですよ!

 

あわせて読みたい

スキャルピング通貨ペア
FXのスキャルピングに最適な通貨ペアは?初心者が選ぶべきオススメ3選

 

コツ②値動きが活発な時間帯に取引する

FXスキャルピングに向いた市場別の時間帯

値動きが活発になる時間帯に絞って取引するのもコツです。

 

スキャルピングは短時間に値動きがある方が稼ぎやすいからです。

 

例えば米ドルが関係する通貨ペアは、アメリカのニューヨーク市場が開く日本時間午後9時~午前0時に活発に動きます。

 

またユーロやポンドが関係する通貨ペアは、ロンドン市場が開く日本時間午後4時~午後6時に動きますよ!

 

コツ③スプレッドが狭い通貨ペアを使う

スプレッドが安い(狭い)FX会社を使う

スプレッドが狭い通貨ペアで取引しましょう。

 

その理由はスキャルピングは取引の回数が多くなるので、スプレッドが狭いほど利益を出しやすくなるからです。

 

例えば、最安水準のスプレッドを比較すると、米ドル円は0.2銭、NZドル円は1.0銭です。

 

毎日3回1万通貨を取引した場合、1年間で次のスプレッド差が出ます。

1万通貨×(1.0銭-0.2銭)3回×240日=57,600円

 

軽く旅行に行けてしまうくらいの差になるので、少しでもスプレッドが狭い通貨ペアを選びましょう!

 

スプレッド
7月6日時点
ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円公式サイト
松井証券0.2銭0.5銭1.1銭0.7銭

詳細

DMMFX0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭

詳細

GMOクリック証券0.2銭原則固定0.5銭原則固定1.0銭原則固定0.7銭原則固定

詳細

SBI FXトレード0.1銭0.4銭0.9銭0.6銭

詳細

LINE FX0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭

詳細

YJFX!0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭

詳細

みんなのFX0.2銭0.4銭0.8銭0.6銭

詳細

LIGHT FX0.2銭0.4銭0.9銭0.6銭

詳細

 

コツ④使いやすい取引ツールを使う

操作しやすい取引ツールを使えば利益を出しやすくなります。

 

というのも、ツールが使いにくいとチャンスを逃したり、誤操作や誤発注をして予定外の損失を出す可能性があるからです。

 

無料のデモトレードを活用して、取引ツールの操作性を事前にチェックしておきましょう!

 

あわせて読みたい

FXのおすすめツール
知識不要!勝率&利益UPする無料のテクニカル分析ツール4選【おすすめ】

 

コツ⑤より長い時間足もチェックする

スキャルピングでは1分足や5分足、15分足をメインに使いますが、1時間足や日足といったより長い時間足も確認しましょう。

 

なぜなら、長期のトレンドの方向に短期トレンドも伸びやすいからです。

 

トレンドを判断するための具体的な方法については以下の記事で詳しく解説しています。

 

あわせて読みたい

トレンド判断方法
FXのトレンド判断はラインとダウ理論を使え!2つのコツと注意点

 

コツ⑥順張りで取引する

順張りは利益を伸ばす

6つ目のコツは順張りで取引することです。

順張りとは

順張りとはトレンドに沿って売買を行うことです。

上昇トレンドなら、買いエントリーの売り決済

下落トレンドなら、売りエントリーの買い決済

逆張りは、トレンド予測に不慣れな初心者には難しくリスクが高います。

 

「いま発生しているトレンドに乗る!」これが何よりのコツでしょう。

 

あわせて読みたい

FXの順張り
FXの順張りは流行に乗ること!上昇なら「買い」下落なら「売り」

 

コツ⑦トレードスタイルに一貫性を持たせる

最後のコツは自分のトレードスタイルに一貫性を持たせることです。

 

そうすれば勝ち負けのパターンが判り、勝ちを増やして負けを減らせますよ。

 

勉強やスポーツと同じで、得意分野を伸ばして苦手分野を鍛えれば、全体的な底上げができるイメージですね。

 

あわせて読みたい

スキャルピング手法
【5ステップで攻略】FXのスキャルピング手法!使うテクニカルと儲けるコツ

 

スキャルピングの4つの注意点

注意

スキャルピングのコツを踏まえて取引を始める前に、次の注意点4つを知っておきましょう。

注意

  1. スキャルピング公認のFX会社を使う
  2. 必ず損切りする
  3. 1日の目標利益・損失を決める
  4. 疲れたら無理に取引を続けない

 

コツコツ積み重ねた利益を一気に吹き飛ばしてしまわないよう、しっかり読んでくださいね!

 

注意点①スキャルピング公認のFX会社を使う

ひとつ目の注意点はスキャルピング公認のFX会社を使うことです。

 

というのも、スキャルピング公認でない口座でスキャルピングをすると口座凍結に遭う可能性があるからです。

 

短期間にトレードを繰り返すと、FX会社のシステムに負荷がかかるためスキャルピングが目立つ口座は凍結の対象とされてしまうのです。

 

口座が凍結されるとその口座では取引ができなくなるので、残金の証拠金を出金して、別の口座で取引せざるを得なくなります。

 

スキャルピング公認で安心して取引ができるFX会社については、後ほど詳しく紹介しますね!

 

あわせて読みたい

fx スキャルピング口座 おすすめ
【スキャルピングOK】おすすめFX口座3選!選び方5つのポイントも解説

 

注意点②必ず損切りする

損切りは厳守

スキャルピングをする時は損切りを徹底しましょう。

 

スキャルピングは短時間の値動きに注目するので、「少し待てば戻るだろう」と損切りが甘くなりがちだからです。

 

そのまま待っているうちに相場が好転せず、含み損がどんどん大きくなっていきます。

 

最終的にロスカットされて証拠金の大半を失ってしまうケースが多いので、要注意ですよ!

 

あわせて読みたい

FXスキャルピングの損切り
FXスキャルピングの3つの損切り基準&損失を膨らまさないコツ

 

注意点③1日の目標利益・損失を決める

その日の目標利益と許容できる損失を決めて、達成すればその日は取引をやめましょう。

 

利益を達成できても、欲張って取引を続けると損失が出て、目標利益を下回った時が危険です。

 

損失を取り戻そうとして冷静さを欠いたまま取引を続け、どんどん損失を重ねてしまう泥沼にはまる可能性があるからです。

 

一方、1日の許容損失を出してしまった時もその日のうちに焦って取り返そうとせず、気持ちをリセットして翌日以降に取引しましょう。

 

注意点④疲れたら無理に取引を続けない

疲れたら無理に取引を続けない

疲労を感じたら休憩するか、その日は取引を終了しましょう。

 

スキャルピングはチャートに貼り付けになるので、注意力や集中力の消耗が激しいからです。

 

疲れて判断力が落ちた状態で取引を続けると損失を出しやすいですよ。

 

スキャルピングにおすすめFX会社3選

システムとパフォーマンスの安定性を追求するならMATSUI FX!

松井証券FX
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
銭原則固定銭原則固定銭原則固定
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
matsuiFX
  • スマホアプリでもスグに売買できるスピード注文機能を実装
  • 安定したシステムと利便性の高い取引環境を提供
  • もちろんスプレッドは業界最挟水準で提供中!
松岡 佳穂里
創業100年の総合ネット証券会社「松井証券」がついにFXを始めました!

 

なんと、日本で初めて本格的なインターネット取引を始めたのは松井証券なんです。

 

実績からも裏付けされるパフォーマンスの安定性や、長い年月のノウハウを生かした高機能ツールはプロアマ問わず使いやすい!

 

低コストと安定性が両立できる、デイトレードやスキャルピングに適したFX口座です。

 

低コスト・使いやすさ抜群!デイトレに最適「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

*スプレッドは原則固定

  • 米ドル円0.2銭!全通貨ペア業界最小水準のスプレッド
  • スマホ・PCのどちらも使いやすさ抜群の高性能な取引ツール
  • 1クリックで即時注文できるスピード注文があるからチャンスを逃さない!

 

業界最小水準のスプレッドに各種手数料無料。低コストで取引できるため、取引回数が多くても安心。

 

取引ツールはスマホ・PCのどちらも使いやすく操作に迷いにくいため、スムーズに取引ができます。

 

スピード注文機能は迅速な売買ができるのでデイトレードには持ってこいのツールです!

 

 

FX勝ち組を目指すならFXプライムbyGMO

FXプライム byGMO
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
銭 ※1・2銭 ※1銭 ※1
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
FXプライム

※1 スプレッドは例外あり。
※2 1取引あたり50万通貨以下の場合。(1取引あたり50万通貨超の場合は0.6銭。)

  • スキャルピング公認のFX会社
  • 「約定が高い」強固なサーバーが魅力!
  • 1,000通貨単位対応なので、少額から取引スタートOK

FX取引での「成功」を強力サポートする、ぱっと見テクニカルは過去の相場から未来の動きを予測する高性能ツール

 

トルコリラ投資にもオススメ業界最高水準のスワップポイントを提供中です!

 

シンプルに分析できる!3つのテクニカル指標を使った手法

スキャルピングで使用するのにおすすめのテクニカル指標は、次の3つです。

 

  • ボリンジャーバンド
  • スローストキャスティクス
  • RSI

 

それぞれスキャルピングでの使い方を解説するので、参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい

スキャルピングに適したテクニカル指標
FXのスキャルピングに適した5つのテクニカル指標と使い方、注意点を解説!

 

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドを使うと、次の3つを判断することができます。

 

  1. レートの大きな流れ
  2. 反転しやすい箇所
  3. レートの動きの大きさ

 

この3つを見極めてエントリーする方法を解説しますね。

 

step
1
レートの大きな流れをセンターバンドで判断

ボリンジャーバンドを使ったスキャルピング手法ボリンジャーバンドの中心にある線を「センターバンド」と呼びます。

 

このセンターバンドが上向きか下向きかで、レートの大きな流れも上向きか下向きかがわかります。

 

 

step
2
センターバンドを基準に反転しやすい箇所を判断

基本的に、上昇または下降してきたレートはセンターバンドや±2σのあたりで反転しやすいです。

センターバンドや±2σの反転を狙ってスキャルピングする

 

step
3
レートの動きの大きさを見てエントリー

ボリンジャーバンドは、センターバンドを中心に外側に向かって±1σ(シグマ)、±2σ、±3σの合計7本のラインで構成されています。

 

スキャルピングの場合、現在までの高値と安値で+2σと-2σの幅を確認します。(チャートが見にくければ±3σの線は非表示にしてしまっても構いません。)

 

ボリンジャーバンドを使ったスキャルピングのエントリーポイント

 

その値幅が下記の目安なのであれば、エントリーできると判断できます。

 

  • 米ドル/円 30pips以上
  • ユーロ/円 45pips以上
  • ポンド/円 70pips以上
  • 豪ドル/円 35pips以上

 

あわせて読みたい

スキャルピングにボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドでトレンド確認!効果的な使い方と相性の良い指標

ボリンジャーバンドを使ったスキャルピング
【スキャルピング】ボリンジャーバンドを使うシンプル手法と3つの注意点

 

スローストキャスティクス

スローストキャスティクスを使ったスキャルピング手法ストキャスティクスは、売られ過ぎ・買われ過ぎを%の数値で判断できるテクニカル指標です。

 

  • 80%以上 買われ過ぎ
  • 20%以下 売られ過ぎ

 

スローストキャスティクスはストキャスティクスよりも反応が遅いですが、ダマシにあいにくいです。

 

基本的には、スローストキャスティクスが80%以上になったら売りエントリー、20%以下になったら買いエントリーをします。

 

ボリンジャーバンドと併用することで、分析精度を上げることができますよ。

 

RSI

RSIを使ったスキャルピング手法RSIも売られ過ぎ・買われ過ぎを判断できるテクニカル指標です。

 

  • 75%以上 買われ過ぎ
  • 30%以下 売られ過ぎ

 

使い方もスローストキャスティクスと同じで、RSIが75%以上になったら売りエントリー、30%以下になったら買いエントリーします。

 

こちらもボリンジャーバンドと組み合わせて使いましょう。

 

あわせて読みたい

FXのRSI
【FXのRSIをわかりやすく解説!】基本的な見方とプロが使う手法

 

コツを押さえてスキャルピングで稼ごう!まとめ

まとめ

上記で紹介した「スキャルピングのコツ7つ」を実践すると、今後はスキャルピングで思うように稼げないと悩まずに済み、注意点を踏まえて上手にスキャルピングで稼げるようになります。

 

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ

  • スキャルピングで稼ぐには7つのコツがある
  • スキャルピング公認のFX会社を使い、損切り注文は必ず入れよう
  • スキャルピングは注意力や判断力の消耗が激しいので、休みを挟んで取引する

 

スキャルピングは上がるか下がるかのギャンブル取引ではありません。

 

この記事を参考にして、少しでも勝ちやすい環境でスキャルピングを行い、トータルの損益をプラスにできるよう頑張ってください!

 

スキャルピングのコツ Q&A

Q&A

スキャルピングで勝つコツは?

ボラティリティの高いメジャー通貨を使ったり、スプレッドの狭い口座を使うなどがあります。

⇒詳しくは「スキャルピングで稼ぐ7つのコツ」で解説しています。

スキャルピングで注意することは? 

頻繁に動くチャートで取引するスキャルピングでは損切を徹底しましょう。

また、精神力と体力がすり減るスキャルピングは適度な休みをはsんでトレードするのが重要です。

⇒詳しくは「スキャルピングの4つの注意点」で解説しています。

スキャルピングのFX会社を選ぶコツは? 

スキャルピングをしても口座凍結されない口座を使いましょう。

各FX会社の取引説明書や取引約款をよく読んで、内容を確認することをおすすめします。

  • この記事を書いた人

かほり

スイングトレードとバイナリーオプションでコツコツ少額トレードしています。

使っているFX口座は、GMOクリック証券・FXプライムbyGMO・外貨ex byGMOです。

京都の酒屋で働いたあと、ITベンチャーへ転職。

今はFXしながら、フリーランスの編集者として働いています。

-FXの手法